だまし売りNo

隣地建て替えによる日照・眺望・通風阻害のマンション購入契約を消費者契約法の不利益事実の不告知で取り消したノンフィクション『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』/二子玉川再開発問題/Achieving SDGs by No Fraud & No Drug/Stand With Ukraine

隣地建て替えによる日照・眺望・通風阻害のマンション購入契約を消費者契約法の不利益事実の不告知で取り消したノンフィクション『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』/二子玉川再開発問題/Achieving SDGs by No Fraud & No Drug/Stand With Ukraine
https://www.youtube.com/c/HayarikiNet
東急不動産だまし売り裁判Twitter
https://twitter.com/hayariki
東急不動産だまし売り裁判honto
https://honto.jp/netstore/pd-book_03144206.html
東急不動産だまし売り裁判 : こうして勝ったhanmoto
https://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784904350133




初期の室町幕府は

足利尊氏、その弟の足利直義、執事の高師直という三人の有力者がいた。三者の関係には様々な説明がなされる。
第一に三人の三頭政治と見る立場がある。師直は御所巻を行い、尊氏・直義に要求を突き付けており、三頭政治の一極となる存在とする。
第二に尊氏と直義の二頭政治と見る立場がある。ここでは師直を尊氏の執事とする立場と尊氏・直義の共通の執事とする立場がある。
尊氏と直義の二頭政治と見る場合、尊氏は軍務、直義は政務という役割分担がなされていた。これも見解が分かれる。
第一に尊氏がやる気がなく、政務を全て直義に任せたとする。
第二に幕府権力には主従制的な統治権と統治権的な支配権の二つの要素があり、前者を尊氏、後者を直義が担当したとする。

南北朝時代の林田隠岐守に転生して南朝で戦います
作者:林田力
長崎県雲仙市に住む会社員が、ある日、白い光に包まれて、肥前国高来郡(たかきぐん)千々石(ちぢわ)の領主・林田隠岐守に転生した。
時は南北朝時代。初陣を多々良浜の戦いで迎え、南北朝の騒乱に巻き込まれていく。
https://ncode.syosetu.com/n0891hb/

林田村の佐藤喜右衛門

林田村の佐藤喜右衛門が、東京に支店を出した。うどん粉、米、醤油、味噌、酒などを売っていた。私の家は、代々続く商人の家系でした。父は、とても厳しい人でした。でも、そんな父を尊敬していました。母は、そんな父の背中を見て育ちました。母も、そんな父が大好きでした。兄は、そんな父と母の期待に応えようと努力していました。

実現には至っていない。
県は取り入れている。
検討している。

「ねえ、あなた。ちょっといいかしら」
「うん? なんだい」
「実はね、娘のことなのだけれど……」
「どうかしたのか?」
「それが……」
「何かあったのかい」
「ええ。最近、自分の名前について悩んでいるみたいなのよ」
「ほう。それはまた何故だい」
「何でも、名前のことで両親と揉めているらしいの」
「なるほど。それで、そのことについて君はどう思っているんだい?」
「私は、もっと詳しく話を聞いてみるべきだと思っているわ」
「うーん……。しかしなあ……」
「お願い。一度だけでもいいから、話をしてあげてくれない?」
「……分かったよ」

「あのね、あなたの名前を聞かせてもらっていい?」
「私の名は、沙耶香と申します」
「そう。私は佳奈。よろしくね」
「はい。こちらこそ、よろしくお願いします」

担任の教師が入ってきたので、ホームルームが始まった。
「えー、今日は転校生を紹介するぞ」
「えっ、この時期にですか!?」
……転校生?
「まあそういう反応にもなるだろうな。だが安心しろ。彼女は帰国子女だからな」
「なるほど」
そういうことであれば納得できる。
「よし、入ってこい」
するとドアが開き、一人の少女が姿を現した。
「初めまして。私は高梨愛花といいます。よろしくお願いします!」
その瞬間、クラス中がざわついた。
「おい、あの子って……」
「嘘だろ……?」
「どうしてここに……」
……ん、今こいつらなんて言った?
「はい、神崎さんの隣に座ってください」
先生の指示に従い、彼女がこちらに向かって歩いてくる。
「えっ!?」
……いや待て。なんでそこに座る必要があるんだ!?
「よろしくお願いしますね、神崎先輩」
……こうして、波乱に満ちた高校生活の第一歩が始まるのだった。

