林田力 だまし売りをなくしてSDGsに寄与

『東急不動産だまし売り裁判』著者

マンションだまし売り被害を消費者契約法で解決した裁判闘争を描くノンフィクション『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者。だまし売りをなくすことでSDGsの持続可能な消費に寄与したいと活動しております。
http://www.hayariki.net/
林田力Amazon
https://www.amazon.co.jp/%E6%9E%97%E7%94%B0-%E5%8A%9B/e/B00493GN28
林田力Twitter
https://twitter.com/hayachikara



桜区

ゆで餃子@風風ラーメン浦和道場店

さいたま市桜区の風風ラーメン浦和道場店で、ゆで餃子を食べました。
ゆで餃子は一般に言うところの水餃子です。餃子の上にはラー油がかけられており、そのまま食べられます。食べると肉汁が飛び散ります。餃子の中に肉汁が詰まっていました。皮はつるつるしていて、滑りやすく、箸でつかみにくいです。
餃子は美味しさがギュッと詰め込まれています。異なったものを一つにまとめて食べられる美点があります。ハンバーガーや寿司が好物な私に向いています。
焼き餃子と水餃子があります。日本では焼き餃子、中国では水餃子が主流です。焼き餃子は固さと柔らかさのアクセントを楽しみますが、ゆで餃子は全てが柔らかく、とろけます。焼き餃子も良く焼けてパリパリした皮を楽しむものと、ふにゃりとした皮を楽しむものがあります。
餃子と言えば林田球の魔法ダークファンタジー漫画『ドロヘドロ』を想起します。主人公カイマンの好物は大葉ギョーザです。殺伐とした世紀末的な世界でありながら、料理の細部にこっており、美味しそうです。

バリ黒豚骨ラーメン

風風ラーメン浦和道場店でバリ黒豚骨ラーメンを食べました。
バリ黒豚骨ラーメンは焦がしニンニクの入った豚骨ラーメンです。黄色く濁った豚骨スープに焦がしにんにく黒マー油が加わります。黒マー油は赤マー油に比べると辛さがなくマイルドです。
バリ黒豚骨ラーメンは風風ラーメンの定番メニューです。最初はバリ黒豚骨ラーメンをバンコク豚骨ラーメンと勘違いし、どこがタイ風なのかと思っていました。
麺は三種類から選択できます。今回は縮れ太麺を選択しました。細麺は博多風ストレートです。麺の選択は揚州商人でも行っています。消費者の選択肢を増やすことはよいことです。
チャーシューや海苔、ゆで卵をトッピングしています。チャーシューはスープとマッチし、口の中でとろけます。ニンニクが程よく効いています。豚骨のまろやかさ、香ばしさをしっかりと味わえます。しかし、腹にドスンとたまるようなものではなく、飲みやすいスープです。
風風ラーメン浦和道場店は埼玉県さいたま市桜区道場の六間道路沿いにあります。店内にはカウンター席とテーブル席があります。漫画本が多数置いてあり、Free WIFIも利用できます。風風ラーメンはリズム食品のラーメンフランチャイズです。店内は明るく、家族や女性客も入りやすい店舗です。こだわりラーメン店のような入りにくさはありません。駐車場には大宮ナンバーだけでなく、所沢ナンバーの車も良く止まっています。

埼玉大学推理小説研究会『MysPhilia Vol.20』

テーマは「館」。館ミステリーの書評を収録する。館はミステリーの重要な設定になることが多い。館にはロマンがある。戦後日本は安直にスクラップアンドビルドを繰り返してきた。暴力的な地上げも行われてきた。そのアンチテーゼとして人を寄せ付けない、または人を呑み込んでしまう、人の力の及ばない館に惹かれる。
収録作品には伝統的なミステリーの枠に収まらない多様な作品がある。どれもある意味で怖い作品である。
林檎飴中毒者「4回死んだ姫」は『Re:ゼロから始める異世界生活』などのライトノベルの影響を感じさせる。教条主義的なミステリー唯物論者を嘲笑う自由さがある。
水世絃「犯人」も自意識の不明確さが描かれる作品。救いのない結末に対しては、変えることはできなかったかと考えたくなる。最後の視点人物が刑事に移ってしまっている点は主人公の苦しみの余韻に浸りたい向きにはどうなのかと思うところがある。
E・S「少女Eの日記」は本格的なクローズド・サークルの雰囲気を出しているが、やはり怖い作品である。全てを説明していないことで怖さが出る。

