林田力 だまし売りをなくしてSDGsに寄与

『東急不動産だまし売り裁判』著者

マンションだまし売り被害を消費者契約法で解決した裁判闘争を描くノンフィクション『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者。だまし売りをなくすことでSDGsの持続可能な消費に寄与したいと活動しております。
http://www.hayariki.net/
林田力Amazon
https://www.amazon.co.jp/%E6%9E%97%E7%94%B0-%E5%8A%9B/e/B00493GN28
林田力Twitter
https://twitter.com/hayachikara



林田力

中央線の中野駅から三鷹駅

中央線の中野駅から三鷹駅です。線路の北側です。高円寺駅、阿佐ヶ谷駅、荻窪駅、西荻窪駅、吉祥寺駅は通過します。

無電柱革命

小池百合子、松原隆一郎『無電柱革命』(PHP新書、2015年)は無電柱化推進を訴える書籍である。一般に無電柱化の目的は景観とされる。それに加えて防災目的がある。災害時に電柱が倒れて害を及ぼし、さらに復旧の妨げになるという問題である。阪神・淡路大震災の被災者へのアンケートでは、回答者の76%が倒壊した電柱で被害に遭ったとする。
共著者の小池氏は後に東京都知事になり、そこで無電柱化に力を入れる。「私は以前から「無電柱化」に、ずっとこだわってきました。阪神・淡路大震災の時に電柱が倒れることによって救急車や消防車の行く手が阻まれました。そうした問題もあって、私自身は以前から電柱に対して違和感を持っていたんですけれど、これも一気に進めていくようにしたい」(「小池百合子・東京都知事インタビュー(後編)、「金融、バリアフリー、無電柱化で技術革新」」日経xTECH 2018年3月15日)
無電柱化は欧米だけでなく、中国や韓国でも進んでいる。いつの間にか日本は後進国に転落している。これには「電柱を残すことが昭和のロマンがあっていい」という感覚があるのではないだろうか。働き方改革やシェアリングエコノミーが進まないことと共通する問題である。
もっと意味のある無電柱化への批判がある。街路樹を伐採する無電柱化工事への批判である。景観を良くする無電柱化が街路樹を伐採して景観を破壊することは本末転倒に見える。しかし、これは実はあまり噛み合った批判にならない。無電柱化には防災目的があり、それならば全ての箇所で無電柱化を進めるべきという結論になる。「この場所は街路樹が整備されているから、このままでいい」という主張は通しにくい。
建設的な批判をするならば「既存樹木を伐採しない無電柱化」を提言することになるだろう。しかし、これも言葉としては美しいですが、実現性を考えると問題がある。街路樹は残すとなると、道路は掘らない代わりに軒下配線や裏配線が求められる。これは道路脇の土地所有者に新たな負担が生じる。さらに道路脇の民有地の地下に電線を通す案も浮上しかねない。
実は小池百合子政経塾・希望の塾第五回講義では無電柱化が取り上げられた。そこでは無電柱化のために「工事の受容・協力、地上機器受け入れ等も必要に」と指摘された。無電柱化という公共目的のために私権である個々人の土地所有権を制限する考えが出ている。私は、これを最も危惧している。既存樹木を伐採しないことが目的化されると逆に周辺民有地の私権の犠牲を推進することになりかねない問題がある。
無電柱化には電力一家の独占利権を打破する効果があると考える。日本で無電柱化が進まない理由の一つに電力会社や系列企業に無電柱化のインセンティブが働かないことがある。ここでも既得権の打破が必要である。無電柱化は環境以外にも考える要素がある問題である。

