ピザ(pizza)は、小麦粉などで作った生地を丸く薄く伸ばして、その上に具を乗せて焼いた食べ物です。イタリアで発祥しましたが、米国文化と言っても良いものです。ピザと言えばサンドウィッチマンのコントの台詞「ピザではなく、ピッツァ」を連想します。ドミノ・ピザでは人工知能AIがスキャンして出来栄えを鑑定しています(岡本玄介「ピザ界でもAIは大活躍。ドミノ・ピザが人工知能で出来栄えを鑑定」GIZMODO 2019年6月月2日)。
厚切りベーコンときのこのピザは江戸川区船堀の天然温泉まねきの湯の2019年秋の季節限定メニューです。具沢山のピザです。

まねきの湯は、ぬるい湯が充実している。檜風呂は特にぬるい。檜風呂にはテレビが設置されており、テレビを観ながらゆっくり浸かれる。ぬるい湯は長湯ができるが、寒い冬場はいくら浸かっても体が温まった感じがしない不満もある。剃刀や歯ブラシを自由に使える。
バイブラ風呂は2019年6月から不感温度風呂になった。不感温度風呂は36度前後の湯である。身体に負担をかけずに、長く入浴できる。最初はぬるすぎると思ったが、慣れると快適さが勝る。自分の世界にたっぷりと浸かった。かつては熱い湯が好きであったが、最近はぬるい湯にゆっくり浸かるようになった。
熱い湯はヒートショックの危険が高まる。「日本では熱い風呂に長くつかるのが好きな人が多く、それが事故につながっていると指摘されています」(市川衛「日本では「お風呂で溺死する」人が多い 入浴時の「ヒートショック」意外な原因と対策は」Yahoo!ニュース2019年11月14日)
多くの温泉では入れ墨(刺青)やタトゥー、薬物中毒者の入浴はお断りである。秋川渓谷・瀬音の湯や「天然温泉 東京健康ランドまねきの湯」「大江戸温泉物語」などがある。ドーミーイン津の天然温泉「けやきの湯」ではロッカーの扉に入れ墨お断りのシールが貼ってある。他の消費者の安全安心の措置である。入れ墨が入っている人のいる飲食店には行かないようにすることが大事と指摘するコメンテーターもいる。