埼玉大学の文芸系サークル会誌

埼玉大学第69回むつめ祭では文芸系サークルの会誌を購入した。
文芸部レーセ『Lesezeichen』2018年むつめ祭号
坂本ゆうこ「山のおもちゃ」は自然の中の生活で少しずつ癒されていく話。ファンタジー世界に入っていくかと思いきや、現実の大枠を維持した。
楓「おまじない」は少し重たい恋愛小説。本作品のような設定が普通に使われているところにダイバーシティの時代を感じる。おまじないを続けることが力になる。

Light Fiction Club『Millers Vol.90』
表紙に読書している女性が描かれている。裏表紙は同じ女性が植物に捕らわれている。
未検出「赤を見て、色を想う」は詩のような作品。最後の一文で主人公の切なさが分かる。
シロ「想いを映すコントラスト」は写真家が出発点となった不思議な体験を語る。「カメラの技術を上げるのは手段で真の目標は別の場所にある」(15頁)と他人から思われることは表現者としてカッコ良さを感じる。
あるまかん「僕は失恋しました。」は失恋の詩。人には言えない気持ちが吐露されている。本人は「初めて投稿したものがこれというのは最高の黒歴史のように感じます」と書いている(18頁)。後から恥ずかしく思うならば、それだけ作品のリアルがあるということである。

ウインナーを風風ラーメン浦和道場店で食べました

ウインナーは深緑色の斑点が所々にあります。形もいびつで、手作り感があります。私はウインナーが好きなので、あっという間に食べ終わりました。ウインナーの名称はオーストリアの首都ウイーンに由来します。


何者かの書評
林田力
江東住まい研究所
2019-05-02


さいたま市桜区役所のソメイヨシノ

さいたま市桜区役所のソメイヨシノです。川津桜は青々としています。


学童保育と桜区との懇談会

学童保育と桜区との懇談会に参加しました。さいたま市学童保育連絡協議会が2019年2月7日、さいたま市南区松本の田島げんきっ子学童保育で開催したものです。桜区の学童「さくらっ子第一」「さくらっ子第二」「たんぽぽ」「げんきっ子」の保護者や支援員の方々が桜区役所支援課に要望などを伝えました。

共通する要望として支援員の待遇改善が切実と感じました。働く人々が生活の不安を抱えている状態では安定的な事業は営めません。

それと根元では共通する問題になりますが、児童数が運営に反映するために経営が不安定になる点を何とかして欲しいとの要望がありました。これはビジネスの世界では自然な現象ではありますが、学童保育は需要があるからと言って簡単に新規参入できるものではありません。現実に待機児童問題が起きており、需要を満足できていません。社会的に不可欠なインフラであり、ユニバーサルサービスであるとして制度設計が必要と感じました。

学童の場所の獲得にも苦労されているとの話がありました。一方で空き家の増加が社会問題になっています。空き家の活用施策の一環として取り組めないかと感じました。

要望の各々に対して桜区支援課からは担当する所管部署が提示されました。所管部署に要望することが直接的との話でしたが、市民の側としては各部署を回ることは大変です。また、各々の要望は学童保育の現場から生まれたものというところに特徴があり、「暗い道に街頭をつけて欲しい」などの個々の要望に切り離して担当部署が検討することが良いかという思いもあります。本来ならば各担当部署の回答を取りまとめて市民に提示する部署が欲しいところです。役所の各部署には各部署の仕事があり、それが難しいならば市議会議員が役割を果たさなければいけないと感じました。

