第11回さいたま市民政策勉強会「Oneさいたまの会」は2018年10月14日(日)に埼玉県さいたま市南区のサウスピアで開催されました。「聞いてよ市長!さいたま市民政策プレゼンテーション」終了後初の勉強会です。第9回の後に第11回となりますが、8月26日のリハーサル会を第10回とカウントしました。「Oneさいたまの会」では毎回参加者に名札が作られます。今回はハロウィンの柄の名札でした。

会では最初に「聞いてよ市長!さいたま市民政策プレゼンテーション」の発表者が報告しました。私は「何でもかんでも行政がやればいいという時代ではない」との清水勇人さいたま市長の講評を紹介し、自分達でも活動する必要があると述べました。その一環として、12月16日に桜区のプラザウェスト多目的ホールで子育てパパさん、ママさん、お子さんの明るい未来を応援するクリスマスイベントを開催すると話しました。

会では民間と比べた、お役所仕事への違和感について意見が集中しました。担当者の交代で一から説明を余儀なくされます。利用者に負担を及ぼさない形での本当の意味での引き継ぎがなされていません。

たらい回しにされます。聞かなければ教えてくれません。窓口の人が上の人や別の部署に確認すればいいのに、それをせずに「できません」で済ませてしまいます。窓口の職員は8ビットのコンピュータでできそうな判断しかしません。民間企業ならばトップが「やれ」と言えば行われますが、公務員はトップが「やれ」と言ってもダラダラ過ごし、異動になりがちです。

税金が必要な人に渡っていません。思いのある人に思いのない公務員が応対している状態です。市民が部署毎に投票してジャッジできたら良いでしょう。さいたま市となると職員数が膨大になるので、区のレベルで取り組めないでしょうか。今の役所のままで良いと思っている市民の方が少ないでしょう。

次回の第12回さいたま市民政策勉強会「Oneさいたまの会」は2018年11月28日(水)午後7時から埼玉県さいたま市南区の武蔵浦和コミュニティセンター(サウスピア)8階第6集会室で開催されます。
無題