林田力@さいたま市桜区ブログ

さいたま市桜区をもっと楽しく面白く。

Category: 情報公開さいたま

埼玉県警の公安2課課長補佐の男性警部(57)がプールで女子高生を盗撮し、書類送検された。警部は2010年8月2日正午頃、川口市西青木の青木町公園総合運動場プールで国体の水泳県予選に参加していた女子高校生2人の尻部分を2階の観覧席からビデオカメラで盗撮した疑い。ビデオカメラは県警の備品で、警部は撮影が業務と無関係だったと認めているという(「埼玉県警 警部が水泳大会を無断撮影 勤務中、ビデオカメラで 埼玉県警」時事通信2010年8月3日)。

埼玉県警は2010年11月12日、県迷惑行為防止条例違反などの容疑で、警部を書類送検するとともに、減給100分の10(3カ月)の懲戒処分とした。警部は同日付で依願退職した。盗撮警部が公安2課課長補佐のために「公安が女子高生を監視」と報道された(「公安が女子高生を監視?水着盗撮容疑で埼玉県警警部を書類送検」MSN産経ニュース2010年8月3日)。

埼玉県警では警察官によるプール盗撮事件が繰り返されている。蕨警察署の巡査部長(43)は2018年5月27日に東京都あきる野市の遊園地「東京サマーランド」で水着姿の女性監視員をカメラで撮影したとして、東京都迷惑防止条例違反容疑で逮捕された。

公安2課課長補佐の男性警部は「若い女性の水着姿に興味があった。これまでにも何回かプールで盗撮した」と話しているという(「女子高生盗撮の警部を書類送検 勤務中、備品カメラで 埼玉県警」時事通信2010年11月12日)。欲望を抑えられない供述をしている点と性犯罪を繰り返す点は、佐賀県警巡査の中学生強制わいせつ事件と重なる。

佐賀県警鹿島署の男性巡査(23)=杵島郡江北町山口=は佐賀県杵島郡内で女子中学生の体を触ったとして強制わいせつ容疑で2018年8月29日に逮捕された。巡査は8月10日に女子中学生に声を掛け、胸を触ったとしている。

巡査は8月2日午後0時50分頃から1時頃までの間にも、杵島郡内の路上で、それぞれ1人で自転車で通行していた女子高校生計3人に車で近づき、車内から中学校の場所を尋ねるふりをして声を掛けた。うち2人に「胸を触らせてほしい」と言い、残り1人は車の窓越しに胸を触った。

県警は中学生に対する容疑で巡査を8月29日に逮捕、30日に送検し、佐賀地裁が31日に釈放を認めた。高校生3人に対するわいせつな行為や言動については、9月11日に県迷惑防止条例違反容疑で追送検した。元巡査は逮捕時に「そのようなことはしていない」と否認したが、その後に認め「若い女性の胸を触りたかった」などと話しているという。

佐賀県警は2018年9月20日、他にも女子高校生に対するわいせつな行為などがあったと発表し、同日付で停職6カ月の懲戒処分にした。巡査は同日付で依願退職した(「中学生に強制わいせつで逮捕の巡査、停職6カ月 佐賀県警処分 女子高生にわいせつ行為も」佐賀新聞2018年9月21日)。相変わらず警察は身内に甘い。保身に走っている。

埼玉県警岩槻署の男性警部補は2010年2月から2014年6月にかけ、「捜査に必要」と偽り、知人女性の個人情報を照会するための書類を携帯電話会社などに提出した。公用端末での不正照会を含め、計10人66件の個人情報を不正取得した。警察組織の中に不心得者がいるというレベルではない。むしろ警察官の職権を濫用した計画的な不正取得である。

問題は個人情報の不正取得が埼玉県警のレベルでは是正されないことである。不正取得の発覚は警部補が2014年11月に都内で酒気帯び運転による物損事故を起こしたことがきっかけである。事故の際に車内から不正照会した書類が発見された。埼玉県警は2015年1月23日付で虚偽有印公文書作成・同行使容疑でさいたま地検に書類送検した。

警察官の職権を濫用した個人情報の不正取得は更なる犯罪を生む。埼玉県警川口署地域課の巡査は公用端末で不正に取得した女性の住宅に侵入したとして、住居侵入の現行犯で逮捕された。現金約3万円などを盗んだとして同罪と窃盗罪で2015年1月2日に起訴された(「個人情報不正照会、住居侵入、捜査書類偽造… 埼玉県警、2人免職、1人停職」産経新聞2015年1月24日)。恥も外聞も知らないのかと嫌らしさにゾッと総毛立つ。

