林田力は「命を守る施策ファイブ」を進めます。
さいたま市桜区でもっと楽しく生きるため、命を守る五つの施策です。
第一に、さいたま市の主要駅に救急救命士や救急車を常駐します。
第二に、子どもたちや妊産婦のネットとリアルの駆け込み寺を創設します。
第三に、テレワークなど労働者本位の自由で多様な働き方改革で過労死を防止します。
第四に、情報通信技術を利用した見守りサービスの充実で孤独死を防止します。
第五に、ペット業者や飼い主の責任を強化して動物殺処分をゼロにします。
林田力の「命を守る施策ファイブ」は193の国連加盟国が採択した持続可能な開発目標SDGsのゴール3「すべての人に健康と福祉を」の実現に寄与するものです。
林田力は、命の大切さを、生きている素晴らしさを、沢山の方に伝えたいと心から考えています。


林田力は、SDGs(エスディージーズ)で地域課題を解決します。SDGsは193の国連加盟国が採択した持続可能な世界を目指すための開発目標です。SDGsは地球上の誰一人として取り残さない、置き去りにしないことを誓っています。
林田力は、さいたま市で「取り残されている人」は誰かを考えます。取り残されている人の立場で考えます。
林田力は、さいたま市桜区の課題や不満、足りないものを共有していきます。隠し事のない市政、市民のために働く市役所を目指します。
林田力は、皆様と共に慣例や常識に拘らないアイディアを出し、実践していきます。


林田力は、「命を守る施策ファイブ」の一つとして、さいたま市の主要駅に救急救命士や救急車の常駐を目指します。
駅にはひっきりなしに救急車が来ます。最初から駅に常駐したら時間短縮になります。駅で急病人や負傷者が出た際の対応を迅速にできます。既に東京駅や名古屋駅で行われています。さいたま市で実現すれば、実現すれば東日本の政令指定都市で初の取り組みになります。


林田力は、「命を守る施策ファイブ」の一つとして、子どもたちや妊産婦のネットとリアルの駆け込み寺創設を目指します。
学校や職場、家庭など既存のコミュニティとは異なる「逃げ場所」を作ります。
ここに行けば良いんだ、助けて、支えて、聞いてと言える場所、逃げ場所、居場所を作ります。
ネットとリアルの駆け込み寺は、明日は何しようかと明日の約束を作る場です。人は明日の約束があれば死ねません。
駆け込み寺の第一歩として、さいたま市で楽しいイベントを開催し、合わせてカウンセリングブースを設け、カウンセリングを身近にしました。今後もイベントやカウンセリング普及に取り組みます。


林田力は、「命を守る施策ファイブ」の一つとして、テレワークなど労働者本位の自由で多様な働き方改革で過労死を防止します。
過労死が大きな社会問題になっていますが、過労死は労働時間の長さに比例して起きる訳ではなりません。パワハラや付き合い残業など集団主義的な昭和の働き方が過労死を生みます。情報通信技術の発達でテレワークやテレビ会議が技術的に可能になりました。みんなの未来(あした)を守る会は、個人の選択肢を広げ、働き方のモチベーションを高めます。
人生100年時代と言われます。一つのキャリアだけで過ごすには人生は長いです。みんなの未来(あした)を守る会は、多様な働き方を推進します。
さいたま市職員も働き方改革でダラダラ会議や付き合い残業を見直し、税金の無駄遣いをなくします。


林田力は、「命を守る施策ファイブ」の一つとして、情報通信技術を利用した見守りサービスの充実で孤独死を防止します。
シリア世代も生活や価値観が多様化しています。もはや20世紀の感覚で「お年寄り」をくくることはできなくなりました。
一人でいることは淋しいことではありません。一人でいることが良い人もいます。集団への参加を強制するのではなく、一人でも安心して生活できるようにすることを目指します。
林田力は、シニア世代が安心して暮らせるように医療や福祉の充実を図って参ります。個人の自己決定権を尊重し、個人が自己決定権を行使できるように医療や福祉の多様性を充実させます。住み慣れた桜区で、適切な医療や介護、生活支援を受けながら安心して住み続けられるようにします。
林田力は、住んで良かった街づくりを全力で進めて参ります。
林田力は、皆様が「さいたま市桜区に住んでいてよかった」と思える街づくりに一生懸命励みます。
林田力は、一方的に支援され、支援するという関係を越え、誰もが力を発揮する相互主義の地域共生社会を目指します。


林田力は、「命を守る施策ファイブ」の一つとして、ペット業者や飼い主の責任を強化して動物殺処分をゼロにします。
動物殺処分をゼロにするためには入口から規制する必要があります。動物の店頭販売を抑制します。ブリーダーは予約が入ってから繁殖するようにします。動物はペットショップで買うものから、シェルターから引き取る、ブリーダーから譲渡するものへの発想に転換します
ペット引き取り屋のような動物虐待業者を告発します。ペット引き取り屋は、ペット業者などから売れ残りペットなどを引き取り、劣悪な環境の中で死ぬまで飼い殺しにする悪質な業者です。ペット引き取り屋は動物愛護法違反であり、情報提供窓口を作り、調査することで摘発できます。危険ドラッグの摘発の運用の横展開で実現できる対策です。