吉本興業所属お笑いタレント森三中の黒沢かずこさん(41)が新型コロナウイルス(COVID-19; coronavirus disease 2019)感染が判明した。黒沢さんは3月21日に発熱し、その後、熱は下がったものの、味覚や嗅覚の異常が残ったため、4月1日に東京都内の医療機関を受診し、肺炎と診断された。4月3日夜にPCR検査で陽性と判定された。
一度熱が出て下がり、出勤した経緯は、埼玉県警武南警察署の男性警察官や中野セントラルパークサウスのコールセンターの最初の新型コロナウイルス感染者と共通する(林田力「中野のコールセンターで新型コロナウイルス9人感染」ALIS 2020年3月26日)。
https://alis.to/hayariki/articles/apljoRJjvXoV
黒沢さんは、熱がおさまった後の3月25日にCMの撮影に参加した。その翌日に味覚や嗅覚の異常が新型コロナウイルスの症状の可能性があると報道で知り、その後の仕事は全てキャンセルし、自宅で療養している(「お笑いタレント「森三中」の黒沢かずこさん 新型コロナ感染」NHK 2020年4月4日)。
夫の鈴木おさむさんは「病院行っても、検査してくれなくて、粘って粘って、頼みこんで、やっと今週水曜日検査してくれたんです!」と指摘する(「新型コロナ感染の森三中・黒沢「病院行っても検査してくれなくて…」大島の夫・鈴木おさむ氏が訴え」サンスポ2020年4月4日)。