現代ではカメラと言えばデジタルカメラです。
デジタルカメラと銀塩カメラ(フィルムカメラ)の出荷台数はゼロ年代前半にデジタルカメラが銀塩カメラを抜き、ゼロ年代後半には銀塩カメラはほぼ淘汰されました(デジカメ比較研究会「爆発的に急成長したデジカメ市場の今後」)。
http://www.monox.jp/digitalcamera-news-camera-sales-2012.html
特に限定なく、カメラと言えばデジタルカメラと受け止めることが通常人の理解です。カメラの専門家が撮影するのではない限り、昭和の骨とう品のような銀塩カメラで撮影して現像しているとは思わないでしょう。