兵庫県姫路市林田町が産地の揖保の糸は新型コロナウイルス感染症対応の巣ごもり消費で売れ行きが好調である。2020年2月は前年比18%増、3月は同25%増(「スーパーの棚でそうめんだけ残る現象も…売上げは好調」日本食糧新聞2020年4月22日)。「揖保乃糸上級品300g」は2019年9月から2020年3月までの累計で前年対比6万箱増(「手延べそうめんに早くも品薄感 乾麺好調も品切れとギフト市場に懸念」食品新聞2020年5月15日)。
素麺の他の麺類と比べた弱点は、スープやソースを変えて様々なバリエーションを楽しめず、単調になることである。この対策としてSNSでイタリアン素麺やフルーツを載せた素麺など様々な調理法を紹介している。