讃岐うどん、鶏オーブン焼き、焼肉、マルゲリータ、ざる中華を食べました。讃岐うどんの原料の多くはASW;Australian Standard Whiteです。ASWは林田港に水揚げされ、林田サイロに格納されます。
We had Sanuki udon, oven-baked chicken, yakiniku, margherita pizza, and zaru Chinese noodles. Most of the ingredients for Sanuki udon are ASW; Australian Standard White. ASW is landed at Hayashida Port and stored in Hayashida silo. Hayashida silo is a large, round tower.
https://youtu.be/SZdv8CmSy0A

#鎌倉殿の13人 第45回「八幡宮の階段」

三浦義村は「義時を売れない」と言いながら公暁を焚きつけていますが、結局、義時を裏切らないので「義時を売れない」は正しいことになります。
源実朝も真相を知らないため、公暁の恨みを理解できません。
井伊直弼も暗殺を予見していましたが、対策しませんでした。
親王将軍は竹御所と結婚し、その子が将軍を継承する計画なので阿野時元の可能性はないです。

#鎌倉殿の13人 が2022年10月16日に第39回「穏やかな一日」を放送します。
北条義時と姫の前の子どもの朝時は多感な時期に母の離婚を経験したため、義時との関係がしっくりいかず、義絶されたこともありました。しかし、ドラマでは「源実朝の御所に仕える女房」が新たに登場するので、朝時と実朝の問題と描かれるのでしょうか。

「穏やかな一日」では北条義時と姫の前の子どもの朝時が登場します。朝時は多感な時期に母の実家の誅殺と母の離婚を経験したため、義時との関係がしっくりいかなかったと描かれることがあります。一方で実朝の女房に密通しようとしたことが実朝の怒りを買ったというエピソードもあります。ドラマでも実朝に仕える女房が登場しましたが、朝時はクズでした。

『鎌倉殿の13人』第41回「義盛、お前に罪はない」和田義盛も冤罪
https://alis.to/hayariki/articles/aEOdbV0jQZdr
『鎌倉殿の13人』だまし討ちの北条義時に擁護論
https://alis.to/hayariki/articles/2Mqvv94lAW74
『鎌倉殿の13人』第42回「夢のゆくえ」同族嫌悪
https://alis.to/hayariki/articles/2xApRNNX9JgP
『鎌倉殿の13人』第43回「資格と死角」源仲章の腹の立つ笑顔
https://alis.to/hayariki/articles/365dLl85qONr
『鎌倉殿の13人』第44回「審判の日」気持ちは分かるは逆効果
https://alis.to/hayariki/articles/3NjGvzgyjPbO
『鎌倉殿の13人』第45回「八幡宮の階段」軒端の梅は暗殺予見か
https://alis.to/hayariki/articles/3k9BZeOxNMel

菅原道真

菅原道真は仁和二年(八八六年)から寛平二年(八九〇年)に讃岐守として讃岐国に赴任した。それまで道真は文章博士を務めていた。これは菅原家の家業とも言うべき役割であった。道真は幼い頃から大変賢く、和歌や漢詩を得意としていた。道真は五歳で和歌を詠み、一一歳で「月夜に梅華を見る」の五言絶句を詠んだ。
https://ncode.syosetu.com/n9540hv/2/

役人の腐敗
「讃岐国は貧しい国なのか?」
道真は疑問を持った。讃岐国は米や塩、魚、海苔、昆布などが特産品であった。ところが、官吏の腐敗によって庶民の生活は困窮を極めていた。
https://ncode.syosetu.com/n9540hv/
「讃岐の林田」更新しました!
#narou #narouN9540HV

「これで、いつでも好きな時に、この部屋に来ることができますよ」
「なるほど。そういうことなのか」
納得して、何度も頭を下げた。
「ありがとうございます」
「いえいえ」
「ところで、お名前を聞いてもいいですか?」
「僕の名前は晴明といいます」
「晴明か。良い名だな」
「ありがとうございます」

