林田力 だまし売りをなくしてSDGsに寄与

『東急不動産だまし売り裁判』著者

マンションだまし売り被害を消費者契約法で解決した裁判闘争を描くノンフィクション『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者。だまし売りをなくすことでSDGsの持続可能な消費に寄与したいと活動しております。
http://www.hayariki.net/
林田力Amazon
https://www.amazon.co.jp/%E6%9E%97%E7%94%B0-%E5%8A%9B/e/B00493GN28
林田力Twitter
https://twitter.com/hayachikara



経済

丸亀製麺はなぜNo.1になれたのか?

小野正誉『丸亀製麺はなぜNo.1になれたのか? 非効率の極め方と正しいムダのなくし方』(祥伝社、2018年)は、うどんチェーンの丸亀製麺の好調の理由をまとめた書籍である。味やサービスの質を保つために費用や手間を惜しまない。一方で顧客の無駄はなくす。

例えば丸亀製麺はセントラルキッチンをつくらない。店舗に製麺機を設置する。うどんを店内で作る臨場感が美味しさを高める。これを読んでアジア人の屋台への反応を思い出した。日本人は屋台を不衛生と感じる人が少なくないが、アジア人は逆に材料や調理過程を確認できる屋台の方が食の安心があると考える(川端基夫『消費大陸アジア 巨大市場を読みとく』筑摩書房、2017年)。これに通じるものがある。

味やサービスの向上ならば非効率でも追及する。一方で消費者の負担になる無駄は無なくして効率化する。例えば顧客はネギや天かすを取るために店の中を歩かなければならない。これは無駄である。このため、ネギや天かすの容器を複数個所に置き、顧客が移動する歩数を減らした。また、お冷のピッチャーをテーブルに置き、お代わりをそのまま汲めるようにした。

消費者を無駄に歩かせない。これと逆のことが二子玉川ライズの再開発では行われた。再開発ではバス停を二子玉川駅から離れた場所にした。駅からバス停、バス停から駅に移動するためにはショッピングセンターを通り抜けなければならない。これによって買い物する客が出るという卑怯な手口である。消費者の需要に応えるものではない。

無駄をなくして効率化を進めることは必要である。効率化の行き過ぎや弊害を指摘する声があるが、楽にしたいという思いが文明を発達させてきた。頑張ることを美徳する昭和的なメンタリティは生き辛くするだけである。むしろ何のための効率化であるかが問われる。消費者に負担を押し付ける効率化は批判できる。

消費大陸アジア 巨大市場を読みとく

川端基夫『消費大陸アジア 巨大市場を読みとく』(筑摩書房、2017年)はアジアの市場や消費を分析した書籍である。アジア各地に進出した日本企業の成功・失敗事例から、アジア市場固有の論理を明らかにする。

本書が強調していることは、同じ商品や店舗も、市場によって異なる意味や価値を持っていることである。世界どこでも同じ味、同じサービスをアピールするマクドナルドですら国によってイメージは異なる。中国では子供の誕生日パーティーを開く店であり、インドでは週末に家族で出かける少し高級な店になる。顧客が求めることは製品そのものではなく、課題の解決である。良い商品だから売れるという高度経済成長期の日本の「成功体験」は今や足枷である。

興味深い点は屋台に対するアジアの価値観である。屋台を店舗に比べて不衛生と感じる日本人は少なくないだろう。しかし、アジア人によっては逆に屋台の方が食の安心につながる。屋台は消費者が食材や調理過程を間近で見ることができるためである。

消費者に対して一方的に企業を信用してという論理は成り立たない。消費者への判断材料を適切に示すことが企業の信頼につながる。アジア人の方が合理的で賢い消費者と言える。今後は日本市場もアジア化していくだろう。

本書は中国人観光客が何故、日本ドラッグストアで爆買いする背景を説明する。中国では個人病院の開設が認められておらず、都市部に遍在する総合病院に選択肢が限られている。このため、中国人にとって通院はハードルが高く、できる限り家庭薬で治そうとする事情があるという。

これは公共セクターが計画的に供給する社会主義の失敗を物語る。計画経済では官僚が計画を立案するが、官僚は各地の需要に対応することができず、供給不足を引き起こす。現実に社会主義体制崩壊前のソ連や東欧の社会主義国では食料品を買うための大行列が日常になった。中国は市場経済を導入して消費財不足を回避したが、医療のようなより公的なサービスでは計画経済の弊害を払拭できていない。

