油そばはスープのないラーメンです。タレを麺に絡めて食べます。スープがないために麺の旨さを味わうことになります。スープで誤魔化せない分、店にとってはシビアに評価されるメニューです。油そばは酢やラー油などをたっぷりかける食べ方が推奨されますが、スープで誤魔化さずに麺を味わうというコンセプトを踏まえれば、かけ過ぎない方が通の味わい方です。油そばという名前から油っぽい料理と敬遠するかもしれませんが、それほどでもありません。
油そばのたれが丼の底にあることが多いですが、風風ラーメン浦和道場店の油そばは中央部の麺の上にかけられていました。そのためにタレが付いて茶色くなっている麺と白い麺に二極化していました。チャーシューやメンマ、ネギがトッピングされています。チャーシューは柔らかく脂が乗っていて、トロトロしました。
油そばはスープで誤魔化せない点でシビアなメニューですが、スープがないことは経営上のメリットがあります。スープがなければスープが残されることはありません。ラーメン屋にとっては残されたスープは廃棄物になります。つけ麺はスープの量を減らし、残す量も減らせます。これがラーメン屋が、つけ麺を推す裏の理由ではないかと考えますが、それ以上のメリットを油そばは有しています。
油そばは東京発祥です。まぜそばと呼ばれることもあります。一方で、油そばは自分で麺とタレを混ぜますが、まぜそばは最初から麺にタレが味付けされているというように別種の料理として使われることもあります。