林田力 さいたま市桜区をもっと楽しく

林田力(はやしだりき)。さいたま市桜区をもっと楽しく面白く。マンションだまし売り被害者として、だまし売りに強い桜区を目指します。I empower you to experience Saitama City Sakura Ward. Visit, explore and discover Saitama City Sakura Ward.

Category: 桜区

さいたま市桜環境センターの余熱体験施設(お風呂)を利用しました。浴場は、だいちの湯とさくらの湯の二種類があり、男湯と女湯が時期によってローテーションします。この日は、さくらの湯が男湯でした。さくらの湯にはミストサウナがあります。シャンプーとボディーソープは茶葉エキスを利用したものです。
お湯は温めで長く浸かれました。夏に入った際は、お湯が熱くてカラスの行水になりました。五右衛門風呂だけが熱めでした。これは一人しか入れず、順番待ちになるので熱めにして回転を速くすることは理にかなっています。
ここでは血圧も測定できます。カラオケや卓球、麻雀ができる部屋もあります。

さいたま市桜区の鴨川堤桜通り公園で曼珠沙華が咲いていました。お彼岸のころに咲くために彼岸花(ひがんばな)と呼ばれます。彼岸花という言葉には不吉な雰囲気が漂いますが、曼珠沙華にはサンスクリット語で天界に咲く花という素敵な意味があります。
鴨川堤桜通り公園は桜並木になっています。春には桜まつりが開催されました。葉の一部が黄色くなっていました。

鴨川堤桜通り公園桜まつり
https://www.youtube.com/watch?v=-mxHNKwsauM
鴨川堤桜通り公園の蝉
https://www.youtube.com/watch?v=khthD7KJs8k

夜の六間道路を東に進みます。さいたま市桜区町谷から新大宮バイパスを渡り、さいたま市立土合中学校、ヨークマート南元宿店、BOOKOFF浦和南元宿店、日向と進みます。
六間道路は、さいたま市浦和区常盤の埼玉県道65号さいたま幸手線(旧中山道)から桜区道場に至る道路です。厳密には新六間道路ですが、六間道路で通用します。
六間道路は幅員が六間(約10.9m)の道路という一般名詞です。静岡県浜松市にも六間道路はあります。六間道路は江戸時代の街道の名残です。江戸時代は大きな街道です。それが現代でも幹線道路となっているところもありますが、自動車の道路としては広いものではありません。
「現代の道路構造の観点からは、11m幅員というのは“微妙な幅”であり、歩道を設置しているところもあれば単断面のままとなっているところもある」(秋葉大輝、久保田尚「六間道路と交通まちづくりに関する研究」第44回土木計画学研究発表会、2011年)
車優先の道路では歩行者や自転車のスペースが十分ではなく、危険です。私は自転車通学をしていたことがありましたが、危ない思いをしたことがあります。特にオートバイが車の脇を走ると歩行者や自転車は押しのけられてしまいます。
六間道路は桜区町谷で新大宮バイパスと交差しています。六間道路と大宮バイパスの交差点には松屋浦和町谷店があります。新大宮バイパスを渡るための信号待ちは結構待たされます。
六間道路は国際興業バスの浦桜13「浦和駅-桜区役所-大久保浄水場」のバス路線になっています。六間道路は道路の名前ですが、六間道路という名前のバス停もあります。

埼玉県さいたま市桜区道場のサイデン化学アリーナ(さいたま市記念総合体育館)で2018年9月24日に「スポーツフェスティバル2018」が開催されます。埼玉を本拠地にする男子卓球チーム『T・T彩たま』によるエキシビジョンマッチやサイン・握手会などを開催します(「さいたまでスポーツフェス、24日に開催 「T・T彩たま」登場、元五輪選手が教える水泳教室も」埼玉新聞2018年9月8日)。
さいたま市記念総合体育館はプラザウエストに隣接します。温水プールもあります。ネーミングライツ導入によってサイデン化学アリーナとなりました。サイデン化学は桜区に工場があり、サイデン化学アリーナの名前からサイデン化学の運営する体育館と思ってしまう方もいます。サイデン化学にとっては宣伝効果が大きいでしょう。

風風ラーメン浦和道場店の釜玉うどんの動画が「飯テロ!!激ウマ【ラーメン】動画まとめ!!」に転載されました。「飯テロ!!激ウマ【ラーメン】動画まとめ!!」は見たら必ず食べたくなる飯テロラーメン動画を紹介しています。有名ラーメンチェーン店を中心とした激ウマラーメンを紹介します。
http://myonlytube.work/ramentube/2018/08/03/%E9%A2%A8%E9%A2%A8%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%83%B3%E6%B5%A6%E5%92%8C%E9%81%93%E5%A0%B4%E5%BA%97%E3%81%AE%E9%87%9C%E7%8E%89%E3%81%86%E3%81%A9%E3%82%93/