熊谷殺害事件の遺族が2018年9月14日、埼玉県警が不審者情報を適切に周辺住民に提供しなかったことで妻と娘2人が犠牲になったとして、埼玉県に約6400万円の損害賠償を求める訴訟をさいたま地裁に起こした。遺族は「3年経った今も、事件当時の出来事やこれまで家族と過ごした日々を思い出す。1日を過ごすのが辛い。これからも事件を風化させたくはない」と話す(「熊谷6人殺害事件から3年 遺族の男性「事件を風化させたくない」/埼玉県」テレビ埼玉2018年9月16日)。

埼玉県警はメンツを優先して住民に教えなかった。埼玉県警が防災無線や防災メール、パトカー拡声器で対応していれば起らなかっただろう。警察不祥事に際してのコメントは、お決まりの遺憾である。「大変申し訳なく、責任を感じております」と言えないのか。

警察の情報提供の遅れは和歌山県警巡査の拳銃紛失にも見られる。和歌山県警の警備部機動隊の20代の男性巡査が2018年9月14日、和歌山市内を走行中の警察車両から実弾入りの自動式拳銃1丁を路上に落とした。安倍晋三首相らが移動する際の車列を警備中だった。

警察不祥事は問題そのものに加え、隠蔽体質や発表の遅れも問題になる。この事件も同じである。和歌山県警は翌15日午前2時半に記者発表し、公表の遅れを認めて謝罪した(「首相車列警備で拳銃落とす 和歌山県警、公表遅れ認め謝罪」共同通信2018年9月15日)。近くで金物屋を営む男性は朝にニュースを見るまで、状況を知らなかった。「恐ろしい。知らせるのが遅すぎだ」と憤る(「「まさか拳銃とは」住民驚き 和歌山県警発表は6時間後」産経WEST 2018年9月15日)。

警察不祥事や拳銃の問題が相次いでいる(「和歌山の拳銃紛失「拾った住民が善人でなかったら…」 警察、不祥事相次ぐ」産経新聞2018年9月15日)。画一的な拳銃配備に無理が出ているのではないか。

さいたま市議会議員選挙で選挙運動用ビラの頒布ができるようになりました。2019年3月1日以降に選挙期日を告示される市議会議員選挙からです。
ビラは長さ29.7センチメートル、幅21センチメートル(A4判)以内のものを2種類まで頒布することができます。表面には頒布責任者及び印刷者の住所、氏名を記載する必要があります。市長選挙では70,000枚、市議会議員選挙では8,000枚を、選挙管理委員会が交付する証紙を貼付して頒布することができます。頒布の方法は新聞折込み、選挙事務所内、個人演説会の会場内又は街頭演説の場所で頒布する方法に限られ、各戸にポスティングすることはできません。
選挙運動用通常葉書は市長選挙では35,000枚、市議会議員選挙では4,000枚頒布することができます。「選挙用」である旨の表示がされた葉書です。
新聞広告は候補者の負担により、選挙運動期間中2回まで、新聞に広告を掲載することができます。1回のスペースは横9.6センチメートル、縦2段組以内で、場所は記事下に限られます。色刷りは認められておりません。

埼玉県警機動隊「水難救助隊」の新人隊員・佐々木俊一巡査(享年26)が2012年6月29日に朝霞市の機動隊のプールで潜水「訓練」中に溺死した。「水深3メートルのプールの底まで繰り返し力ずくで沈め、動かなくなると引き上げて放置する。殺人、または拷問死というほかない残虐な事件が埼玉県警で起きた」(三宅勝久「裁かれる埼玉県警機動隊の“殺人訓練”――何度もプールに沈め溺死に」週刊金曜日2015年7月24日号)。
http://blog.livedoor.jp/hayariki2/archives/2089092.html
警察組織のパワハラ体質は批判されるが、その中でもブラックなパワハラである。パワハラと書くと「パワハラじゃなくて殺人」との反論があるかもしれない。殺人との評価を否定するつもりはないが、「パワハラではない」とする論理にはパワハラを軽いものとする発想が感じられる。パワハラで自殺が起きている。「パワハラかつ殺人」と表現できる。

