林田力 だまし売りをなくしてSDGsに寄与

『東急不動産だまし売り裁判』著者

マンションだまし売り被害を消費者契約法で解決した裁判闘争を描くノンフィクション『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者。だまし売りをなくすことでSDGsの持続可能な消費に寄与したいと活動しております。
http://www.hayariki.net/
林田力Amazon
https://www.amazon.co.jp/%E6%9E%97%E7%94%B0-%E5%8A%9B/e/B00493GN28
林田力Twitter
https://twitter.com/hayachikara



寺遊祭・埼大落研OB特別寄席の出演スケジュール

寺遊祭で埼大落研OBによる特別寄席が開かれます。埼玉大学落研出身の精鋭の皆様が、寺遊祭に笑いを届けてくれます。落語はじめての方もお好きな方も皆さんお待ちしております。みんなでお寺で笑っちゃおう。
○10時半から15時半
○無料(投げ銭歓迎)
○出入り自由(※出入りは出来るだけ話と話の間にお願いします)
○お子さまももちろんOK
**出演者**
10時半、くるくる亭パー太
11時、ぱん亭かぶり
11時15分、SOKOⅡ(漫才)
11時25分、俺亭きらり
11時55分、くるくる亭パー歌寿
13時30分、八百家薩摩(芋)
13時55分、南亭九三一
14時20分、SOKOⅡ(漫才)
14時30分、俺亭からす
14時55分、俺亭きらり
http://www.hayariki.net/jiyusai/

寺遊祭の紹介

皆さん、こんにちは。寺遊祭(じゆうさい)実行委員会実行委員長の林田力です。「寺遊祭2018お寺で遊ぼう・学ぼう・笑っちゃおう」を目いっぱい楽しんで下さい。
寺遊祭は、お寺を目いっぱい使って、遊んだり、学んだり、修行したり、飲食したり、笑ったりするイベントです。現代人は様々な悩みやプレッシャーの中で生きています。そこで職場や学校、家庭など普段の生活空間とは離れた、お寺という場所で、楽しさ面白さ、笑い声や心の癒しを感じるイベントを企画しました。一人でも多くの方が、このイベントを楽しまれ、明日も何かしようという気持ちになってくれることを願っております。
お寺で遊ぶ祭りと書いて寺遊祭です。「じゆう」と言えば英語のフリーダムの自由が先ず頭に浮かびます。自由とは拘束や束縛、支配を受けないことで、人間が楽しく生きていきていくために必要な条件です。寺遊祭に使っている「遊ぶ」という漢字も好きなように動くという意味を持っています。楽しいお祭りにピッタリな言葉と思っています。
この寺遊祭の企画は困っている人、苦しんでいる人、悲しんでいる人を何とかしたいという思いが出発点です。特にこのさいたま市で毎年200人近くが亡くなっている自殺をゼロにしたいという思いから始まりました。苦しみや悲しみを直接取り除くことは簡単ではありませんが、楽しみや喜びを提供することはできるのではないかということで楽しいイベントを企画しました。
寺遊祭ではカウンセラーのグループ「Passion Workers」さんの協力を得て、お悩み相談所を開設します。アメリカなどと比べて日本はカウンセリングの敷居が高いと感じられます。寺遊祭でカウンセリングを体験して下さい。
最後に会場を貸してくださる円蔵寺さんに感謝いたします。駆け込み寺という言葉がありますように、お寺は困った人が助けを求めて駆け込む場所として機能していました。この駆け込み寺という言葉を比喩ではなく、その通りの意味を持つ場所として広げていきたいと思います。
この日本にはコンビニよりも沢山のお寺があります。コンビニは約5万軒ありますが、お寺は7万以上もあります。あちこちにあるお寺が駆け込み寺になったら素晴らしいと思いませんか。その第一歩として、お寺やカウンセリングを知ってもらうために、寺遊祭を開催します。寺遊祭を素晴らしいお祭りにしていきましょう。
pado

埼玉大学裏から桜区役所、栄和

埼玉県さいたま市桜区の埼玉大学裏から桜区役所、十石田、道場、栄和です。埼玉県道57号さいたま鴻巣線を進みます。栄和のバス停の近くにはマミーマート西浦和店があります。

寺遊祭の注意事項です

寺遊祭の注意事項です。
水行・こどもヨガに参加希望の方は受付へお越しください。(定員になり次第締め切ります)
写経・写仏希望の方は直接本堂へお越しください。
本堂内陣には立ち入らないでください。
会場内は禁酒・禁煙です。
飲食は飲食スペースで、境内および室内は飲食禁止です。
ゴミの分別にご協力をお願いいたします。
http://www.hayariki.net/jiyusai/
ji2

風風ラーメン浦和道場店の味噌バターコーンラーメン

風風ラーメン浦和道場店で味噌バターコーンラーメンを食べました。味噌ラーメンにバターコーンのトッピングです。バターコンラーメンと言えば濃厚なスープを好む向きもありますが、こちらはさっぱりしています。そのために食後は胃もたれしません。
37671810_1916374128419453_1957335150769471488_n