「あっ! 思い出しましたよ!」
「何を?」
「実は、この前お客さんが来たんですよ」
「誰? どんな人だったの?」
「若い男の方でした」
https://note.com/hayariki/n/na45be91094fa

私は京都にいた。四条河原町にあるホテルで結婚式を挙げたばかりの新婚カップルを囲んで宴席が設けられていた。司会役の女性が祝辞を述べたあと、新郎の友人代表がスピーチをした。

「あれっ、何だこれ?」
食料がなかった。
「しまった! 買い物を忘れてしまったぞ」
慌てて近くの店に行った。
「すいません、ちょっと聞きたいことがあるんですけど……」
店員らしき男が出てきた。
「はい、なんでしょうか?」
「えっとですね、米を買いに来たのですが、どこに行けば買えるのですか?」
「それなら、そこの道をまっすぐ行って、左にある店で売っていますよ」
「ありがとうございます」


織田信長が本能寺の変で死んだ後、羽柴秀吉と明智光秀との間で戦が起こった。俗に言う山崎の合戦である。

茶道は禅から出ている。茶道を極めるには禅の修行が必要。禅をしないと本当の茶道の精神は分からない。

#鎌倉殿の13人 応援感謝!ウラ話トークSP

10月9日(日)の大河ドラマ放送時間帯は、トークスペシャル番組を放送!
脚本 #三谷幸喜 さんと #佐久間宣行 さんの対談では、三谷さんが脚本の秘密や今後の見どころを語ります!!
応援感謝!ウラ話トークSP~そしてクライマックスへ~」
脚本 #三谷幸喜 さん
#源義経 役 #菅田将暉 さん、
#上総広常 役 #佐藤浩市 さん、
#源頼朝 役 #大泉洋 さん
北条義時は少しずつ変わっていく。映画ではなく、ドラマならではです。

和田義盛「起請文なんか書いても破っちゃえばいい」
和田合戦で起請文を出した三浦義村に裏切られるのは因果応報か。

源実朝は建久3年(1192年)生まれなので1205年の牧氏事件の時は10代前半です。俳優の年齢に騙されますが、北条時政の脅しに屈しなかったのは立派です。
後鳥羽上皇は1180年生まれで、1205年の牧氏事件の時は20代です。

「大海の磯もとどろによする浪われて砕けて裂けて散るかも」はリズム感ある和歌です。
第33回「修善寺」で三善康信は源実朝に「ててててて」とリズム感で和歌を講義していました。それをきちんと学んでいます。
#鎌倉殿の13人
#鎌倉殿の十三人

#鎌倉殿の13人
大泉洋さん が #紅白歌合戦 の司会になります。

和田合戦の発端は和田義盛が上総介を望んだことです。源実朝を武衛と呼びたいとの義盛の台詞から官位の亡者になったのではなく、独立心ある坂東武者の上総介広常への憧れを持ち続けていたのでしょう。
#鎌倉殿の13人
#小栗旬 #小池栄子 #坂口健太郎 #山本耕史 #坂東彌十郎 #宮沢りえ

『鎌倉殿の13人』第38回「時を継ぐ者」牧氏事件
https://alis.to/hayariki/articles/K5xd569djGYp
『鎌倉殿の13人』「応援感謝!ウラ話トークSP」北条義時毒殺説か
https://alis.to/hayariki/articles/39rdwvG5L8qY
『鎌倉殿の13人』第39回「穏やかな一日」割れて砕けて裂けて散った恋心
https://alis.to/hayariki/articles/K0ZdM76lMXNg
『鎌倉殿の13人』第40回「罠と罠」和田合戦は行き違いの悲劇か
https://alis.to/hayariki/articles/365d9RWMkR4B
『鎌倉殿の13人』第41回「義盛、お前に罪はない」和田義盛も冤罪
https://alis.to/hayariki/articles/aEOdbV0jQZdr
『鎌倉殿の13人』だまし討ちの北条義時に擁護論
https://alis.to/hayariki/articles/2Mqvv94lAW74

