林田力 さいたま市桜区をもっと楽しく

林田力(はやしだりき)。さいたま市桜区をもっと楽しく面白く。マンションだまし売り被害者として、だまし売りに強い桜区を目指します。I empower you to experience Saitama City Sakura Ward. Visit, explore and discover Saitama City Sakura Ward.

林田力 Official Site
http://www.hayariki.net/
林田力Amazon
https://www.amazon.co.jp/%E6%9E%97%E7%94%B0-%E5%8A%9B/e/B00493GN28
林田力Twitter
https://twitter.com/hayachikara
みんなの未来(あした)を守る会
http://minnanoashita.blog.jp/

「さいたま市桜区防災カルテ」によると、荒川の水害で桜区の9割以上の建物が床上浸水すると予想されています。
http://www.city.saitama.jp/001/011/015/002/001/p047531_d/fil/2-06.pdf
平成30年7月豪雨(西日本豪雨)は多くの観測点で観測記録を更新するなど記録的な大雨となり、大きな被害をもたらしました。さいたま市桜区には荒川や鴨川が流れており、他人事ではありません。特に荒川は「荒ぶる川」が名前の由来になっています。

田島中学校区
土合中学校区
上大久保中学校区
大久保中学校区

建物棟数
7569
8125
6163
6296

床上浸水
7544
5883
6088
6066

床下浸水
0
353
46
188

林田力の意見
水害対策と言えば先ず堤防となりますが、立ち退きや水辺と遮断されるなど日常生活にデメリットを及ぼします。また、堤防をかさ上げすると、高い水位で水を流すことになり、万一破堤した場合の被害は甚大になります。そこで堤防を高くするのではなく、川底の浚渫(掘り下げ)で対応します。
水害が起きることを想定した対策も必要です。ボートの普及を進めます。簡易ボートになるテントやベンチ、ソファーなどもあります。

さいたま市浦和区の「なかちょバル」でラムチョップと砂肝を食べました。ラムチョップは看板メニューです。ラムは生後12ヶ月未満の仔羊の肉、チョップは骨ごとカットした肉を意味します。味付けは塩とタレの二種類で、私は塩を選択しました。「手づかみで食べて下さい」とあります。
臭みは全く感じませんでした。臭みがないことは良いことか否かは意見が分かれるでしょう。臭みが苦手な人は歓迎しますが、臭みが好きな人は物足りなさを感じるかも知れません。
砂肝はコリコリとした歯応えでした。味付けは日本の焼き鳥とは異なるヨーロッパ風のスパイシーさがあります。
通りの向かい側には須原屋や「いきなりステーキ浦和店」があります。「いきなりステーキ浦和店」は店の外に行列ができていました。
39083459_1952080328182166_9218034049635844096_n

埼玉県さいたま市桜区の秋ヶ瀬緑道で蝉が鳴いていました。新大宮バイパスの東側です。秋ヶ瀬緑道はJR東日本・埼京線・中浦和駅から秋ヶ瀬公園近くまでの遊歩道です。鴻沼川に沿って緑道が続いています。約2キロメートルあります。ジョギングコースになっています。途中に新大宮バイパスがあり、歩道橋・秋ヶ瀬緑道橋で渡ります。秋ヶ瀬緑道の終点では鴻沼川が鴨川に合流します。

埼玉県さいたま市桜区の諏訪前橋です。鴨川にかかっています。諏訪前橋は埼玉県道57号さいたま鴻巣線を通っています。諏訪前橋はバス乗り場にもなっています。埼玉大学の裏側です。
37402440_1915128301877369_5551463105180991488_n

第弐回・埼玉太鼓フェス(SAITAMA TAIKO FES)が2018年8月26日に埼玉県さいたま市桜区道場のプラザウエストさくらホールで開催されます。和太鼓の祭典です。

バドミントンS/Jリーグ(BADMINTON S/J LEAGUE)2018が2019年2月16日(土)と17日(日)に埼玉県さいたま市桜区道場のサイデン化学アリーナ(さいたま市記念総合体育館)で開催されます。各ブロックの上位2チームによる順位決定戦(TOP4トーナメント)を開催します。バドミントンS/Jリーグは日本の社会人バドミントンのチーム対抗リーグ戦です。1979年に「日本リーグ」として始まり、2016年に「日本リーグ<1部>」が「S/Jリーグ」になりました。

さいたま市は市立中学校・高等学校の生徒を対象にSNSを活用した悩み相談を始めます。教育相談の一つのツールとして、気軽に相談できるSNSを活用することで、児童生徒の悩みへの早期対応を図ります。適切な相談相手につなげることができる体制を構築します。

実施期間は2018年8月22日から9月30日までの40日間。相談時間は午後5時から午後10時まで。学校を通して紹介カードを配布することで生徒に周知します。平成30年度一般会計補正予算の「教育相談推進事業」として983万8千円が計上されました。

今やコミュニケーションの手段としてネットは電話よりも身近になっており、有意義な試みと思います。既に草加市えは中学校にいじめ相談の匿名通報アプリを導入しました。また、東京都は2018年3月に自殺防止相談の手段としてLINEを試験導入したところ、30代以下の若年層の相談件数の割合が、電話による相談よりも多くなりました。LINEが若年層の相談窓口として有効であることが明らかになりました。

2018年版自殺対策白書(2018年6月19日発表)ではSNSを利用した相談を評価しています。
「若者を含め、対面や電話でのコミュニケーションが苦手な人を相談につなげられた、家族に聞かれたくない話がしやすい」