要望ではないのですが、パーティーなど学童保育の様子の写真が回覧され、動画が上映されました。子ども達が楽しそうです。これを見ると学童保育が子ども達の成長に有意義なものであると理解できます。近隣住民の理解が得られず、学童保育所を開設できなかったという話もあり、もっと学童保育の意義を広める必要があります。市の広報などに期待したいですが、市にお任せというだけでなく、そこも市議会議員の役割があるでしょう。

さいたま市桜区と言えば秋ヶ瀬公園

さいたま市桜区と言えば秋ヶ瀬公園です。秋ヶ瀬公園にテントマーケットを作ったらどうでしょう。秋ヶ瀬公園に手ぶらでキャンプやバーベキューができるような市場ができれば便利です。秋ヶ瀬公園でイベントを開催すれば車で出かけることができます。秋ヶ瀬公園で宿泊キャンプや天体観測したいとの声があります。
桜区の人々が楽しみ、儲けられる市場を作り、自立的な経済を回します。
新たに箱物を作るよりも、今あるものを活用します。
情報公開を徹底した上で市民が自由に選択できる、さいたま市桜区にします。自分のことも含め、分かりやすい徹底的な情報公開を進めます。大きな政策よりも密着した政策、身近な政策を提示します。
お役所仕事ではなく、親身に対応する窓口にします。
学校が子どもを守れなかった。家に帰りたくない子どもの駆け込み寺が必要です。
_O9A2830

さいたま市桜区の長所

さいたま市桜区の長所をまとめました。
秋が瀬公園など広大な公園
国指定特別天然記念物の田島ヶ原サクラソウ自生地
荒川総合運動公園などの運動施設
文化施設(プラザウエスト)
廉価な温浴施設(さいたま市桜環境センター)
田園風景
低層建築が多い
バスの主要路線は本数が多い
国立大学(さいたま大学)がある
家賃が比較的安い
近所にスーパーマーケットが存在する
近所にコンビニがある
家電量販店がある
大久保古墳群
土合古墳群
田島の獅子舞
宿の祭ばやし
神田の祭りばやし
鎌倉時代の武将・畠山重忠との縁

松屋西浦和店の、つくね・たれ

西浦和駅前の松屋西浦和店の、つくね・たれです。
つくねは、すりみを団子状に成形したものです。密度があり、食べ応えがあります。つくねは「手でこねて丸める」という意味の動詞「つくねる」に由来します。魚の「つくね」もあります。「つくね」と「つみれ」は肉か魚かの違いではなく、作り方の違いです。「つみれ」は「摘み入れる」という動詞が由来です。すくい取って鍋などに入れます。「つくね」ほど成形されていません。
Tsukune is a Japanese chicken meatball. It coveres with a sweet and salty sauce. These look delicious! I want to eat now. I can't stop eating them. You can make Tsukune also with fish. Traditional Japanese cooking skills always impress me just as much as their recipes.
50856886_2282972431748147_8880168265452617728_n

からやま・さいたま町谷店なんこつ

からやまの軟骨は「やげん」です。「なんこつ(やげん)」と表示されます。胸軟骨が「やげん」、膝軟骨が「げんこつ」です。軟骨はコリコリしていて独特の食感があります。
Nankotsu is chicken cartilage. It tastes like when you bite the crunchy, chewy part. Cartilage contains abundant collagen. Collagen can provide relief from rheumatoid arthritis symptoms.
49735068_2274447482600642_3226963879019937792_n

マミーマート西浦和店のヒレカツと海老カツ

マミーマート西浦和店の「やわらか豚ヒレカツ」と海老カツです。ヒレカツは豚ヒレ肉にパン粉をつけています。サクサクした衣と柔らかなお肉がたまりません。ヒレ肉は脂身が少なくヘルシーです。海老カツは天然海老を使用しています。
マミーマート西浦和店は埼玉県さいたま市桜区道場のスーパーマーケットです。六間道路沿いにあります。六間道路沿いのマミーマート西浦和店は飲食店が幾つかあります。商店街というほどではありませんが、飲食店の集積があります。
49615150_2268498066528917_617091555240443904_n
お問い合わせ