彩の国さいたま人づくり広域連合が2018年5月22日(火)9時45分から12時まで「産民学官・政策課題共同研究オープニングセミナー2018」を、埼玉県県民健康センター2階大ホールで開催します。県民健康センターは、さいたま市浦和区仲町にあります。
彩の国さいたま人づくり広域連合は県、市町村、企業、NPO、大学等の協働で政策研究を進めます。研究テーマは、「埼玉型の公共空間利活用プロジェクト~地域性化のための官民連携による社会実験~」と「埼玉の地域資源の再発見・利活用による愛県心醸成プロジェクト~埼玉版ツーリズムの構築~」です。
◎基調講演
安島博幸・跡見学園女子大学観光コミュニティ学部教授「持続可能な観光地づくりと観光的価値」
◎研究コーディネーターによる講演
内田奈芳美・埼玉大学人文社会科学研究科准教授「埼玉型の公共空間利活用を考えるために」
佐野浩祥・東洋大学国際観光学部国際観光学科 准教授「埼玉版ツーリズムの構築に向けて」
オープニングセミナーは、どなたでも参加できます。彩の国さいたま人づくり広域連合のウェブサイトから参加申込みできます。申込期限は5月17日(木)です。
http://www.hitozukuri.or.jp/jinzai/seisaku/seisaku.htm