『明治大正時代』Amazon Kindle

日本の明治時代と大正時代を描いた作品のレビュー集。
林田力『明治大正時代』Amazon Kindle 2019/7/8
https://www.amazon.co.jp/dp/B07V2ZHBWQ/
#林田力 #Amazon #Kindle #book #アマゾン #キンドル #電子書籍 #review #書評 #歴史 #history
Meiji and Taisho Era
https://www.amazon.com/dp/B07V2ZHBWQ/
#金融 をテーマにした書籍の書評集。
林田力『金融』Amazon Kindle 2019/7/6
https://www.amazon.co.jp/dp/B07TX3MGSF/
Finance
https://www.amazon.com/dp/B07TX3MGSF/
私はゼロ年代にオーマイニュースやPJニュース、ツカサネット新聞、JANJANという市民メディアで市民記者として記事を書いていた。そこで感じたことを中心にまとめた。
林田力『市民メディア』Amazon Kindle 2019/6/29
https://www.amazon.co.jp/dp/B07TPD2PYN/
Citizen Media
https://www.amazon.com/dp/B07TPD2PYN/
刑事事件になった警察不祥事をまとめた。近時の警察不祥事としては埼玉県警巡査が警察官の立場を悪用して遺族から金をだまし取る詐欺パターンが深刻である。
林田力『警察犯罪』Amazon Kindle 2019/6/28
https://www.amazon.co.jp/dp/B07TSXKTNJ/
meiji

ブロックチェーン 相互不信が実現する新しいセキュリティ

岡嶋裕史『ブロックチェーン 相互不信が実現する新しいセキュリティ』(講談社、2019年)は注目の技術ブロックチェーンを解説した書籍である。ブロックチェーンは仮想通貨の基盤技術として大きな話題になったが、より広い分野に適用可能な技術である。
例えば腕時計ブランドがブロックチェーンでデジタル鑑定書を作成する。「紙の鑑定書は偽造の恐れがあるが、ブロックチェーン上に記録された情報は変更や複製が不可能」(「高級腕時計ブランドがブロックチェーン技術で“デジタル鑑定書”」WWD Japan 2019/5/25)
ブロックチェーンの画期的なところは、管理者が存在しない分権型のシステムであることである。参加者全てが同じ方向を向いていなくても、敵同士であっても処理の透明性を確保し、データ改竄を行いにくいDBを実現した。官僚の作った計画通りに動く仕組みの対極になる。
ブロックチェーンには自由を好むインターネットユーザーが注目するだけの理由がある。中心となる管理者がいないということは、村社会を牛耳るドンやボスの支配がなくなることである。社会全体の利益の名目に上下関係や情報格差を強いる根拠がなくなる。
勿論、ブロックチェーンは魔法の杖ではない。本書は、ブロックチェーンは管理者が管理する通常の仕組みと比べて処理効率が悪いとする。そのためにブロックチェーンが社会に浸透する中で、「権力からの独立」という当初の思想とは違う方向に塗り替わっていくだろうと指摘する。
しかし、自律的に調整される市場主義的なシステムは魅力的である。計画経済やケインズ経済は公務員の無能や不正で政府の失敗に陥りがちである。同様に管理者の管理するシステムは一見効率的に見えるが、管理者の無能や不正をマイナス面として織り込まなければならない。
消費者の権利意識が高まった現代は管理者の無能や不正を過去よりも許容しにくくなっている。全体のシステムを回していくために個々人は我慢しろという欺瞞的な論理は通用しにくくなっている。ブロックチェーンの理念は時代の求める核心的なものと考える。

かわぐちかいじ『イーグル 2』

かわぐちかいじ『イーグル 2』は民主党のニューハンプシャー州予備選が描かれる。最有力候補は現職副大統領アルバート・ノアである。クリントン政権のゴア副大統領を連想するキャラクターである。

ヤマオカ議員とノア副大統領の議論は含蓄がある。教育の機会の平等はどこまで確保されなければならないか。日本では機会の平等と結果の平等の対立として議論されがちである。後者に人間味があるとされがちであるが、一番足の遅いところに全員が合わせる昭和の護送船団方式になりかねない。それは集団主義の押し付けで、逆に個性を潰しかねない。

これに対してヤマオカ議員の主張は日本的な結果の平等論ではない。情報を与えるだけでなく、学ぶことで実現する夢を与えなければならないと主張する。夢という言葉は美辞麗句であり、学ぶ意味や目的と言い換えられるだろう。

一方的な情報提供をアリバイ作りにして手続きを進める日本の官僚体質へのアンチテーゼになる。日系人であるが、日本的なマインドとはかけ離れた存在である。それがキャラクターの魅力になる。

