パーコー麺はパーコーを乗せたラーメンです。パーコー(排骨)は豚のあばら肉に卵と小麦粉の衣をつけて油で揚げた中華料理です。食塩や酒、砂糖、五香粉、カレー粉などで下味を付けることもあります。中国語ではパイグゥと発音します。豚肉の唐揚げとでも言うべき料理です。噛むとジューシーな肉汁が溢れます。私は香辛料が強いものよりも、豚肉本来の味を活かした味わいを好みます。食べ終わると幸福感で一杯になります。
チャーシュー以上に肉の食べ応えがあります。パーコー麺にはスペアリブを煮込むパターンもあります。しかし、揚げたてサクサクのパーコーとラーメンという取り合わせに魅力を感じます。
風風ラーメンではパーコーを単品としてもラーメンのトッピングとしても提供しています。風風ラーメンのパーコーには骨はありません。細くカットしていて、食べやすくなっています。単品のパーコーは風風ラーメン浦和道場店のお薦めになっています。ネギが乗っています。とんこつラーメンやバリ黒とんこつラーメンは、パーコーが最上級のトッピングです。