#鎌倉殿の13人 第39回「穏やかな一日」

#鎌倉殿の13人 が2022年10月16日に第39回「穏やかな一日」を放送します。
北条義時と姫の前の子どもの朝時は多感な時期に母の離婚を経験したため、義時との関係がしっくりいかず、義絶されたこともありました。しかし、ドラマでは「源実朝の御所に仕える女房」が新たに登場するので、朝時と実朝の問題と描かれるのでしょうか。

「穏やかな一日」では北条義時と姫の前の子どもの朝時が登場します。朝時は多感な時期に母の実家の誅殺と母の離婚を経験したため、義時との関係がしっくりいかなかったと描かれることがあります。一方で実朝の女房に密通しようとしたことが実朝の怒りを買ったというエピソードもあります。ドラマでも実朝に仕える女房が登場しましたが、朝時はクズでした。

私はあなたの味方と言って、雪の日に義時と勘違いされて殺されるのは割にあいません。
北条だけ国司になるのは狡い。
北条朝時はクズに描かれます。
穏やかそうに感じられない穏やかな日々です。
和田義盛が乱入。
この時代は家臣が奥に入れるのですね。というより奥という概念がないのでしょう。
三善に歌を詠む面白さを教えてくれたと言う。
北条義時は、板東武士の頂きに立つという野心を明らかにしました。
三浦義村がキャストの最後です。ラスボスです。
長澤まさみが侍女で出演。一日に凝縮して放送するとメタ発言。

北条政子とのえのバチバチを描くならば、伊賀氏の変までやって欲しいです。
朝廷の人には重い負担をかけるという意識もないでしょう。
皆が三浦義村に相談します。
もう誰も死なせたくない。
しかし、和田合戦は鎌倉で市街戦が起きます。
北条の世を磐石にするため。
もう義時は鎌倉のためとも言わなくなりました。
泉の反乱は和田義盛を追い詰めるための北条義時のでっち上げとの説もあります。

『鎌倉殿の13人』第37回オンベレブンビンバはombre per un bimboか
https://alis.to/hayariki/articles/KJNdorNkjpWq
『鎌倉殿の13人』第37回オンベレブンビンバは難しく考えすぎ
https://alis.to/hayariki/articles/KWyvprDXJOeQ
『鎌倉殿の13人』第38回「時を継ぐ者」牧氏事件
https://alis.to/hayariki/articles/K5xd569djGYp
『鎌倉殿の13人』「応援感謝!ウラ話トークSP」北条義時毒殺説か
https://alis.to/hayariki/articles/39rdwvG5L8qY
『鎌倉殿の13人』第39回「穏やかな一日」割れて砕けて裂けて散った恋心
https://alis.to/hayariki/articles/K0ZdM76lMXNg
『鎌倉殿の13人』第40回「罠と罠」和田合戦は行き違いの悲劇か
https://alis.to/hayariki/articles/365d9RWMkR4B

へえ~。そんな伝承があったんだね

「へえ~。そんな伝承があったんだね。知らなかったよ」
「そうなんです。だから私の名前の由来もここにあるんじゃないかなって思ったりして……」
「なるほどねえ……」
「それでですね、お母さんに聞いたら、『それは違う』と言われちゃいました。『林田郷には林田という地名はないわよ。それにあなたの名前は漢字が違うじゃない』って言われて、ちょっとショックだったんですけど、でも確かにそうだと思って納得しました」
「そっか。それなら良かったじゃないか」
「はい。これで安心できました」

「ところで、お腹はすいていませんか?」
と聞いた。
「うん、実はペコペコだよ」
「それなら何か食べていきますか?」
「ぜひお願いしたいなあ」
「分かりました。今すぐ用意させましょう」
厨房に向かって言った。
「お前達、ちょっと来てくれ!」
すると中年の女性が現れた。
「何でしょうか?」
「お客様に食事を用意して欲しいんだけど頼めるかなあ」
「はい、大丈夫ですけど……、あのう、どちら様でしょう?」

