林田力 さいたま市桜区をもっと楽しく

林田力(はやしだりき)。さいたま市桜区をもっと楽しく面白く。マンションだまし売り被害者として、だまし売りに強い桜区を目指します。I empower you to experience Saitama City Sakura Ward. Visit, explore and discover Saitama City Sakura Ward.

林田力 Official Site
http://www.hayariki.net/
林田力Amazon
https://www.amazon.co.jp/%E6%9E%97%E7%94%B0-%E5%8A%9B/e/B00493GN28
林田力Twitter
https://twitter.com/hayachikara
みんなの未来(あした)を守る会
http://minnanoashita.blog.jp/

埼玉県さいたま市桜区道場のサイデン化学アリーナ(さいたま市記念総合体育館)で2018年9月24日に「スポーツフェスティバル2018」が開催されます。埼玉を本拠地にする男子卓球チーム『T・T彩たま』によるエキシビジョンマッチやサイン・握手会などを開催します(「さいたまでスポーツフェス、24日に開催 「T・T彩たま」登場、元五輪選手が教える水泳教室も」埼玉新聞2018年9月8日)。
さいたま市記念総合体育館はプラザウエストに隣接します。温水プールもあります。ネーミングライツ導入によってサイデン化学アリーナとなりました。サイデン化学は桜区に工場があり、サイデン化学アリーナの名前からサイデン化学の運営する体育館と思ってしまう方もいます。サイデン化学にとっては宣伝効果が大きいでしょう。


























風風ラーメン浦和道場店の釜玉うどんの動画が「飯テロ!!激ウマ【ラーメン】動画まとめ!!」に転載されました。「飯テロ!!激ウマ【ラーメン】動画まとめ!!」は見たら必ず食べたくなる飯テロラーメン動画を紹介しています。有名ラーメンチェーン店を中心とした激ウマラーメンを紹介します。
http://myonlytube.work/ramentube/2018/08/03/%E9%A2%A8%E9%A2%A8%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%83%B3%E6%B5%A6%E5%92%8C%E9%81%93%E5%A0%B4%E5%BA%97%E3%81%AE%E9%87%9C%E7%8E%89%E3%81%86%E3%81%A9%E3%82%93/

鶏陣ビーンズ武蔵浦和店で軟骨などの焼き鳥の軟骨や皮の塩を食べました。焼き鳥は、おかずにもおやつにもなります。
私は塩かタレかで言えば塩派です。素材を味わうことが好きなためです。塩の方が部位の味が分かります。逆に下手な店はタレで味付けをごまかすところもあります。素材を味わうことが好きなため、七味唐辛子や山椒をかけることも少ないです。べとつかない点も塩を好みます。
塩の方がヘルシーとの指摘があります。「実は塩分量はタレの方が上で、しかもカロリーも多い。その差は20キロカロリー以上にもなります」(柴田真希「焼き鳥屋で食べるなら「塩」か「タレ」か」2016年12月12日)
鶏陣ビーンズ武蔵浦和店は埼玉県さいたま市南区別所のJR東日本・武蔵浦和駅構内ビーンズ武蔵浦和内にあります。持ち帰りの焼き鳥店です。焼き鳥は1本単位で販売しています。唐揚げなどの惣菜も販売しています。唐揚げは1個単位で販売しています。惣菜は夜に行くと割引していることがあります。
40814646_2097191763659549_1073383761166467072_n

武蔵浦和コミュニティーセンター多目的ホールの舞台(ステージ)を出しているところです。この舞台は収納式になっています。埼玉県さいたま市南区のサウスピア9階です。JR東日本・武蔵浦和駅からペデストリアンデッキで直結しています。

暑かった夏も少し秋の兆しが見えてきました。皆様いかがお過ごしでしょうか。
さいたま地裁裁判の第3回口頭弁論傍聴のお願いです。
本裁判は佼成病院事件で治療を拒否して母親の命を絶った長男夫婦から訴えられた共有物分割訴訟の裁判です。
平成30年9月14日(金)13:30さいたま地裁C棟105法廷 
高齢者の権利の危うさを訴えた佼成病院事件に引き続き家族とは、兄妹とは、を考えさせられる裁判です。
佼成病院事件は医療過誤原告の会会報(2018年7月1日発行)に「母の望まぬ死」と題して掲載されました。

さいたま地裁の道順
JR浦和駅西口(改札中央一つ出て右側が西口)に出て、左手交番の前を通り過ぎて歩道にわたり、左側の歩道を道なりに歩く。左側の歩道の三菱UFG信託銀行の前をとおり(右側にコルソがある)県庁通り左の歩道をまっすぐ徒歩15分です。
バス停県庁前が、さいたま地裁です。

手荷物検査があるのでB棟から入って下さい。入口で手荷物検査が済むと前のエレベーターか階段で2階に上がる。
C棟へ行く連絡通路を通り、C棟の一階へ降ります。
向かって右端が105法廷です。
お手数ですが、よろしくお願いいたします。

