林田力

『東急不動産だまし売り裁判』著者

マンションだまし売り被害を消費者契約法で解決した裁判闘争を描くノンフィクション『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者。
http://www.hayariki.net/
林田力Amazon
https://www.amazon.co.jp/%E6%9E%97%E7%94%B0-%E5%8A%9B/e/B00493GN28
林田力Twitter
https://twitter.com/hayachikara


桜区

学童保育と桜区との懇談会

学童保育と桜区との懇談会に参加しました。さいたま市学童保育連絡協議会が2019年2月7日、さいたま市南区松本の田島げんきっ子学童保育で開催したものです。桜区の学童「さくらっ子第一」「さくらっ子第二」「たんぽぽ」「げんきっ子」の保護者や支援員の方々が桜区役所支援課に要望などを伝えました。

共通する要望として支援員の待遇改善が切実と感じました。働く人々が生活の不安を抱えている状態では安定的な事業は営めません。

それと根元では共通する問題になりますが、児童数が運営に反映するために経営が不安定になる点を何とかして欲しいとの要望がありました。これはビジネスの世界では自然な現象ではありますが、学童保育は需要があるからと言って簡単に新規参入できるものではありません。現実に待機児童問題が起きており、需要を満足できていません。社会的に不可欠なインフラであり、ユニバーサルサービスであるとして制度設計が必要と感じました。

学童の場所の獲得にも苦労されているとの話がありました。一方で空き家の増加が社会問題になっています。空き家の活用施策の一環として取り組めないかと感じました。

要望の各々に対して桜区支援課からは担当する所管部署が提示されました。所管部署に要望することが直接的との話でしたが、市民の側としては各部署を回ることは大変です。また、各々の要望は学童保育の現場から生まれたものというところに特徴があり、「暗い道に街頭をつけて欲しい」などの個々の要望に切り離して担当部署が検討することが良いかという思いもあります。本来ならば各担当部署の回答を取りまとめて市民に提示する部署が欲しいところです。役所の各部署には各部署の仕事があり、それが難しいならば市議会議員が役割を果たさなければいけないと感じました。

要望ではないのですが、パーティーなど学童保育の様子の写真が回覧され、動画が上映されました。子ども達が楽しそうです。これを見ると学童保育が子ども達の成長に有意義なものであると理解できます。近隣住民の理解が得られず、学童保育所を開設できなかったという話もあり、もっと学童保育の意義を広める必要があります。市の広報などに期待したいですが、市にお任せというだけでなく、そこも市議会議員の役割があるでしょう。

さいたま市桜区と言えば秋ヶ瀬公園

さいたま市桜区と言えば秋ヶ瀬公園です。秋ヶ瀬公園にテントマーケットを作ったらどうでしょう。秋ヶ瀬公園に手ぶらでキャンプやバーベキューができるような市場ができれば便利です。秋ヶ瀬公園でイベントを開催すれば車で出かけることができます。秋ヶ瀬公園で宿泊キャンプや天体観測したいとの声があります。
桜区の人々が楽しみ、儲けられる市場を作り、自立的な経済を回します。
新たに箱物を作るよりも、今あるものを活用します。
情報公開を徹底した上で市民が自由に選択できる、さいたま市桜区にします。自分のことも含め、分かりやすい徹底的な情報公開を進めます。大きな政策よりも密着した政策、身近な政策を提示します。
お役所仕事ではなく、親身に対応する窓口にします。
学校が子どもを守れなかった。家に帰りたくない子どもの駆け込み寺が必要です。
_O9A2830

さいたま市桜区の長所

さいたま市桜区の長所をまとめました。
秋が瀬公園など広大な公園
国指定特別天然記念物の田島ヶ原サクラソウ自生地
荒川総合運動公園などの運動施設
文化施設(プラザウエスト)
廉価な温浴施設(さいたま市桜環境センター)
田園風景
低層建築が多い
バスの主要路線は本数が多い
国立大学(さいたま大学)がある
家賃が比較的安い
近所にスーパーマーケットが存在する
近所にコンビニがある
家電量販店がある
大久保古墳群
土合古墳群
田島の獅子舞
宿の祭ばやし
神田の祭りばやし
鎌倉時代の武将・畠山重忠との縁