讃岐の林田
https://ncode.syosetu.com/n9540hv/

#鎌倉殿の13人 オンベレブンビンバ

第37回オンベレブンビンバは牧氏事件です。

畠山重忠の冤罪は苦いです。
三谷幸喜は大河ドラマでは #新撰組 #真田丸 と敗者を描いてきました。
#畠山重忠 を主人公の北条義時よりも応援したくなる展開になることは自然です。
畠山重忠を冤罪で死に追いやった北条時政から人心が離反することは当然です。

源頼朝は名古屋生まれです。愛知は織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の三英傑だけではありません。

冤罪で上総広常の亡くなった日に北条泰時が生まれ、畠山重忠が亡くなった日に北条政村が生まれました。広常は双六の最中に殺されたため、泰時は双六をすると気分が悪くなります。

北条時政宛ではなく、尼御台(北条政子)宛。そもそも将軍生母の北条政子の委任があっての北条時政の権力でした。そこを理解していない時政の問題です。
#鎌倉殿の13人
#鎌倉殿の十三人

時房「兄上は父上を守ろうとしているのです」
父親の追放をそのように解釈するのか。

平賀朝雅は、りくの子ども北条政範の仇です。
りくは鎌倉幕府を弱体化したい朝廷に踊らされています。

後鳥羽上皇は人の顔の絵の描く才能もあります。

慈円は承久の乱に際しては倒幕に進む後鳥羽上皇を諫めようとしていました。

平賀朝雅は将軍になることに消極的です。
政範毒殺という野心家に描いた意味がなくなります。
政範毒殺は北条を混乱させる朝廷の陰謀となります。

阿野時元が北条時政の側で動きます。
後の阿野時元の謀反も、牧氏事件からの対立関係で正当化されそうです。

三浦義村は友を食う犬と言われるように裏切りが定番です。
裏切る理由として、時政の案では善哉の芽がなくなります。
善哉に期待している点では実朝暗殺事件の黒幕として描くのでしょうか。

#オンベレブンビンバ は大姫が唱えていた呪文でした。

イタリア語説は #オンベレブンビンバ を難しく考えすぎていました。
畠山重忠ロスの悲しみに集中させない効果がありました。
#鎌倉殿の13人
#小栗旬 #小池栄子 #坂口健太郎 #山本耕史 #坂東彌十郎 #宮沢りえ

『鎌倉殿の13人』第32回「災いの種」ブラックになる北条義時
https://alis.to/hayariki/articles/3Y1v0BdQnPrQ
『鎌倉殿の13人』第33回「修善寺」承久の乱につながる対立軸
https://alis.to/hayariki/articles/3dyvwY97mkQz
『鎌倉殿の13人』第34回「理想の結婚」伊賀の方は悪役令嬢
https://alis.to/hayariki/articles/3k9Bm8QMd98L
『鎌倉殿の13人』第35回「苦い盃」畠山重忠の冤罪
https://alis.to/hayariki/articles/KBXdpAGPdR7W
『鎌倉殿の13人』第36回「武士の鑑」冤罪の追及にも陰謀が必要
https://alis.to/hayariki/articles/KBXdQq0kWP0j
『鎌倉殿の13人』第37回オンベレブンビンバはombre per un bimboか
https://alis.to/hayariki/articles/KJNdorNkjpWq

雨やばすぎです

雨やばすぎです。
#どしゃ降り #台風 #びしょ濡れ #ずぶ濡れ #土砂降り #ゲリラ豪雨

ある会社の新入社員が、入社三日目に社長室に呼ばれた。
「今日からお前が社長の代わりだ。しっかり頼むぞ」
いきなりの辞令であった。だが彼は即答する。
「はい! 精一杯頑張ります!!」
その返事を聞き、社長は満足そうにうなずきながら言った。
「頼んだぞ。あと、今から言うことは絶対秘密にしておいてくれよ。誰にも言わないでくれよな。絶対に内緒だぜ? 約束できるか?」
「はい。わかりました。絶対に言いません」
そして社長は彼にこう告げたのである。
「オレさ、本当は無能なんだわ」
「……はい?」
「でも、このことは、みんなには黙っておいてくれないかなぁ~」
「はあ、まあいいですよ」
こうして、彼の新たなる人生が始まった。

