握り寿司は江戸時代のファーストフードです。楕円形の酢飯の塊にマグロなどの寿司ネタを載せる形が基本です。手軽に食べられる点が寿司の魅力です。寿司は高級ぶるものではなく、屋台で提供されていました。値段と味が比例するという類の価値観は拝金主義的であり、浅ましい考えです。寿司は、お腹いっぱい食べるものです。
林田紀音夫の俳句に「寿司もくひ妻の得し金減り易し」とあります。
寿司の花形はマグロです。しかし、江戸時代は異なっていました。「冷蔵技術が発達していなかった江戸時代、赤身のマグロは傷みが早く、敬遠されていました。現代では超高級食材のトロでも、脂ばかりで猫も食べないということで、猫マタギと呼ばれていた時期もあったほどです」(「マグロは呼び名が変わるのになぜ出世魚ではない? 意外すぎる理由とは」AERA dot. 2019年9月18日)。私達が伝統と考えているものも実は昭和からの伝統に過ぎず、本当の日本の伝統とは異なるものが結構あるのではないでしょうか。
マグロやカツオには2020年問題があります。マグロやカツオの好漁場のパラオが2020年に外国船の操業を禁止します(「マグロ・カツオの2020年問題」日本経済新聞2018年4月12日)。最近では野菜寿司も登場し、ベジタリアンに注目されています。腕時計や指輪を付けたまま寿司を握ると食中毒の原因になります。