林田力@さいたま市桜区ブログ

さいたま市桜区をもっと楽しく面白く。

Category: グルメ

BECK'S COFFEE SHOP(ベックスコーヒーショップ)西浦和店で四種のベリーケーキを食べました。パンケーキの上にクリームが乗っています。クリームにはジャムがかけられています。皿にはベリーが載せられており、果実感が溢れています。甘酸っぱさがあります。甘さは控えめで、酸っぱさがアクセントになっています。
西浦和店は埼玉県さいたま市桜区田島にあります。JR東日本・武蔵野線の西浦和駅の改札を出てすぐの場所です。BECK'S COFFEE SHOPはジェイアール東日本フードビジネス株式会社がJR東日本の首都圏の駅に展開しています。
43388457_2139007872811271_5635515945876193280_n

からやま・さいたま町谷店で生姜からあげを食べました。持ち帰り(はかり売り)で400gです。生姜からあげは秋の期間限定メニューです。2018年9月21日から2ヶ月程度の販売です。「カリッともも」 に「生姜からあげ」を盛り合せた「合盛り定食」も販売します。
「伝説のからあげ! からあげ 縁 YUKARI」特製の漬け込みダレと国産生おろし生姜を漬け込みました。食べると生姜を強く感じます。生姜は生薬としても摂取される植物であり、免疫力が高まりそうです。生姜には体を温める効果もあります。「からやま」の唐揚げは食べると肉汁が飛び散る熱々です。「生姜からあげ」は熱さを一層感じます。
鶏肉は省資源です。穀物を肉に転換する効率は牛肉と比べると高いです。「高級なお肉より安いお肉の方が好き」という言葉には実感がこもっています。空腹と共に心も満たしてくれる料理は値段では決められません。「至高のパンを作る必要はない。安くてもみんながおいしいと言ってくれるパンを作ればいい。」(甘蜜柑『銀河英雄伝説 エル・ファシルの逃亡者(新版)』「第115話:人が足りない」)

食彩厨房いちげん武蔵浦和店は埼玉県さいたま市南区沼影の居酒屋です。武蔵浦和駅から田島通り(埼玉県道213号曲本さいたま線)を西側に進み、武蔵浦和駅西口交差点の先です。店名や装いは和風ですが、料理は和洋中を揃えています。ピザなどファミリーレストラン的なものもあります。店内は広く、大勢で行っても大丈夫です。ファジー・ネーブルは甘くてジュースのように飲めました。
食彩厨房いちげんは株式会社一源が運営する居酒屋のチェーン店です。清潔な店舗と明るい店内が特徴です。ラーメンチェーンの風風ラーメンとコンセプトが似ています。変に玄人ぶるのではなく、コンビニやファミレス的な気楽さが支持されるのでしょう。
42704316_2124791750899550_1169966468868079616_n

さいたま共済会館1階のレストランウィズでアップルタルトを食べました。長方形のパイの上にリンゴがあります。クリームは別についています。私はタルトとクリームを別々に食べました。これによって各々の素材を味わいました。
さいたま共済会館は埼玉県さいたま市浦和区にあります。浦和駅西口から県庁通りを進み、左折したところにあります。ランチタイムは11時から14時までです。それ以外の時間はデザートとドリンクを提供します。
41709754_2108285389216853_2836879465840115712_n

風風ラーメン浦和道場店の釜玉うどんの動画が「飯テロ!!激ウマ【ラーメン】動画まとめ!!」に転載されました。「飯テロ!!激ウマ【ラーメン】動画まとめ!!」は見たら必ず食べたくなる飯テロラーメン動画を紹介しています。有名ラーメンチェーン店を中心とした激ウマラーメンを紹介します。
http://myonlytube.work/ramentube/2018/08/03/%E9%A2%A8%E9%A2%A8%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%83%B3%E6%B5%A6%E5%92%8C%E9%81%93%E5%A0%B4%E5%BA%97%E3%81%AE%E9%87%9C%E7%8E%89%E3%81%86%E3%81%A9%E3%82%93/

鶏陣ビーンズ武蔵浦和店で軟骨などの焼き鳥の軟骨や皮の塩を食べました。焼き鳥は、おかずにもおやつにもなります。
私は塩かタレかで言えば塩派です。素材を味わうことが好きなためです。塩の方が部位の味が分かります。逆に下手な店はタレで味付けをごまかすところもあります。素材を味わうことが好きなため、七味唐辛子や山椒をかけることも少ないです。べとつかない点も塩を好みます。
塩の方がヘルシーとの指摘があります。「実は塩分量はタレの方が上で、しかもカロリーも多い。その差は20キロカロリー以上にもなります」(柴田真希「焼き鳥屋で食べるなら「塩」か「タレ」か」2016年12月12日)
鶏陣ビーンズ武蔵浦和店は埼玉県さいたま市南区別所のJR東日本・武蔵浦和駅構内ビーンズ武蔵浦和内にあります。持ち帰りの焼き鳥店です。焼き鳥は1本単位で販売しています。唐揚げなどの惣菜も販売しています。唐揚げは1個単位で販売しています。惣菜は夜に行くと割引していることがあります。
40814646_2097191763659549_1073383761166467072_n

