サクラソウ(桜草)が浦和駅に展示されていました。白い花びらから赤紫色の花びらまで様々です。サクラソウはサクラソウ科サクラソウ属の多年草です。花びらが桜に似ていることから名付けられました。外見が似ているだけで、桜との遺伝的な親戚関係はありません。学名はPrimula sieboldii。幕末に来日したシーボルトに由来します。
さいたま市桜区の田島ケ原に自生地があり、国の特別天然記念物に指定されています。桜区の由来はサクラソウです。サクラソウは桜区の花、埼玉県の花です。江戸時代は武士の間で流行しました。小林一茶の句に「我が国は草も桜を咲きにけり」があります。
ギリシア神話ではサクラソウは花の神フローラの息子パラリソスが悲しみにやつれ死んで変身した姿とされます。 このため、弔花や棺を飾る花に使われます。ドイツには鍵の花の伝承があります。鍵穴にサクラソウを差し込むと城の扉が開き、宝物を持ち帰りました。