埼玉県警は体力や呼吸状態を確認するなどの安全管理を怠ったとして、訓練の責任者だった51歳の警部や、指導員だった35歳の警部補など警察官6人を、業務上過失致死の疑いで2013年1月17日に書類送検した。上司を含む11人を停職や減給、戒告などの処分にした(「訓練中溺死 指導警察官を送検」NHK埼玉2013年1月17日)。

「埼玉県警は「私的制裁ではない。あくまで訓練だった」と強弁、さいたま地検も、警察の肩を持つかのように、末端の隊員一人を業務上過失致死罪で在宅起訴しただけで幕引きを試みた」(三宅勝久「「息子は警察に殺された」埼玉県警水難救助部隊の“殺人訓練”、息継ぎさせず繰り返し沈め溺死」MyNewsJapan 2015年8月7日)。取り締まる側が罪を犯した場合、この程度で有耶無耶にするのか。

業務上過失致死罪で起訴された巡査は無罪を主張したが、さいたま地裁での2016年6月6日の第3回公判で一転して起訴内容を認めた。「(佐々木さんの)パニック状態を見落としたことが事故の原因だった」と認めた(「機動隊水死公判 巡査「パニック状態を見落とす」 一転、起訴内容認める」東京新聞2016年6月7日)。

さいたま地裁(栗原正史裁判長)は2016年9月7日、業務上過失致死罪に問われた県警巡査に禁錮1年6月、執行猶予3年(求刑・禁錮1年6月)の有罪判決を言い渡した。栗原裁判長は「(佐々木巡査に)息継ぎの余裕を与えず、繰り返し水に沈めた過失の程度は重い」と述べた(「機動隊員水死 訓練の33歳巡査に有罪判決 さいたま地裁」毎日新聞2016年9月7日)。

弁護側は「責任は被告だけでなく、適切な救命措置を施さなかった部隊全体にもある」と主張していた(「機動隊員水死で巡査有罪 指導の過失認める」産経新聞2016年9月7日)。「Yahoo!知恵袋」では警察が一番恐れる言葉は「責任」と指摘された。誰も自己の責任を認めようとしない。佐々木さんの母親の千春さんは「殺されたと思っている。無念です」と語る(「県警訓練中に水死 被告の巡査は無罪主張 遺族「殺された」」東京新聞2016年6月2日)。

東急不動産だまし売り裁判などのマンション消費者問題と警察不祥事には共通点を感じる。多くの消費者にとって不動産は一生に一度あるかないかの買い物のため、不心得な建築不動産業者はリピーター獲得のために顧客から継続的に選ばれる企業努力をしない方が得と考えてしまう。そのために東急不動産だまし売りのように売ったら売りっぱなしになる。親方日の丸の警察組織に市場競争がないことは言うまでもない。どちらも外部の目にさらされていないことが問題であり、情報公開が改革の一丁目一番地になる。

「息子は警察に殺された」埼玉県警水難救助部隊の“殺人訓練”、息継ぎさせず繰り返し沈め溺死
http://www.mynewsjapan.com/reports/2184
水難救助訓練中の機動隊員水死、の刑事裁判で指導役の警官・被告「死んだふりと思い静観」と供述。埼玉県警
https://blog.goo.ne.jp/jp280/e/b53b3f9fd5d39f06110269c620a4b83e
訓練中の機動隊員水死、埼玉県警幹部ら6人書類送検。訓練を中断しようとした隊員を水の中に押し戻して
https://blog.goo.ne.jp/jp280/e/dc8d6c2acccfb92b211ab889a491e009


