ジョナサン大宮東町店で酸辣湯麺とサラダを食べました。ジョナサン大宮東町店は埼玉県さいたま市大宮区東町にあります。大宮駅東口から埼玉県道214号新方須賀さいたま線を東に進みます。
酸辣湯麺(スーラータンメン)は酸辣湯というスープに麺を入れます。サンラータンメンとも呼ばれます。酸辣湯は酸っぱくて辛いスープという意味です。酸っぱさはありますが、辛さよりも旨味の凝縮したとろみがあり、まろやかなスープです。
安直な中華料理は、刺激的な辛さでごまかす傾向がありますが、これは味で勝負しています。麺はちゃんぽん麺のような性質で、ちゃんぽん麺よりは細いです。ボトルの酢が提供されるので、もっと酸味を求める人はかけることができます。リーズナブルに酸辣湯麺を楽しめました。

かつや・さいたま町谷店で2018年8月17日(金)から23日(木)までの一週間、感謝祭セールが開催されます。カツ丼(竹)とロースカツ定食が150円引きになります。「ロースカツ定食」が税込583円、「ヒレカツ定食」が税込540円です。
かつやは豚カツのチェーン店です。吉野家のような牛丼チェーンと比べて価格は高いですが、ボリュームある食事ができる点が特徴です。豚カツを単品で販売していることも特徴です。豚カツだけ食べたいという需要を満たします。かつやは吉野家を意識していますが、むしろステーキだけをリーズナブルに食べたいという需要を満たすペッパーフードサービスと重なるように思います。
さいたま町谷店は埼玉県さいたま市桜区西堀の大宮バイパス沿いにあります。反対側には同じ企業の運営する唐揚げ専門のフランチャイズからやま町谷店があります。
私はメンチカツ弁当とヒレカツを食べました。メンチカツは豚肉の挽肉にタマネギのみじん切りなどを混ぜて練り合わせ、衣をつけて油で揚げたものです。ヒレカツはヒレ肉を用いた豚カツです。

からやま・さいたま町谷店で大判唐揚げと手羽先を食べました。手羽先は表面はカリッとしていて、中はジューシーです。からやまの唐揚げは、何もつけず、そのまま食べて美味しいです。
からやまの唐揚げは衣の割合が小さく、肉が多いと感じます。だからリーズナブルな価格で肉をいっぱい食べたい人の満足感は高いです。値段と味が比例するという浅ましい拝金主義の逆です。
鶏肉には飽きない魅力があります。定期的に食べたくなります。鶏肉は牛肉や豚肉に比べて消化に良いとされます。コレステロールや脂肪分が少なく健康に良いとされます。糖質も多くありません。牛肉や豚肉と比べて重たくなく、手軽な感覚があるところが良いのでしょう。
37937634_1932148673508665_4378069441389264896_n

「おにぎりカフェ えんぎ」さんが「寺遊祭2018お寺で遊ぼう・学ぼう・笑っちゃおう」に出店します。
西浦和にあるおにぎり&カフェのお店です。おにぎり、かき氷、冷たい飲み物を販売します。
【販売予定】
★おにぎり★しゃけ、うめおかか、塩昆布
★かき氷★いちご、レモン、ブルーハワイ、抹茶
★飲み物★ウーロン茶、コーラ、ジンジャエール、オレンジジュース、アクエリアス
夫婦経営のおにぎりカフェです。さいたま市桜区の西浦和で2017年10月にオープンしました。こだわりのお米は、新潟産こしひかりを使用しています。店内では、おにぎりランチ(おにぎり2つ、おかず1品、お味噌汁、漬物、サラダ)と、どんぶりランチ、また店頭では、お持ち帰りのおにぎりを販売しております。会社様にどんぶりの配達をしたり、地域の方におにぎりセットなどの配達もしています。
http://www.hayariki.net/jiyusai/
onigiri

風風ラーメン浦和道場店で味噌バターコーンラーメンを食べました。味噌ラーメンにバターコーンのトッピングです。バターコンラーメンと言えば濃厚なスープを好む向きもありますが、こちらはさっぱりしています。そのために食後は胃もたれしません。
37671810_1916374128419453_1957335150769471488_n

からやま・さいたま町谷店で「ジューシーもも丸」と「赤カリ」「カリッともも」を食べました。「ジューシーもも丸」と「赤カリ」「カリッともも」「極ダレ」などの唐揚げを100グラム単位のグラム売りで販売しています。大判唐揚げなどは1枚毎に販売しています。
私は「ジューシーもも丸」が一番好きです。「ジューシーもも丸」は噛むと肉汁が飛び散ります。レギュラーメニューが美味しいことは飲食店として健全です。期間限定メニューで客を集めるキャンペーンは多いですが、レギュラーメニューが美味しいならば定期的に来たくなります。
「赤カリ」は辛さをセールスポイントとした期間限定の唐揚げです。唐辛子をボリッと食べているような辛さがあります。ケンタッキーフライドチキン(KFC)のレッドホットチキンやマクドナルドのスパイシーチキンマックナゲットと、どこもチキンを辛くする特別メニューが流行っています。それらと比べて「赤カリ」は辛いです。唐辛子そのものの辛さであり、化学的に辛い味を出しているというよりも素材の辛さです。
テイクアウトで唐揚げを単品として販売していることが魅力です。ショーウインドーにから揚げが積まれている。これを見ると購買意欲が高まります。但し、コンビニのように注文したら、すぐにショーウインドーから取り出して袋に詰めるのではなく、時間がかかります。唐揚げの入った袋は密封せず、開けたままで出されます。
37668069_1918142081575991_703397780592263168_n

↑このページのトップヘ