「海鮮問屋 地魚屋 大宮店」でFacebookさいたま市グループの忘年会が開催されました。参加者のFacebookページのQRコードが印刷された名札が作られるほど入念に準備されたオフ会でした。
「海鮮問屋 地魚屋 大宮店」は埼玉県さいたま市大宮区桜木町にあります。大宮駅東口です。地魚屋は名前の通り、魚料理にこだわりを持つ店です。地魚は江戸時代に漁村の人々が年貢とは別に大名に献上した地元で獲れた自慢の旨い魚に由来します。
釜上げ白素と豆腐のサラダ、鮮魚お造り三種盛り、大山鶏の水炊き鍋、自家製ローストビーフ、柚子胡椒鰤天、〆のうどんなどが出ました。大山鶏は鳥取県の大山地方の鶏です。大山は「だいせん」と読みます。大山の裾野の綺麗な空気の中で育てられました。「大山どり」と平仮名になると株式会社大山どりの銘柄鶏です。
水炊き鍋は、鍋に水を張り、鶏肉や野菜などの食材を煮込む鍋料理です。本場は博多です。林田平三郎が明治38年(1905年)に水炊きの店を開店したことが初めとされます。林田平三郎は香港で西洋料理と中華料理を学び、西洋のコンソメと中華の「鶏を炊き込む」技法を混合させて水炊きを生みました。似たような料理が南蛮料理として江戸時代から長崎に存在していたとする説もあります。
47193968_2216316525080405_728835630640922624_n