『イーグル』大統領選挙

かわぐちかいじ『イーグル』(小学館)はアメリカ合衆国大統領選挙を描く政治漫画。『ビッグコミック』連載作品。表紙にはアメリカの全ての州が英語で書かれている。アメリカ合衆国大統領選挙は公職選挙法で規制されている日本の選挙とは大きく異なる。大統領選挙を描くだけで日本人には新鮮である。

日系人のヤマオカ上院議員は民主党から大統領選挙に名乗りをあげた。有色人種が大統領を目指す点でオバマ大統領誕生の先を行く作品であった。有色人種が大統領候補になることは移民の国アメリカの夢がある。しかし、ヤマオカ議員は共和制貴族というべき名家の娘と結婚したことが大きい。その点では夢がない。オバマ大統領誕生の現実は漫画を超えている。

本作品には視点人物の記者が、実は隠し子であったという家族ドラマがある。これを盛り込むことが良いか悪いかは最後まで読まなければ分からない。家族の愛憎劇で終わってしまったら興醒めである。

候補者への息子の接し方は問題を感じる。スターウォーズでのジェダイ・カウンシルのアナキン・スカイウォーカーへの接し方のようなものである。反発されることは当然である。有力候補を副大統領候補として考えているのでスキャンダルで潰すつもりはないと説明すれば済む話である。目指す方向が共有されていないから反発が生じる。

三田紀房『インベスターZ 2』

三田紀房『インベスターZ 2』は利食いと損切りを学ぶ。損切りは、あらゆる場面で必要なスキルだろう。シリコンバレーではFail Fast, Fail Cheapが合言葉になっている。昭和的な根性論精神論の頑張ります精神の対極である。

学園創業者に関わる人物がラストで登場し、物語が進みそうである。主人公はブランド物の高級品を身につける相手を嘲笑う。無駄なお金の使い方であると。投資漫画は金が全ての価値となる場合もあるが、そのようにはならない健全さがある。価格が品質に比例するという拝金主義の浅ましさはない。

主人公は投資の知識が乏しい。これは作品の中で説明していく以上、当然の設定になる。主人公が知識を持っていたら説明シーンが不自然になる。一方で主人公は言い返しが上手く、頭の良さを感じさせる。とても中学一年生とは思えない。哲学を解説した書籍『ソフィーの世界』のソフィーも優秀だった。解説作品では生徒役のキャラクターが無知であるが、頭は良いという設定になるのだろうか。良い生徒になることも楽ではない。

ハンバーガー

林田力『ハンバーガー』(Amazon Kindle 2019年6月14日)はハンバーガーのグルメレポート。ハンバーガーはパンに肉や野菜を挟んだ料理である。ふわっとしたバンズにジューシーなお肉が挟まれている。パンの代わりに米で挟むライスバーガーという亜種もある。

ハンバーガーは通常、一個食べれば良いところが魅力である。実は一個だけでは物足りなさが残るが、それが良い。飽食は虚しいだけである。夏目漱石『草枕』には「うまいものも食わねば惜しい、少し食えばあきたらぬ。存分食えばあとが不愉快だ」とある。本当に腹いっぱい限界まで食べると後が不愉快になる。古代ローマでは美食を続けるために嘔吐したとされるが、愚の骨頂である。

私の好きな食べ物は寿司とハンバーガーである。寿司とハンバーガーは和食と洋食、高級料理とジャンクフードの対極的な取り合わせに見えるが、実はファーストフードという共通点がある。寿司は江戸時代のファーストフードであった。私は形式的権威的な食事は好まない。

寿司やハンバーガーがファーストフードであることは、ファーストフードの店舗で販売されるということ以上の実質的な意味がある。どちらも炭水化物とタンパク質を同時に食べるものである。主食を食べて、おかずを食べるという処理が一回で済む。それ故に寿司やハンバーガーは本質的にファーストフードになる。

