角井亮一『アマゾン、ニトリ、ZARA……すごい物流戦略』(PHP研究所、2018年)は、物流の重要性に気づき、大きな成長を遂げてきた企業を取り上げたビジネス書である。ロジスティックスは重要である。日本は旧日本軍の悪しき伝統を引きずっているためかロジスティックスが軽視される傾向にある。

本書が取り上げる企業の一つにAmazonがある。というよりもAmazonは『すごい物流戦略』のタイトルで取り上げられない筈がないというくらいの存在感がある。Amazonは世界最大のEC企業であるが、物流企業でもある。最短1時間で配送するプライムナウや生鮮宅配のアマゾンフレッシュなど驚くべきサービスを展開している。日本の官僚型組織は「前例がない」「習慣に合わない」という理由で却下するが、Amazonでは数値やデータに基づく提案が積極的に採り入れられる。

Amazonの物流戦略は宅配会社の分散である。米国Amazonはシェア1位の宅配会社UPSを利用していたが、FedexやUSPSの扱いも増やしている。選択肢を増やすことで競争力を強化している。日本的経営の系列的な発想の対極にある。

Amazonは無人コンビニのAmazon Goが話題になった。インターネット通販企業が実店舗に進出とは先祖帰りの感がある。しかし、これは実店舗進出を目指しているのではなく、決済の新しい仕組みとしてシステム販売する戦略と本書は分析する。企業へのサービス基盤の提供というAWSと同じスタンスと考えられる。

Amazonの実店舗としてAmazon Fresh Pickupもある。ネットで注文した食料品を実店舗でドライブスルー形式のように受け取るサービスである。これは本業であるECの補完になる。宅配で最もコストがかさみがちなラストワンマイルを消費者の方から取りに来させる形にした。

一方で消費者は店舗の駐車場まで行けばよい。店舗の従業員が購入商品を自動車まで運び、トランクに積んでくれる。企業側のコスト削減で終わらず、消費者に価値を提供するところは「地球上で最もお客様を大切にする企業」の面目躍如である。