特急草津が浦和駅を発車します。
特急草津は東京都の上野駅から群馬県の長野原草津口駅を東北本線・高崎線・上越線・吾妻線経由で結びます。草津温泉への観光列車です。車窓は都会的な景色から上越線、吾妻線へと進むとローカル色を深めていきます。
車両は651系です。651系は常磐線の特急車両として1989年から登場しました。JR東日本初の交直流特急電車です。川崎重工業が製造しました。485系を置き換え、タキシードボディと呼ばれました。1990年にブルーリボン賞を受賞しました。常磐線の特急は2010年からE657系に置き換えられました。特急「あかぎ」「草津」は2014年から車両を185系から651系に置き換えました。車体にはオレンジ色のラインを客室窓の下に配置しています。
「車両置き換え後は、現在の車両よりもゆったりとした座席となり、通勤や観光をはじめとする幅広いお客さまに快適な移動空間を提供します」(東日本旅客鉄道株式会社「2014年3月ダイヤ改正について」2013年12月20日、4頁)。651系は伊豆クレイルにも利用されました。