私は一つ一つ片付けるシングルタスクの傾向がある。食事もご飯を食べ終えたら、おかずとなりがちです。寿司やハンバーガーは、これを避けられる。

私はマクドナルドなどハンバーガーチェーンのハンバーガーを食べることが多い。ハンバーガーチェーンに居心地の良さを感じる。コミュニティ重視の発想の対極ですが、顔見知りの常連に特別な気配りをすることは、別の誰かにマイナスのサービスをして成り立っている可能性がある。一見客に敷居があるよりは、誰に対しても同じサービスという機械的平等に心地良さを感じる。

私はコスパの観点からもハンバーガーチェーンを歓迎する。同じ時間を過ごすならば、喫茶店と比べると食事もできる分、ハンバーガーチェーンのコスパが高い。値段と味や品質が比例するという拝金主義の浅ましさを軽蔑する。高かろうが安かろうが、自分が気に入ったものを選択する。戦前戦中の集団主義的な価値観を嫌悪するが、唯一「贅沢は敵だ」は評価する。消費が美徳の昭和の時代は終わっている。

林田力『ハンバーガー』Amazon Kindle 2019/6/14
https://www.amazon.co.jp/dp/B07T2PPMQH/
#Hamburger #グルメ #ハンバーガー
https://www.amazon.com/dp/B07T2PPMQH/
care

ヒトラーとドラッグ 第三帝国における薬物依存

ノーマン・オーラー著、須藤正美訳『ヒトラーとドラッグ 第三帝国における薬物依存』(白水社、2018年)はアドルフ・ヒトラーとナチス・ドイツが薬物に深く依存していたことを暴く歴史ノンフィクションである。ヒトラーとナチス・ドイツの異常性を薬物依存から説明する。危険ドラッグが社会問題になった日本において健全な社会を作る上で重要な視点である。

ヒトラーはホルモン剤、鎮痛剤、覚醒剤など薬物に依存していた。誇大妄想にとりつかれるなど薬物依存症の振る舞いをしていた。薬物中毒が悪化すると、軍事作戦能力が失われ、滅茶苦茶な指示を出すようになる。ドイツ軍が敗北を重ねることは当然である。

覚醒剤は違法薬物であるが、鎮痛剤となると医療として処方されている。そのようなものでも薬物中毒や薬物依存を引き起こす。現代日本では精神科などでの薬漬けが問題視されている。

国家元首が薬物依存であることは国民にとって大きな不幸である。さらに恐ろしいことにナチス・ドイツ自体が薬物に依存する体制であった。ドイツでは労働者の生産性を高めるとしてペルビチンが広く出回っていた。チョコレートにメタンフェタミンが混ぜられ、ダイエット効果があるとして女性に飲まれた。

日本では大麻成分を含むチョコレートやクッキーが密輸される問題が起きている。東京都荒川区で大麻入りチョコレートを食べた男女7人が呼吸困難や手足のしびれを訴えて病院に搬送された(「大麻菓子、密輸後絶たず=海外での合法販売一因-専門家「少量でも悪影響」」時事通信2019年6月8日)。

閑話休題。ドイツ軍は兵士にペルビチンを服用させ戦闘に向かわせた。薬物でハイになった兵士は昼夜を問わず進軍した。それが電撃戦を成功させた。薬物がなければドイツ軍はフランス軍に勝てなかったとまで言っている。ドイツ軍は薬物でドーピングしていたことになる。言わばズルをしたことになる。スポーツならば不正で失格である。これはフランス軍の名誉回復になるだろう。

ナチス・ドイツの異常性を薬物依存で説明する本書はナチス批判の効果的な書籍になる。薬物依存によって妄想的になり、現実を理解できない非理性的な社会になった。ネオナチなどナチス・ドイツを賛美する思想が問題になっているが、その正体を薬物依存症とすることは、これ以上ない強力な反論になる。

日本では暴走族がハーケンクロイツを掲げるなどヤンキーとナチスに親和性がある。それは依存性薬物という共通項があると言えるだろう。また、第二次世界大戦の日本軍もアヘン密売を資金源にし、特攻兵に依存性薬物を投与したとされる。日本の恥の歴史も明らかにされなければならない。