上野東京ライン下りの赤羽駅から浦和駅です。線路の西側です。赤羽駅からは埼京線もほぼ同時に発車していました。

「宇都宮線の浦和駅付近」は線路の東側です。
https://www.youtube.com/watch?v=d9g2EmLahh8
武蔵野線の武蔵浦和駅から西浦和駅
https://www.youtube.com/watch?v=DJPA0nv8lsg

渋谷で2018年9月7日に情報交換会に参加しました。私は「寺遊祭(じゆうさい)2018お寺で遊ぼう・学ぼう・笑っちゃおう」と「聞いてよ市長!さいたま市民政策プレゼンテーション」の取り組みを紹介しました。
お寺は逆に若年層には新しく感じるとの意見が寄せられました。寺院は元々、炊き出しなどの活動をしており、担い手として適しているとの意見もありました。寺遊祭では「こどもヨガ」をしましたが、他のお寺でもヨガをしているという話がありました。ミラーボールを設置した前衛的なヨガで、外国人観光客がcoolと称賛しているとのことです。「みんなの未来(あした)を守る会」は自殺0を掲げていますが、悩み0、貧困0と0祭りの提言がありました。
データの分析では小中高校生の置かれた状況の深刻さが浮かび上がりました。小中高校でいじめがあり、大学でいじめがない理由はクラスという同じ空間に過ごす必要がないためです。このために嫌になったら止められる場所が必要と指摘されました。悩みの相談は意外と親しい人ではなく、塾講師などにする傾向があります。これも嫌ならば止められるためです。
「みんなの未来(あした)を守る会」は埼玉県さいたま市桜区の公園や体育施設を活用した秋ヶ瀬スポーツアカデミーパークも提言しています。ここは頑張るスポーツや上を目指すスポーツだけでなく、ゆるく楽しむスポーツの場としても考えています。学校とは別の場を作ることは、子ども達の心の健康にもなります。

秋ヶ瀬スポーツアカデミーパーク
http://minnanoashita.blog.jp/archives/11759997.html

埼玉りそな銀行を含む、りそなグループが2018年11月から流通・サービス業の店舗に決済端末の提供をはじめます(株式会社りそな銀行、株式会社埼玉りそな銀行、株式会社近畿大阪銀行「「りそなキャッシュレス・プラットフォーム」の機能提供開始について 」)。クレジットカードや交通系ICカード、QRコード決済などを1台で決済できる端末を導入費用無償で提供します。キャッシュレス化の後押しになるでしょう。
銀行側には販売情報を得られるというメリットがあります。「担保や財務諸表に販売情報も把握できれば、与信審査をきめ細かくでき、今まで取引できなかった零細企業への融資ができるかもしれない」(「「銀商融合」へ りそな、大手で初 決済端末、無料で小売店に」日本経済新聞2018年8月30日)。
https://www.resonabank.co.jp/about/newsrelease/detail/20180830_1a.html

寺遊祭実行委員会は「寺遊祭2018お寺で遊ぼう・学ぼう・笑っちゃおう」で集めた平成30年7月豪雨災害(西日本豪雨災害)の支援金を「旅商人 亮章」さんらの西日本豪雨災害ボランティアグループに届けました。支援金は被災地域における家財運搬、土砂出し、穴埋め、ブロック塀の修正など被災者の生活を支える活動に使われます。

支援金は2018年9月6日、「旅商人 亮章」さんらの活動拠点であるシェアハウス「鈴谷ハウス」に直接届けました。この時期に届けることになった理由は寺遊祭終了後も募金集めをしていたためです。

内訳は以下の通りです。
埼玉大学落語研究会落研OB投げ銭寄付10,753円
会場内募金、寺遊祭終了後募金10,934円
計21,687円

埼大落研OBの皆様からは特別寄席の投げ銭全額を御寄附いただきました。募金及び投げ銭をいただいた皆様及び埼大落研OBの皆様に心より御礼を申し上げます。ありがとうございました。
41092115_233495187330183_612140716373573632_n

さいたま市桜区民の生活の中での困り事として迷惑勧誘電話は大きいです。マンション投資と電話インターネット回線が迷惑勧誘電話の双璧です。迷惑勧誘電話が多いため、固定電話を持ちたくないとの声もあります。

マンション投資の迷惑勧誘電話は勤務先にかけられるものが悪名高いですが、自宅固定電話にも来ます。マンション投資の迷惑勧誘電話は土地勘のない東京都内のワンルームマンションを勧めてきます。他所の地域は地価の相場が分からないため、割高の物件を売り付けられるという魂胆です。

マンション投資の迷惑勧誘電話には忍耐力の限界が試されます。出鱈目な説明がまかり通ってしまう状況に不安を覚えます。迷惑勧誘電話営業には羞恥心がないのでしょうか。申し訳ないと思わないのでしょうか。電話口で大はしゃぎする理由は全く理解できません。

