さいたま市桜区は畠山重忠の居館がありました。畠山重忠は平安時代末期から鎌倉時代初期の武将で、坂東武士の鑑と称えられました。鎌倉幕府の有力御家人になりましたが、北条氏によって滅ぼされます。
畠山重忠の居館は桜区道場にありました。畠山重忠は建久年間に土中から観音像を得て、金剛寺を創建しました。これが道場の由来とされます。また、桜区町谷は畠山重忠の城下町屋があったことに由来します。畠山重忠は鎌倉への途中、与野公園付近で腰の刀を洗い清めたところ武勲をあげました。これが与野公園の銭洗弁天となりました。