Amazon DocumentDBはフルマネージド型ドキュメントDBサービス。MongoDB のワークロードをサポートする。Amazon DocumentDB は、MongoDB 3.4+と互換性のあるほとんどの MongoDB Driverで動作する。
JSON データの保存、クエリ、インデックス作成を簡単かつ直観的に実行できる。Amazon DocumentDB は3 つの AZ にまたがって 6 つの方法でデータをレプリケートすることで高可用性と耐久性を備えている。
Amazon DocumentDBには3種類のEndpointがある。
Cluster Endpoint:Clusterの現在のPrimary Instanceに接続する。読み込み及び書き込み操作に使用する。
Reader Endpoint:Cluster内の全ての使用可能なReplica間で読み込み専用接続の負荷を分散する。
Instance Endpoint:Cluster内の特定のInstanceに接続する。
自動的かつ継続的にクラウドDBがモニタリングされ、Amazon S3にバックアップされるため、Point-In-Time-Recovery; PITRを実行できる。PITRはデータの継続的なバックアップを提供し、誤った書き込みや削除から保護できるようにする。指定されたある時点point in timeよりも前にコミットされた全てのDB操作をリストアする。
リージョン間で自動もしくは手動によるスナップショットコピーが可能。コピー機能は、AWS Management ConsoleやAWS Command Line Interface; CLIから起動する。