迷惑勧誘電話には温水器の点検もあります。定期的に受けなければならない点検のような様子で電話してきます。消費者側で勝手に善意に解釈することは危険です。「東京電力からの話ですか」「定期的にしなければならない点検ですか」と質問して下さい。質問してようやく自社のキャンペーンであると答えます。「東京電力と関係あるのですか」と確認することは意味があります。東京電力を騙ったならば、東京電力との関係で問題になるためです。

オーケストラ・東京ムジークフロー「新春特別演奏会」が2013年1月5日に埼玉県さいたま市中央区の彩の国さいたま芸術劇場・音楽ホールで開催された。彩の国さいたま芸術劇場は埼玉県の施設である。彩の国は埼玉県の愛称である。

新春特別演奏会のテーマは「音楽で巡るヨーロッパの旅」である。指揮者は菊地俊一氏。今回はソロパートが目立ち、演奏者にとって腕の見せ所であっただろう。

最初に演奏した曲はニコライ・アンドレイェヴィチ・リムスキー=コルサコフ「ロシアの復活祭」序曲である。リムスキー=コルサコフは19世紀後半に活躍したロシア五人組の一人である。ロシアの民謡や文学を題材とした民族色の強い作品が多い。後進の育成にも力を注いだ。

東京ムジークフロー特別演奏会(江東区文化センター、2011年1月15日)で演奏した「8つのロシア民謡」の作者アナトール・コンスタンチノヴィッチ・リャードフはリムスキー=コルサコフの弟子である(林田力「東京ムジークフローが19世紀ロシア音楽を演奏」リアルライブ2011年1月18日)。

「ロシアの復活祭」序曲はロシア正教の聖歌集を題材とした曲である。後半には復活祭の祝祭的な雰囲気が入る。敬虔さとリズミカルさが盛り込まれた曲であるが、ムジークフローの演奏には賑やかな中にも重厚さがあった。

次はヴィルヘルム・ペッテション=ベリエル「フルースエの花々」(フレーセーの花々、フレセの花々)である。ベリエルは19世紀後半から20世紀前半に活躍したスウェーデンの作曲家である。後期ロマン派に属する。

フルースエFrosoはイェムトランド地方のストゥーシェン湖(ストゥール湖、Lake Storsjon)に浮かぶ島である。ストゥーシェン湖は英国ネス湖のネッシーのような怪物が棲むという神秘的な島である。ベリエルは1896年の「フルースエの花々」発表後にフルースエ島に別荘を建て、永住した。
「フルースエの花々」は3巻からなる。今回は「夏の歌」「バラに寄せて」「お祝い」「フルースエの教会にて」の4曲を演奏した。いずれも詩情豊かでロマンティックな曲である。可愛いらしい気持ちにさせられる。

3曲目はエンリケ・グラナドス「スペイン舞曲集」である。グラナドスは19世紀後半から20世紀前半に活躍したスペインの作曲家である。第一次世界大戦中の米国公演からの帰路に乗船サセックス号がドイツ軍潜水艦による魚雷攻撃で沈没し、行方不明になる。このサセックス号事件はルシタニア号事件と共に米国の参戦の一因になった。

「スペイン舞曲集」は1巻に3曲が含まれる全4巻全12曲のピアノ曲集である。今回は「オリエンタル」「アンダルーサ」「ロンダーシャ」の3曲を演奏した。スペインの民族音楽を反映した情緒的で美しい作品である。愁いを帯びたメロディが印象的である。一方でスペインの民族音楽として聴くならば、いわゆるスペインらしさ(カルメン的な情熱)は弱い。いかにもスペイン的という楽曲は他にもある。これは民謡を下敷きにするという民族派作曲家のオーソドックスな手法を踏襲せず、独創性を重視したためである。

4曲目はベドルジハ・スメタナ「わが祖国」より「ボヘミアの森と草原から」である。スメタナは19世紀チェコの作曲家で、チェコ国民音楽の礎となった。「わが祖国」は6曲で構成される連作交響詩で、第2曲の「モルダウ」(ヴルタヴァ)が圧倒的に有名である。「ボヘミアの森と草原から」は第4曲である。ボヘミアの雄大で豊かな自然を連想して気持ちが高揚する。国民の奮起をアジテートしている感が無きにしも非ずの「モルダウ」に対して、「ボヘミアの森と草原から」は農民の生活を自然体で描いている。

一般にクラシックには国民国家以前の西洋の古典音楽とのイメージがあるが、今回の楽曲はどれも民族性が豊かである。しかも、その民族性は個性を抑圧する偏狭な民族主義と異なり、個性的である。

リムスキー=コルサコフ「ロシアの復活祭」序曲も聖歌から出発しつつも祝祭を楽しむ民衆の喜び織り込んでいる。ベリエルの「フルースエの花々」は国家よりもローカルな世界で、美しい場所での生活を楽しむものである。グラナドスは民謡を下敷きにせずに独創性を重視した。スメタナは民謡を土台にすべきとの国民音楽の保守主義に抵抗し、独創的な作曲をした。

↑このページのトップヘ