いつも中野相続裁判のご支援有難うございます。
第2回口頭弁論は2018年6月22日、さいたま地方裁判所C棟一階105法廷で開かれました。長男夫婦が遺産の分割を求めて長女を提訴した裁判です。
第2回口頭弁論は関係者が早く集まったために定刻の10時よりも少し早く始まりました。午前中は本件の弁論のみでした。
長男夫婦は準備書面1と準備書面2を提出し、陳述しました。長男夫婦は訴状では中野相続裁判東京地裁で長女が作成した目録に基づいていましたが、準備書面1は茶道具の目録を内山夫婦の主張するものに限定した内容に改めました。裁判所は長男夫婦に対し、今回の目録に基づいて訴状の請求を補正することを求めました。
裁判所は大きな争点として、分割と方法と割合があると述べました。後者は既判力の及ぶ範囲が関係し、解釈の問題なので双方主張をして、裁判所が判断します。前者は総合的に判断することになるが、具体的にどのように分けるかが問題になります。全て売却して競売にかけて金で分けることは双方望まないでしょうと。
裁判所は長男夫婦に対して、予備的に現物分割とする場合にどのように分けるかの主張の提示を求めました。長女にも現物分割の場合の分け方の案の提示を求めました。
長女の代理人は、一部請求と明示していないから長女に請求権がないとの長男夫婦の主張に対し、遺留分減殺請求は形成権であり、請求以前に権利関係は変動しており、法的性質が異なると主張しました。ここは裁判所から主張を書面で提出することを依頼されました。
また、長女の代理人は現金や衣類などの分割が残っていることを指摘しました。裁判所は、どのような問題があるかを分かる形に書面で明らかにすることを求めました。
前回で弁論準備手続きに入るとの話がありましたが、次回も口頭弁論になりました。
今日は、梅雨の晴れ間での心地良い一日でした。
皆様もくれぐれもお体をご自愛ください。
31404133_1812160155507518_4316025853220045_n