渋谷で2018年9月7日に情報交換会に参加しました。私は「寺遊祭(じゆうさい)2018お寺で遊ぼう・学ぼう・笑っちゃおう」と「聞いてよ市長!さいたま市民政策プレゼンテーション」の取り組みを紹介しました。
お寺は逆に若年層には新しく感じるとの意見が寄せられました。寺院は元々、炊き出しなどの活動をしており、担い手として適しているとの意見もありました。寺遊祭では「こどもヨガ」をしましたが、他のお寺でもヨガをしているという話がありました。ミラーボールを設置した前衛的なヨガで、外国人観光客がcoolと称賛しているとのことです。「みんなの未来(あした)を守る会」は自殺0を掲げていますが、悩み0、貧困0と0祭りの提言がありました。
データの分析では小中高校生の置かれた状況の深刻さが浮かび上がりました。小中高校でいじめがあり、大学でいじめがない理由はクラスという同じ空間に過ごす必要がないためです。このために嫌になったら止められる場所が必要と指摘されました。悩みの相談は意外と親しい人ではなく、塾講師などにする傾向があります。これも嫌ならば止められるためです。
「みんなの未来(あした)を守る会」は埼玉県さいたま市桜区の公園や体育施設を活用した秋ヶ瀬スポーツアカデミーパークも提言しています。ここは頑張るスポーツや上を目指すスポーツだけでなく、ゆるく楽しむスポーツの場としても考えています。学校とは別の場を作ることは、子ども達の心の健康にもなります。

秋ヶ瀬スポーツアカデミーパーク
http://minnanoashita.blog.jp/archives/11759997.html

さいたま市桜区民から危険ドラッグ(脱法ハーブ)の蔓延が不安との話を聞きました。私達の住む大切な地域で危険ドラッグが蔓延することは許せません。危険ドラッグ犯罪の知られざる実態を明らかにする必要があります。危険ドラッグ犯罪に対して、じっとしていることなどできません。危険ドラッグにNOです。
危険ドラッグの害悪は限度を超えています。危険ドラッグは酩酊状態や強い依存性をもたらします。長期の使用によって遺伝子を傷つけて生殖異常を引き起こします。禁断症状を示して暴れだすこともあります。危険ドラッグは味覚を壊します。美味しい料理を食べても、その価値に気付かなくなります。危険ドラッグは利器になりません。
危険ドラッグの問題は住宅などでも製造可能なことです。実際、危険ドラッグ福井事件ではアパートで密造されていました(「危険ドラッグ密造で実刑判決」NHK福井放送2015年7月8日)。危険ドラッグは多くの犯罪組織にとって非常に好都合な収入源となっています。あからさまな反社会的行為は看過できません。
危険ドラッグ業者の業の深さには戦慄します。危険ドラッグは不潔な営みです。危険ドラッグ業者には酷く汚ならしいという印象があります。おぞましい欲望の捌け口にしようとした事実は、許されるものではありません。危険ドラッグは風俗を乱します。危険ドラッグは家計簿を壊します。危険ドラッグ売人を放置していると日本が性欲と金銭欲だけの変な国になってしまいます。
危険ドラッグ売人は人間がどこまで卑しくなれるかの見本です。危険ドラッグ売人は汚名を返上する前に、汚名を刻みつけることが必要です。「もし自分が危険ドラッグ売人のようになってしまったら、その後生きていくのが辛いだろうな」と考えずにはいられません。危険ドラッグ売人の人生は、かなり不自然なものだったのではないでしょうか。心が泥水で洗われるような人生でしょうか。一体、何を間違えたのでしょう。

さいたま市桜区民の生活の中の困り事として迷惑勧誘電話の話を聞きました。自宅固定電話には電話・インターネット回線の迷惑勧誘電話がかかってきます。勤務先にはマンション投資の迷惑勧誘電話がかかってきます。電話・インターネット回線とマンション投資が迷惑勧誘電話の悪しき双璧です。
どちらも勧誘であることを最初に言わない点で悪質です。電話料金やインターネット料金が安くなる、節税になるなどという話をします。
また、どちらも相手を知らずに電話番号だけでかけていることが多いです。電話を続けることで消費者から個人情報を引き出していきます。それ故に住所などの情報を話してはいけません。
消費者センターなどに相談することは有効です。会社名や担当社名を聞き出して下さい。NTTやauなど大手通信会社を騙ることがあります。代理店ではないか確認して下さい。
相談すると動かない場合でも、事例として蓄積されます。Google裁判では消費者センターに事例があることで、詐欺との検索結果が相当程度真実であるとされました。

さいたま市議会の会派には以下があります。
立憲・国民・無所属の会さいたま市議団
自由民主党さいたま市議会議員団
公明党さいたま市議会議員団
自由民主党真政さいたま市議団
自民党真政
日本共産党さいたま市議会議員団

さいたま市議会には、市政に対する要望などを陳情や請願として文書で提出することができます。陳情は陳情文書表に掲載され、議場での配付をもって、議会に報告されます。陳情が議決されない点は東京都の江東区議会などと相違します。

