「第1回しびらきマーケット」が2018年5月6日、さいたま市桜区新開の「しびらきファーム いちご屋」で開催中です。私はイチゴとメロンパン、はちみつバターパンを買いました。
「しびらきファーム いちご屋」では「さがほのか」と「紅ほっぺ」を栽培しています。「さがほのか」は佐賀県発祥の品種です。酸味の少ないさっぱりとした甘味が特徴です。「紅ほっぺ」は甘みと酸味のバランスが良く、コクがあります。もぎたてのイチゴは温かく、甘いです。
新開通りのパン屋「ベーカリーカフェしびらき」も出店していました。パンは蜂蜜などで甘さを出しており、上品な甘さです。「障害者支援施設しびらき」の利用者が作った焼きたてのパンです。「ベーカリーカフェしびらき」は、この5月で5周年を迎えます。
「しびらきファーム いちご屋」は、いちご農園です。いちご狩りができます。鴨川堤桜通り公園を歩いていくとあります。途中の田んぼではカエルが鳴いていました。いちご屋には鯉のぼりが飾られていました。
子ども向けキャラクターグッズでは、アンパンマンが目立ちました。私の子どもの頃は、アンパンマンは絵本の存在であり、エンタメの印象は乏しかったです。今の子どもにアンパンマンが大人気なところを見ると世代を感じます。作者の、やなせたかしは元々は漫画家ですので、今のアンパンマンの位置付けは合っています。
アンパンマンのマーチは頭の中でリフレインされる曲です。実は「みんなの未来(あした)を守る会」という団体名を聞いた時にアンパンマンのマーチの「みんなの夢守るため」を連想しました。
私の子どもの頃から変わらないキャラクターと言えば、ドラえもんです。ドラえもんの大きな人形もありました。浦和らしく、サッカーボールを持っているドラえもんもいました。
shibiraki