松屋西浦和店の、つくね・たれ

西浦和駅前の松屋西浦和店の、つくね・たれです。
つくねは、すりみを団子状に成形したものです。密度があり、食べ応えがあります。つくねは「手でこねて丸める」という意味の動詞「つくねる」に由来します。魚の「つくね」もあります。「つくね」と「つみれ」は肉か魚かの違いではなく、作り方の違いです。「つみれ」は「摘み入れる」という動詞が由来です。すくい取って鍋などに入れます。「つくね」ほど成形されていません。
Tsukune is a Japanese chicken meatball. It coveres with a sweet and salty sauce. These look delicious! I want to eat now. I can't stop eating them. You can make Tsukune also with fish. Traditional Japanese cooking skills always impress me just as much as their recipes.
50856886_2282972431748147_8880168265452617728_n

笑顔あつまれ!さいたまキッズまつり

みんなの未来(あした)を守る会は「笑顔あつまれ!さいたまキッズまつり」に特別協賛します。「笑顔あつまれ!さいたまキッズまつり」は2019年2月24日に埼玉県さいたま市桜区道場のプラザウエストで開催します。子どもたち、ママパパ、じいじもばあばもみんなが笑顔になれるイベントです。親も子どもも自己肯定感が持てる楽しいイベントです。

さいたま市観光大使の村田綾さんに、似顔絵師あらい太朗さんらがイベントを盛り上げます。超ビッグゲストは男性不妊治療から三児のパパとしても大奮闘中のダイアモンド☆ユカイさんです(正しくは☆は六芒星です。U+2721)。これまでの様々な経験を村田綾さんとお話しします。トークショーは子育て中のパパママが「悩みは自分だけではない」「自信が持てる」という気持ちになれるような、子育てのヒントを得られる魅力満載です。

ダイアモンド☆ユカイさんはロックシンガーです。1986年に「RED WARRIORS」のボーカルとしてデビューしました。2016年に「埼玉県こうのとり大使」に就任し、不妊についての理解を広めています。

「笑顔あつまれ!さいたまキッズまつり」では、お悩み相談所も設けます。子育ての悩みや辛さ、厳しさをひとりで抱え込まずに何でも相談できるカウンセラーさんたちが来てくださいます。カウンセラーさんとの出会いのきっかけづくりにご活用ください。

日時:2019年2月24日午前10時開始、4時半終了
会場:プラザウエスト(埼玉県さいたま市桜区道場)
主な内容:
ダイアモンド☆ユカイさんのトークショー
ゆるキャラステージショー
レココスタジオさんのキッズ写真撮影会
さいたま市観光大使あらい太朗さんの似顔絵
プチカウンセリング&ハンドヒーリングセラピー
主催:笑顔あつまれ!さいたまキッズまつり実行委員会(さかした三浩)
特別協賛:みんなの未来(あした)を守る会(林田力)
kids

からやま・さいたま町谷店なんこつ

からやまの軟骨は「やげん」です。「なんこつ(やげん)」と表示されます。胸軟骨が「やげん」、膝軟骨が「げんこつ」です。軟骨はコリコリしていて独特の食感があります。
Nankotsu is chicken cartilage. It tastes like when you bite the crunchy, chewy part. Cartilage contains abundant collagen. Collagen can provide relief from rheumatoid arthritis symptoms.
49735068_2274447482600642_3226963879019937792_n

マミーマート西浦和店のヒレカツと海老カツ

マミーマート西浦和店の「やわらか豚ヒレカツ」と海老カツです。ヒレカツは豚ヒレ肉にパン粉をつけています。サクサクした衣と柔らかなお肉がたまりません。ヒレ肉は脂身が少なくヘルシーです。海老カツは天然海老を使用しています。
マミーマート西浦和店は埼玉県さいたま市桜区道場のスーパーマーケットです。六間道路沿いにあります。六間道路沿いのマミーマート西浦和店は飲食店が幾つかあります。商店街というほどではありませんが、飲食店の集積があります。
49615150_2268498066528917_617091555240443904_n