The Suit TOKYU Land Corporation's Fraud

Hi, my name is Hayashida Riki. I am the author of "The Suit TOKYU Land Corporation's Fraud: How to Win." I am the plaintiff who fought against the corporation. I will promote a growing awareness of the Consumer Contract Act, sustainable consumption and SDGs.
I am happy to announce the release of my book. I would like to inform you that my book has published. This book is an actual record of a trial that solved real estate purchase troubles.
TOKYU Land Corporation and TOKYU Livable Inc. are real estate company in Japan. They sold the newly built mansion but deceived me by hiding the disadvantageous facts. They practiced deception on me by hiding the truth. If everything could be painted white, then I would not buy real estate from Them. Boycott TOKYU looks at new and evolving consumer movement and how it is changing the way we live and do business.
Here's a story about the incredible true nature of the horrible TOKYU Land Corp. and TOKYU Livable Inc. who could almost be called "social menace". Don't you think they are almost public nuisances, do you? I hate them more than you will ever know. I cannot forgive them. I think I shouldn't admit them into Business to Consumer (B2C).
This book is designed to help you to protect your assets from fraud. You can master the key security practices that are required to combat fraud efficiently. I hope my book helps to keep you up to date about the topics and services that are important to your business.
My book is greeted with excitement by consumers. Do not be shy, come and choose my book. Make sure you don't miss out! I am very pleased by the positive response it has received. Thanks so much for thinking of my book. It was so nice to hear from you.
Let me start by introducing myself. I am a Japanese. Hayashida means forest and rice field and Riki means power in Japanese. I was born in a hospital in Nakano City, Tokyo and grew up in Urawa City, Saitama Prefecture. Urawa is now in Saitama City. Please enter my name or "HAYARIKI" in any search engine if you do not know about me. Have a nice day!


三田紀房『インベスターZ』

三田紀房『インベスターZ』は投資漫画。『モーニング』連載作品。北海道の中高一貫の名門校に入学した主人公が投資部に強制的に入部させられ、投資を始める。この学校は授業料が無料である。学校の運営資金は投資部の運用で得ていた。投資の仕組みを教える作品であり、説明的な記述が長い。経済教育になる作品である。

主人公は現物株式に投資する。自分が良いと思っているゲーム会社の株式を購入する。これは健全である。地に足がついている。価値を提供する企業に投資する。投機ではない。

主人公は株式投資でビキナーズラックを経験する。しかし、売却時期を逸して塩漬けになりかねない状態に陥る。投資は出口戦略が求められる。この点では売りにくい不動産は投資に不向きと言える。

お金の歴史が説明される。金は人なり、人は金なり。金はコミュニケーションツールとする。金を介せば初対面の人とも信頼関係を築けるためである。金を重視した主張であるが、拝金主義の浅ましさとは異なる。表向き金を重視しない立場の方が実は問題があることがある。対面コミュニケーション重視で調子の良いことを言うが、アウトプットを出さない、だまし売り体質よりは真っ当である。

三田紀房『インベスターZ 5』

三田紀房『インベスターZ 5』は選択と集中が論じられる。あれもこれもではなく、あれかこれかである。右肩上がりの昭和の高度経済成長の感覚に固執すると失敗する。やらないという選択が重要である。

さらにバブル経済が警告される。自分が良いと思うものに投資することは良いが、皆が同じ方向を向いて殺到するとバブル経済となり、破裂する。

この巻も財前孝史らの話とインベスターPの話が並行して進む。財前のターンはタイムスリップまで起きており、ますます現実離れしている。女性の活躍を考えるインベスターPの方が現実的である。

財前の曽祖父は数学の天才という触れ込みである。同じ作者の『アルキメデスの大戦』も数学の天才の話であった。数学の天才が数学とは別の分野で活躍する点で共通する。著者は数学の天才が好きなのだろうか。

しかし、数学の天才というだけでは凄さを説明できない。本書ではオランダのチューリップバブルを持ち出して、バブルの破裂を警告する。これは歴史の素養である。『アルキメデスの大戦』でも歴史の教訓を語っていた。数学の天才というだけでなく、文系の素養が重要ではないか。
お問い合わせ