請願は常任委員会などで審査され、本会議で「採択」「不採択」などが議決されます。採択される割合は低いです。平成30年6月定例会では「さいたま市における同性パートナー等の「パートナーシップの公的認証」に関する請願」が採択されました。採択された請願は、議会が市長などに送付し、その実現を要請します。

請願は市政への要望が基本ですが、国に対して意見書を提出することを求める請願も可能です。これは地方自治法第99条「普通地方公共団体の議会は、当該普通地方公共団体の公益に関する事件につき意見書を国会又は関係行政庁に提出することができる」を根拠としています。平成29年6月定例会では以下の意見書提出を求める請願が審議されました。

「農業者戸別所得補償制度」の復活を求める意見書を国に提出することを求める請願:不採択
組織犯罪防止法改正案を廃案にするよう国へ意見書を提出することを求める請願:取り下げ
専決処分の制度改善の意見書を国に求める請願:不採択

「専決処分の制度改善の意見書を国に求める請願」はタイトルだけでは趣旨が分かりません。これは首長の権限を抑える立場から、地方自治法第179条の専決処分の要件を厳格にすることを求めたものです。「普通地方公共団体の長において議会の議決すべき事件について特に緊急を要するため議会を招集する時間的余裕がないことが明らかであると認めるとき」という非常事態以外の規定を削除または改善を求めています。

意見書提出は議員提出議案として出すこともできます。平成30年6月定例会では議員提出議案として以下の意見書を原案可決しました。
「ヘルプマークの更なる普及の促進を求める意見書」
「旧優生保護法に基づく不妊手術を受けた被害者の救済を求める意見書」
「日本年金機構の情報セキュリティ対策の見直しを求める意見書」

平成29年度さいたま市民意識調査で桜区は、さいたま市民が居住区以外でよく行く場所で僅か5.8%です。これは区の中で最下位です(平成29年度さいたま市民意識調査、在住者意識調査8頁)。ブービーの岩槻区は6.0%、1位の大宮区は44%です。サクラ草に由来する桜区としては悲しい事態です。桜区の魅力発信が必要です。

桜区は長期居住者の割合が高いです(平成29年度さいたま市民意識調査、在住者意識調査11頁)。但し、市全体の割合との差異はありません。
短期居住者(5年未満)16.9%(市全体17.5%)
中期居住者(20年未満)33.8%(市全体33.0%)
長期居住者(20年以上)48.8%(市全体48.4%)

平成29年度さいたま市民意識調査で桜区のイメージは「ふだんの買い物に不自由しない」がスコア1.15で最も高い結果になりました(在住者意識調査44頁)。次いで「自然災害による被害が少ない」(1.04)、「身近に緑や自然がある」(1.03)の順であした。
買い物の利便性は、個別のヒアリングでは買い物難民の不満を聞くことがあり、意外でした。利便性カテゴリの他の選択肢が「電車の便がよい」「バスの便がよい」などのため、相対的に良いという選択かもしれません。また、車で行くには不自由しないということで、自動車保有者か否かで差があるところかもしれません。
不満が高いものは以下になります。
「楽しみにしている地域のイベントがある」スコア-0.72
「人に勧められる名所や名物がある」スコア-0.64
「安全に通れる道路が多い」スコア-0.29
サクラソウ自生地や秋が瀬公園、サイデン化学アリーナなど公園や施設はあるのに活かされていない実態が浮かび上がります。
桜区の発展の方向性は、「安全に通れる道路が多い」(20.6%)が最も高いものです。次いで「バスの便がよい」(19.4%)、「電車の便がよい」(17.5%)、「医療機関を利用しやすい」(15.6%)の順でした(在住者意識調査45頁)。交通問題が切実です。

桜区は施策や事業の満足度の「不満」は以下の順でした(在住者意識調査85頁)。
道路・輸送30.0
市街地整備23.1
高齢者福祉20.6
生活環境17.5
地域医療17.5
子育て支援16.9
バリアフリー16.9

今後力を入れて欲しい施策は以下の順でした(在住者意識調査89頁)。
高齢者福祉62.5
道路・輸送49.4
自然環境47.5
事故・防犯46.9
生活環境45.0
子育て支援45.0

↑このページのトップヘ