「SNS相談は、①様々な専門家のチームプレーによる対応が可能、②その場に居合わせない専門家とも状況を共有して対応することが可能、③相談履歴が残るので、相談員が代わっても同じことを聴かずにすむ、といった電話相談ではできない相談対応が可能となる利点がある、文字による方が本音でやりとりでき、課題解決のための支援につなげやすいこともあった」(70頁以下)
http://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/jisatsu/18/index.html

伊藤次郎・NPO法人OVA(オーヴァ)代表理事はネットの有用性を指摘します。「若者のコミュニケーションツールはネットが主流で、電話相談はハードルが高い。ネットの方がより、若者の声を受け止めることが出来る」(「若者の自殺対策、ネットでの受け皿充実を」朝日新聞2017年11月5日)

さいたま市政アンケートです。
本アンケートは、みんなの未来(あした)を守る会の政策作りに活用することを目的とします。

さいたま市政で重点的に進めて欲しいことを以下から選択してください。
健康増進、高齢者福祉、障害者福祉、子育て、学校教育、社会教育、スポーツ振興、自然エネルギー、ゴミ、環境、防災、防犯、道路交通、公共交通、自転車、消費者保護、起業、中小企業、農業、観光、市民活動支援、行財政改革、情報公開

具体的なご意見がありましたら、ご記入ください。

市議会に期待することを、ご記入ください。

からやま・さいたま町谷店で大判唐揚げと手羽先を食べました。手羽先は表面はカリッとしていて、中はジューシーです。からやまの唐揚げは、何もつけず、そのまま食べて美味しいです。
からやまの唐揚げは衣の割合が小さく、肉が多いと感じます。だからリーズナブルな価格で肉をいっぱい食べたい人の満足感は高いです。値段と味が比例するという浅ましい拝金主義の逆です。
鶏肉には飽きない魅力があります。定期的に食べたくなります。鶏肉は牛肉や豚肉に比べて消化に良いとされます。コレステロールや脂肪分が少なく健康に良いとされます。糖質も多くありません。牛肉や豚肉と比べて重たくなく、手軽な感覚があるところが良いのでしょう。
37937634_1932148673508665_4378069441389264896_n

第47回大宮日進七夕まつりが2018年8月6日から7日の午後3時から午後9時まで埼玉県さいたま市北区の日進七夕通り周辺や日進小学校校庭で開催されます。色とりどりの美しい七夕飾りが魅力です。1972年に始まったお祭りです。みんなの未来(あした)を守る会メンバーも設営のお手伝いをしました。

Oneさいたまの会主催「聞いてよ市長!さいたま市民政策プレゼンテーション」で「自殺0を目指す 明日の約束プロジェクト」を発表します。発表は夜8時9分から8時24分を予定しています。

「聞いてよ市長!さいたま市民政策プレゼンテーション」は自分の住む街が「こうしたら良くなる」を役所や議員任せにしないで自分達で直接届けてみよう!という企画です。いよいよさいたま市の清水市長を実際にお呼びしてにダイレクトにお伝えします。
みなさんからアイデアを集めたところ、多く集まり過ぎて、今回は4つとさせて頂きました。
さいたま市への思いを、熱を一緒に感じてみませんか?次のプレゼンターはあなたかも知れません!
日時:2018/9/26 19:00-21:00
場所:武蔵浦和コミュニティセンター9F多目的ホール(〒336-8586 埼玉県さいたま市南区別所7丁目20-1)
定員:200名(先着順)
参加費:無料

岩井寛和、幸福度ランキング1位その実態を検証
政令指定都市魅力度、住みたい町ランキングで常に上位のさいたま市。その結果は妥当? 魅力を実感できていない市民もいるのでは? 不満足な部分もあるのでは? 市民目線で再評価し、名実共にさいたま市に暮らす働く訪れる皆が一層幸福を実感できる街になる為の提案を行います。

今村純、地域の相互扶助を支える新たな仕組みを!
市外からの人口流入、住民の国際化、ライフスタイルの多様化の中で多岐にわたる市民のニーズを満たしながら、市職員と市民の双方が幸せに暮らすための行政と地域社会の新しい「つながり方」を提案します。

田中伸幸、飛び出せ!行政マン
日々市民の為に働いて下さっている市役所の職員、でも残念ながら「行政の壁」を感じてしまうこともありませんか?職員の皆さんがよりアクティブに活躍できる仕組みを考えます。

林田力、自殺0を目指す 明日の約束プロジェクト
さいたま市の自殺0を目指します。そのためにネットとリアルに明日の約束ができる場を作ります。逃げ場所、隠れ場所、居場所づくりにコンビニよりも多いお寺が寄与できないか。その啓蒙のために寺遊祭を開催します。
https://www.facebook.com/events/208203376674350/
1saitama

「寺遊祭2018お寺で遊ぼう・学ぼう・笑っちゃおう」を2018年8月5日(日)、埼玉県さいたま市浦和区の円蔵寺で開催しました。子どもたちをはじめ、大勢の人達の笑顔が見られたイベントでした。さいたま市の清水勇人市長も忙しい公務の合間を縫って開会式にご参加くださいました。
初めての試みの寺遊祭が無事終了したことに感謝します。ご参加くださったみなさま、ありがとうございました。今後も私達の活動を温かく見守って下さりますと嬉しいです。
jiyusai7

↑このページのトップヘ