林田力@さいたま市桜区ブログ

さいたま市桜区をもっと楽しく面白く。

Category: 大宮区

グラミン日本セミナーin埼玉
~生活困窮者の自立を支援するマイクロファイナンス~
バングラディシュで生まれ世界で成功した、生活困窮者自立のためのマイクロファイナンス、「グラミン銀行」。
貧困・生活困窮者に無担保で融資し、ほとんど貸し倒れのない実績を上げ、貧困層の自立を支援しました。
その功績が認められ、同行を設立したムハマド・ユヌス博士は2006年にノーベル平和賞を受賞しています。
本年9月、このグラミン銀行の日本機関である「グラミン日本」が設立されました。
埼玉県はグラミン日本とともに、埼玉りそな銀行の会場協力のもとで来たる12月3(月)日、グラミンの取組を紹介するセミナーを開催します。
講師は、グラミン日本理事長 菅 正広 氏(元世界銀行日本政府代表理事)。
グラミンの理念や今後の方向性などを直接伺える貴重なチャンスです。
人気のセミナーですので、お早目にお申込みください。
50名様限定、定員になり次第、締め切らせていただきます。
埼玉地域で活動される方限定となっております。
あらかじめご承知おきくださるようお願いいたします。

1日時
 平成30年30月12月3日(月)14:00~16:30
2場所
  ビジネスプラザさいたま
  埼玉りそな銀行さいたま新都心支店3階
  さいたま市大宮区岸城町4-262-16(マルキュービル内)
3主催等
 主催 一般社団法人グラミン日本
 後援 株式会社埼玉りそな銀行
 協力 埼玉県
4対象 
・生活困窮者やひとり親の就労・生活支援を行う埼玉県内の行政、企業、団体、個人
・就労機会の提供などで、グラミン日本とパートナーシップを構築したい埼玉県内の行政、企業、団体等
5定員
 50人
6内容
  ①基調講義 60分間(14:10~15:10)
   講師 グラミン日本 理事長 菅 正広 氏
    グラミン日本とは
    グラミン日本が必要とされる背景
    (日本の貧困・生活困窮の状況)
    今後の方針と予定
 ②質疑応答 45分間(15:20~16:05)
 ③名刺交換・交流会(16:05~16:30)
https://www.facebook.com/events/2237199832991337/

「こども食堂フォーラム~広げよう!こどもの居場所~」が2018年11月26日月曜日12時半から5時まで、さいたま市大宮区桜木町の大宮ソニックシティ地下1階第1展示場で開催されます。主催者は「こども応援ネットワーク埼玉」です。

様々な家庭環境や共働きなどにより、満足に食事がとれなかったり、ひとりで食事をするこどもをサポートする「こども食堂」の活動が広がっています。
そこで、こども食堂をはじめ、学習支援教室、プレーパークなど、こどもの居場所づくりに取り組む団体や、そのような活動を支援する企業・個人がつながるきっかけになるよう、こども食堂フォーラムを開催します。
また、NPO、企業、専門家ボランティアが新たに出会う場をつくる「共助コン」も同時開催!
https://www.facebook.com/events/2280095695552023/

ジョナサン大宮東町店で酸辣湯麺とサラダを食べました。ジョナサン大宮東町店は埼玉県さいたま市大宮区東町にあります。大宮駅東口から埼玉県道214号新方須賀さいたま線を東に進みます。
酸辣湯麺(スーラータンメン)は酸辣湯というスープに麺を入れます。サンラータンメンとも呼ばれます。酸辣湯は酸っぱくて辛いスープという意味です。酸っぱさはありますが、辛さよりも旨味の凝縮したとろみがあり、まろやかなスープです。
安直な中華料理は、刺激的な辛さでごまかす傾向がありますが、これは味で勝負しています。麺はちゃんぽん麺のような性質で、ちゃんぽん麺よりは細いです。ボトルの酢が提供されるので、もっと酸味を求める人はかけることができます。リーズナブルに酸辣湯麺を楽しめました。

埼玉県さいたま市大宮区に本店を置く武蔵野銀行がシンガポールに進出します。2018年8月10日にシンガポール南部のRaffles Placeのビル内に駐在員事務所を開設する予定です。東南アジア諸国連合(ASEAN)各国の情報を収集して進出企業を支援します。
これは「千葉・武蔵野アライアンス」の国際業務連携の一環です。千葉銀行シンガポール駐在員事務所の一部を借ります(「武蔵野銀、シンガポールに拠点 千葉銀から賃借」日本経済新聞 2018年7月3日)。武蔵野銀行と千葉銀行は共同で、埼玉県内企業が海外で融資を受ける際に債務保証する信用状の発行もしています(「武蔵野銀と千葉銀、海外融資に共同で信用状発行」日本経済新聞2018年6月21日)。
千葉・武蔵野アライアンスの施策には「ぶぎん・ちばぎん物産市」もあります。武蔵野銀行と千葉銀行は2018年6月13日と14日にJR大宮駅西口の南改札前のイベントスペースで物産市を開催しました。埼玉県からはキャベツや枝豆、各種トマト、狭山茶、キウイフルーツなど、千葉県からはフカヒレ姿煮や江戸前焼きのり、クジラのたれ・ベーコンなどを出展しました(「JR大宮駅で14日まで物産展 特産品販売で埼玉、千葉の魅力PR 埼玉は農産物、千葉は水産加工品が中心」埼玉新聞2018年6月13日)。埼玉と千葉という東京を介さない武蔵野線沿線の連携は興味深いです。

↑このページのトップヘ