さいたま市文化振興事業団は2013年1月26日、気軽にクラシックVol.12「川畠成道with東京ニューシティ室内合奏団 ハートフルコンサート~愛の喜び~」を埼玉県さいたま市桜区のプラザウエストで開催した。

「春」「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」「チゴイネルワイゼン」のような馴染みの曲から、アンダーソン「プリンク・プランク・プルンク」というユニークな演奏法の曲まで様々である。演奏者が曲の合間に曲の説明をする点もユニークである。クラシックを身近にする試みとして面白い。

川畠氏は8歳の時に薬害が原因で難病を患い、視覚障害の後遺症を負った。10歳からヴァイオリンを始め、桐朋学園大学音楽学部を経て、英国王立音楽院大学院に留学した。在学中から数多くの音楽賞を受賞し、首席で卒業し、同音楽院で史上2人目となるSpecial Artist Statusの称号を授与された。英国を拠点にソリストとして国際的に音楽活動を続けている。

視覚障害の演奏家ということで語られることが多いが、その演奏には迫力がある。演奏技量の凄まじさというものを目の当たりにすることができた。毎日CDなどで聴いていても演奏を観に行きたいと感じさせるものがある。コンサートには聴くだけではなく、観る楽しみもある。コンサート終了後にはサイン会も開催した。

大気の状態が不安定になり、さいたま市桜区の秋が瀬は土砂降りになりました。雷も鳴っています。

かつや・さいたま町谷店で2018年8月17日(金)から23日(木)までの一週間、感謝祭セールが開催されます。カツ丼(竹)とロースカツ定食が150円引きになります。「ロースカツ定食」が税込583円、「ヒレカツ定食」が税込540円です。
かつやは豚カツのチェーン店です。吉野家のような牛丼チェーンと比べて価格は高いですが、ボリュームある食事ができる点が特徴です。豚カツを単品で販売していることも特徴です。豚カツだけ食べたいという需要を満たします。かつやは吉野家を意識していますが、むしろステーキだけをリーズナブルに食べたいという需要を満たすペッパーフードサービスと重なるように思います。
さいたま町谷店は埼玉県さいたま市桜区西堀の大宮バイパス沿いにあります。反対側には同じ企業の運営する唐揚げ専門のフランチャイズからやま町谷店があります。
私はメンチカツ弁当とヒレカツを食べました。メンチカツは豚肉の挽肉にタマネギのみじん切りなどを混ぜて練り合わせ、衣をつけて油で揚げたものです。ヒレカツはヒレ肉を用いた豚カツです。

「さいたま市桜区防災カルテ」によると、荒川の水害で桜区の9割以上の建物が床上浸水すると予想されています。
http://www.city.saitama.jp/001/011/015/002/001/p047531_d/fil/2-06.pdf
平成30年7月豪雨(西日本豪雨)は多くの観測点で観測記録を更新するなど記録的な大雨となり、大きな被害をもたらしました。さいたま市桜区には荒川や鴨川が流れており、他人事ではありません。特に荒川は「荒ぶる川」が名前の由来になっています。

田島中学校区
土合中学校区
上大久保中学校区
大久保中学校区

建物棟数
7569
8125
6163
6296

床上浸水
7544
5883
6088
6066

床下浸水
0
353
46
188

林田力の意見
水害対策と言えば先ず堤防となりますが、立ち退きや水辺と遮断されるなど日常生活にデメリットを及ぼします。また、堤防をかさ上げすると、高い水位で水を流すことになり、万一破堤した場合の被害は甚大になります。そこで堤防を高くするのではなく、川底の浚渫(掘り下げ)で対応します。
水害が起きることを想定した対策も必要です。ボートの普及を進めます。簡易ボートになるテントやベンチ、ソファーなどもあります。

埼玉県さいたま市桜区の秋ヶ瀬緑道で蝉が鳴いていました。新大宮バイパスの東側です。秋ヶ瀬緑道はJR東日本・埼京線・中浦和駅から秋ヶ瀬公園近くまでの遊歩道です。鴻沼川に沿って緑道が続いています。約2キロメートルあります。ジョギングコースになっています。途中に新大宮バイパスがあり、歩道橋・秋ヶ瀬緑道橋で渡ります。秋ヶ瀬緑道の終点では鴻沼川が鴨川に合流します。

埼玉県さいたま市桜区の諏訪前橋です。鴨川にかかっています。諏訪前橋は埼玉県道57号さいたま鴻巣線を通っています。諏訪前橋はバス乗り場にもなっています。埼玉大学の裏側です。
37402440_1915128301877369_5551463105180991488_n

第弐回・埼玉太鼓フェス(SAITAMA TAIKO FES)が2018年8月26日に埼玉県さいたま市桜区道場のプラザウエストさくらホールで開催されます。和太鼓の祭典です。

↑このページのトップヘ