AWS Storage Gatewayは既存のオンプレミス環境とAWS Cloudを接続するハイブリッドクラウドストレージサービス。オンプレミスのソフトウェアアプライアンスをクラウドベースのストレージと接続し、オンプレミスのIT環境とAWSのストレージインフラストラクチャをシームレスに統合する。オンプレミスアプリケーションをS3, EBS, Glacierのようなストレージサービスに接続する。オンプレミス環境とクラウド環境との隙間を埋める。
AWS Storage Gatewayはローカルキャッシュを有している。ローカルキャッシュを利用することで、データをオンプレミスに保持し、データアクセスと復元時間を最小限に抑えることができる。GatewayからAWSにデータをアップロードするために利用できるネットワーク帯域幅が限られている場合、アップロードのためにローカルキャッシュに多くのデータをバッファできる。
AWS Storage Gateway にはFile, Volume, Tapeの3種類がある。File Gateway はデータをS3に直接objectとして格納する。S3 object storageへのFile protocol accessを必要とするオンプレミスや EC2 ベースのアプリケーションで使用できる。NFS; Network File SystemやSMB; Server Message Blockなどの業界標準のFile protocolを使用して、S3でobjectの保存や取得を行う。
File Gatewayにはアクセスベースの列挙機能がある。アクセス許可に基づいて開くことができないSMBファイル共有やフォルダ、ファイルがユーザーに表示されないようにすることができる。各ユーザーには自身がアクセスできるフォルダとファイルのみを表示することで、フォルダ構造の簡略化されたビューを提供する。
Volume GatewayはInterfaceにiSCSIを使用。Volume Gatewayにはキャッシュ型と保管型がある。キャッシュ型はプライマリデータを S3に格納する。アクセス頻度の高いデータはローカルにキャッシュすることでデータへの高速アクセスが可能になる。保管型はプライマリデータをローカルに保存し、非同期にS3にバックアップを格納する。
Volume Gateway ではLocal Volumeのスナップショットを取得し、そのスナップショットを Amazon EBSに保存することもできる。このようなスナップショットから新たに Amazon EBS Volumeを作成し、それを Amazon EC2 Instanceにアタッチできる。
Tape Gatewayは物理テープ装置の代替としてデータをS3に格納する。InterfaceにiSCSIを使用。Tape GatewayとVolume Gatewayではスケジュールベースでネットワーク帯域幅を調整できる。Gatewayで設定したスケジュールに基づいて、Gatewayがオンプレミスデータを AWS と同期するために使用するネットワーク帯域幅を調整できる。これにより、ピーク時の帯域幅の使用を調整してネットワークの混雑を最小限に抑え、ピーク時以外の時に使用可能な全ての帯域幅を使用できる。