からやま・さいたま町谷店のカレーから揚げ

からやま・さいたま町谷店のカレーから揚げ、ジューシーもも丸、なんこつ(やげん)です。
からやまは2018年12月17日から「カレーから揚げ」を期間限定で販売します。代々木のcampが監修しました。代々木のcampは野菜を豊富に使った「野菜を食べるカレー」として知られています。その店が唐揚げの監修をすることは不思議です。カレーから揚げを食べるとカレー味が広がります。野菜感はありませんが、普通の唐揚げでは肉ばかりを食べた気になり、お腹いっぱいになりますが、カレーから揚げは、もう少し長く食べられます。
鶏肉に辛さを加える発想は珍しくありません。ケンタッキーフライドチキンのレッドホットチキンやマクドナルドの「ジューシーチキン 赤とうがらし」があります。からやま自身も「赤カリ」を出しました。唐揚げの別バージョンを作るならば、辛いものは最も安直な手法と言えるでしょう。この辛いものでは辛さで舌を麻痺させて、刺激的な感覚をさせた気にするという弊害もあります。素材を味わうことを好む私にとって忌むべきものです。この点、カレー味は上品な辛さとして楽しめます。

Sakura Ward Saitama City Facebook Group

Sakura Ward Saitama City Facebook Group
Hello. We made a public group about Sakura Ward Saitama City in Facebook. We exchange information about Sakura Ward Saitama City. If you are interested in Saitama city, participation is greatly appreciated.
We are thinking to grow this group in a global sense. However, lacking sufficient number of members from different country. Would be really great full if you kindly recommend this group to citizens of your country who can join here.
https://www.facebook.com/groups/saitama.sakuraku/

おもちゃのハローマック商標出願

チヨダは過去に運営していた玩具チェーン「おもちゃのハローマック」のキャラクター「マックライオン」のロゴを2018年12月13日に商標出願しました。「おもちゃのハローマック」復活かと話題になりました。実際は東京おもちゃショーの子ども向けの靴を紹介するブースで使用を検討していると言います(谷本陵「「おもちゃのハローマック」復活? 商標出願でSNS騒然→チヨダに聞くと...」J-CASTニュース2019年1月11日)。
「おもちゃのハローマック」は懐かしいです。さいたま市桜区(当時は浦和市)にも店舗がありました。機動戦士ガンダムBB戦士のプラモデルなどを買いました。「ハローマック」の「ロ」の字が小さいために「パーマック」と読んでいました。
同時期に桜区に「テイク・ワン」という靴屋がありました。これは「イ」が他の文字よりも少し低く見え、「ワ」が「ク」に見えたので、「ティック君」と読んでいました。「テイク・ワン」の看板にはピーナッツみたいな体をしたキャラクターが靴を履いている絵が描かれており、それが「ティック君」というキャラクターだと思っていました。

ダイニングキッチン えんぎがプラザウエストに出張販売

「ダイニングキッチン えんぎ」が2018年12月16日に埼玉県さいたま市桜区道場のプラザウエスト多目的ホールで開催された「まみたんクリスマスフェスタinさいたま」で出張販売しました。鮭おにぎりを食べました。お米が凝縮されていました。おにぎり以外にもカレーや焼きそばを販売しました。
「えんぎ」は桜区田島のおにぎり屋さんです。西浦和駅の近くです。新潟の農家から直送されたお米を使用しています。「寺遊祭(じゆうさい)2018お寺で遊ぼう・学ぼう・笑っちゃおう」にも出店しました。

まみたんクリスマスフェスタinさいたま
http://saitamashi.blog.jp/archives/13604353.html
48388330_2239074132804644_3584260309998632960_n

魚悦浦和大久保店あげぱん

魚悦浦和大久保店では108円均一で様々なパンを販売します。私は揚げパンを買いました。揚げパンは砂糖をまぶしたコッペパンのようなパンです。手がベトベトになります。揚げパンは、小学校の給食の楽しみでした。休みの人がいると、その人の分と合わせて二つ食べたこともありました。今でも揚げパンは自分への御褒美になります。B級グルメ感がある点も良いです。B級グルメには値段と味が比例するという浅ましい拝金主義者には理解できない幸福感があります。
49261874_2253122548066469_8108896107364352000_n
お問い合わせ
記事検索
林に田んぼに力と書いて「はやしだ・りき」。全て小学校一年生で習う漢字です。さいたま市桜区をもっと楽しく面白く。ネットとリアルに明日の約束ができる場を。みんなの未来(あした)を守りたい。マンションだまし売り被害者として、だまし売りのない世界を。『東急不動産だまし売り裁判』著者。土合中、県立浦和高、慶應義塾大学(法)卒。
  • ライブドアブログ