マクドナルドは2022年9月20日、2月のロシア連邦のウクライナ侵攻以来閉鎖されていた首都キーウの3店舗を再開しました。

東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った
https://www.youtube.com/watch?v=9dCCJdH0jw4
だまし売りNo
https://note.com/hayariki
Twitter
https://twitter.com/hayachikara
#警察不祥事 のTwitterイラスト検索結果です。
https://buhitter.com/search?q=%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E4%B8%8D%E7%A5%A5%E4%BA%8B

ある人物が書いた文章を読んだとき

ある人物が書いた文章を読んだとき、その人物がどのような考えを持っているのかを知るためには、その人が過去に書いた文章を読み返すことが有効である。そうすると、その人の思考パターンが見えてくるからだ。

「あの人は?」
「ああ、あの人が依頼してきた幽霊です」
「幽霊!?」
「はい、幽霊に取りつかれているらしいんですよ」
「幽霊に取り憑かれるって、そんなことがあり得るんですか?」
「わかりません。ただ、実際にそういう事例があるということは聞いたことがあります」
「へえ、それはすごい」
「ええ、それで、幽霊を追い払ってほしいと頼まれたんです」
「なるほど。それで、これからどうするつもりなんですか?」

#鎌倉殿の13人 第34回「理想の結婚」

NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』が2022年9月4日に第34回「理想の結婚」を放送します。
https://www.nhk.or.jp/kamakura13/

『鎌倉殿の13人』第23回「狩りと獲物」曾我兄弟の仇討ち
https://alis.to/hayariki/articles/3GqBAdezrJ1X
『鎌倉殿の13人』第24回「変わらぬ人」範頼と大姫の悲劇
https://alis.to/hayariki/articles/3Xm5JGWwJoXX
『鎌倉殿の13人』第25回「天が望んだ男」病死か暗殺か
https://alis.to/hayariki/articles/aZq9J4eyLpj0
『鎌倉殿の13人』第26回「悲しむ前に」北条政子は常識人
https://alis.to/hayariki/articles/Kyqjl0Y1R4Go
『鎌倉殿の13人』第27回「鎌倉殿と13人」権力制限か補佐か
https://alis.to/hayariki/articles/2MqN68dz8lW4
『鎌倉殿の13人』第27回「鎌倉殿と13人」源頼家の不幸を避けられるか
https://alis.to/hayariki/articles/3Y1vyNNN8GZq
『鎌倉殿の13人』第28回「名刀の主」源頼家の暴君化
https://alis.to/hayariki/articles/aplm6l6o4P5X
『鎌倉殿の13人』第29回「ままならぬ玉」蹴鞠は遊びか仕事か
https://alis.to/hayariki/articles/KeOvREpm9jWN
『鎌倉殿の13人』第31回「諦めの悪い男」分割相続否定の強欲
https://alis.to/hayariki/articles/3gpvb4yyApZM
『鎌倉殿の13人』第32回「災いの種」ブラックになる北条義時
https://alis.to/hayariki/articles/3Y1v0BdQnPrQ
『鎌倉殿の13人』第33回「修善寺」承久の乱につながる対立軸
https://alis.to/hayariki/articles/3dyvwY97mkQz

2022年 大河ドラマ「鎌倉殿の13人」
https://twitter.com/nhk_kamakura13

左門、その六人はどうして

「左門、その六人はどうして逃げたのだろうか。お前は何か知っているのではないか?」
左門と親しい林田利吉は、左門に尋ねた。
「はい。実は、長兵衛は、他の五人に、拙者と手合わせをするようにと誘ったらしいです」
「それで、六人で戦ったのか」
「はい。六対一で戦い、六人とも負けたので、長兵衛は、皆を殺すことにしたようです」
「な、なんと……」
「拙者も、まさか、そこまでするとは思いませんでした」
「お前が止めなかったのか?」
「いえ……止める暇もなく……。申し訳ありませぬ」
左門は、自分が足軽達を止めなかったことを後悔していた。
「そうか。左門のせいじゃないよ」
https://mypage.syosetu.com/2204837/
お問い合わせ