荒川総合運動公園通り

荒川総合運動公園通りは遊歩道公園です。江川に沿った親水公園です。夏は蝉が鳴いています。芝生広場には水遊びが楽しめます。近くには文明堂の浦和工場があります。その先は西区です。さいたま市民医療センターがあります。薄茶色の近代的な建物です。

大久保神社

大久保神社は埼玉県さいたま市桜区宿にあります。豊栄社や稲荷社という境内社があります。「大久保神社本殿並びに境内社豊栄社本殿及び稲荷社本殿」は、さいたま市指定の有形文化財(建造物)です。江戸時代は宿村の鎮守でした。宿という地名は道場村に畠山重忠の館があった頃に家が軒を連ねて宿のようであったことによるとされます。

からやま・さいたま町谷店の赤カリ

からやま・さいたま町谷店で「ジューシーもも丸」と「赤カリ」「カリッともも」を食べました。「ジューシーもも丸」と「赤カリ」「カリッともも」「極ダレ」などの唐揚げを100グラム単位のグラム売りで販売しています。大判唐揚げなどは1枚毎に販売しています。
私は「ジューシーもも丸」が一番好きです。「ジューシーもも丸」は噛むと肉汁が飛び散ります。レギュラーメニューが美味しいことは飲食店として健全です。期間限定メニューで客を集めるキャンペーンは多いですが、レギュラーメニューが美味しいならば定期的に来たくなります。
「赤カリ」は辛さをセールスポイントとした期間限定の唐揚げです。唐辛子をボリッと食べているような辛さがあります。ケンタッキーフライドチキン(KFC)のレッドホットチキンやマクドナルドのスパイシーチキンマックナゲットと、どこもチキンを辛くする特別メニューが流行っています。それらと比べて「赤カリ」は辛いです。唐辛子そのものの辛さであり、化学的に辛い味を出しているというよりも素材の辛さです。
テイクアウトで唐揚げを単品として販売していることが魅力です。ショーウインドーにから揚げが積まれている。これを見ると購買意欲が高まります。但し、コンビニのように注文したら、すぐにショーウインドーから取り出して袋に詰めるのではなく、時間がかかります。唐揚げの入った袋は密封せず、開けたままで出されます。
37668069_1918142081575991_703397780592263168_n

寺遊祭タイムテーブル

寺遊祭のタイムテーブル更新版です。チラシに印刷されたタイムテーブルから変更されています。
sch

寺遊祭案内を情報誌「ぱど」に出稿しました

「寺遊祭2018お寺で遊ぼう・学ぼう・笑っちゃおう」の案内を情報誌「ぱど」に出稿しました。寺遊祭の内容を紹介しています。「ぱど」浦和西・武蔵浦和版2018年7月20日号9頁と「ぱど」新都心・与野・北浦和版2018年7月20日号9頁に掲載されています。「夏休みの真っ最中、お寺であんなことやこんなことをやっちゃいます」「この夏、楽しい想い出づくりをしませんか」。是非ご覧ください。

ぱど浦和西・武蔵浦和版2018年7月20日号9頁
https://ebook2.padonavi.net/pdf_e/014_220.pdf
ぱど新都心・与野・北浦和版2018年7月20日号9頁
https://ebook2.padonavi.net/pdf_e/014_219.pdf
ji


pado

寺遊祭ボランティア募集

浦和の地域行事として記念すべき第一回となる寺遊祭。着々と準備を進めております。寺遊祭では運営ボランティア(20名)を募集します。詳しくはFacebookページを見てください。
jiyusai6

風風ラーメン浦和道場店の黒ごま担々つけ麺

風風ラーメン浦和道場店は埼玉県さいたま市桜区道場の六間道路沿いにあります。店内にはカウンター席とテーブル席があります。漫画本が多数置いてあり、Free WIFIも利用できます。風風ラーメンはリズム食品のラーメンフランチャイズです。店内は明るく、家族や女性客も入りやすい店舗です。こだわりラーメン店のような入りにくさはありません。
最初に行った時は、バリ黒豚骨ラーメンと餃子を食べました。麺は博多風ストレート細麺です。麺増量は無料でした。コッテリしたスープは豚骨が効いていて美味です。チャーシューはスープとマッチし、口の中でとろけます。濃厚なスープを飲み干せば満腹になります。
続いて黒ごま担々つけ麺とウインナーを食べました。黒ごま担々つけ麺は期間限定メニューです。坦々麺(タンタンメン)のつけ麺です。温かい麺と冷たい麺を選択できます。
坦々麺は中国四川省発祥の辛い中華麺です。発音が重なるところがありますが、湯麺(タンメン)とは別物です。ごまが濃厚で、それほど辛さを感じずに食べやすかったです。激辛だけをセールスポイントにするような坦々麺もありますが、きちんと味で勝負しています。明るいラーメン屋を目指しているだけのことはあります。
DiH2FKwU0AgFYuJ
お問い合わせ