本書は「中間層の拡大」や「中間層の所得の向上」という曖昧な言葉に踊らされる危険を戒める。ここには中間層の拡大や底上げこそが国の経済発展の原動力という昭和的なイデオロギーがある。何をやっても売れた高度経済成長期の「成功体験」でアジア市場に進出しても手痛く失敗するだろう。現地の消費者感覚を知ることが海外進出の成功につながる。

ハラルマーケットがよくわかる本

ハラルマーケット・チャレンジ・プロジェクト 『ハラルマーケットがよくわかる本 イスラム巨大市場を切り開くパスポート』(総合法令出版、2013年)はハラルビジネスを開設した書籍である。本書はマレーシアに重点を置いて解説する。ハラルビジネスに出遅れている日本で価値ある書籍である。

ハラルはイスラム教の戒律を意味する。ハラル認証を獲得すれば、ムスリムに販売しやすくなる。ムスリムの人口は16億人で、ハラルマーケットの市場規模は2兆1000億ドルと言われる。また、ムスリム観光客のインバウンドでもハラルビジネスは重要になる。イスラム教は中東のイメージが多いが、ムスリム人口は東南アジアが多い。ムスリムは日本にとって、それほど遠くない。私はドラえもんの人形の写真をインスタグラムにアップしているが、東南アジアのドラえもんファンから「いいね」をもらうことがある。

日本企業のハラルビジネスの成功例としてキューピーや味の素がある。しかし、これらの企業もトラブルが起きている。キューピーの天使マークは偶像崇拝と批判された。味の素は発酵菌の栄養源を作る過程で触媒として豚の酵素を使用して問題になった。この種の話を聞くとリスクが高いと感じたくなる。しかし、本書は、この種のトラブルを乗り越えて両社がハラル市場で成功を収めていると指摘する。

日本では東急ホテルズ食材偽装事件など食品の表示を偽る事件が起きている。そのようなことをハラル食品で行ったならば企業にとって致命的である。その意味で日本企業がハラルビジネスに取り組むことは、日本の消費者にとっても良い効果をもたらすだろう。

アマゾンエフェクト!

鈴木康弘『アマゾンエフェクト! 「究極の顧客戦略」に日本企業はどう立ち向かうか』(プレジデント社、2018年)はAmazonが既存の業界にもたらす破壊的効果を解説した書籍である。Amazonの躍進を必然と捉え、日本企業にデジタルシフトへの対応を求める。

Amazonの躍進はデジタルシフトという社会の流れに沿ったものである。デジタルシフトは、時間や距離、量、方向という制約から消費者を解放する。デジタルシフト以前は物理的な制約があったために一定の枠に従って大量生産、大量消費することで効率化していた。

これは消費者に事業者が定めた枠組みに従って動くことを求めることになり、消費者に我慢を強いることになった。その種の我慢をデジタルシフトはなくしていく。消費者は欲しい時に欲しい物を注文する。このためにデジタルシフトの時代は、全てを顧客中心に組み立てるカスタマーファーストに思考を転換しなければ淘汰される。

歴史を振り返れば、人類は制約から解放される世界を自ら作り出してきた。そのためにデジタルシフトは必然の流れである。ところが、残念なことに日本企業では経営者がデジタルの力について理解していない。デジタルシフトをビジネスチャンスにするために日本企業はIT人材の育成を急がなければならないと本書は主張する。

日本ではAmazonのような巨大プラットフォーマーが躍進すると、すぐに規制しなければならないという議論が出てくる。そこには、外資から既存企業の既得権を守るという昭和の護送船団的な感覚がある。Amazonのお陰で消費者は便利になった。小規模事業者はマーケットプレイスやAmazon Business、Kindle出版が新たな販路になった。これが便利であるということを議論の立脚点にしたい。

This information concerns the security of your account

詐欺メールです。

Hi!

I am a hacker who has access to your operating system.
I also have full access to your account: At the time of hacking your account had this password: xxxx

You can say: this is my, but old password!
Or: I can change my password at any time!

Of course! You will be right,
but the fact is that when you change the password, my malicious code every tim
e saved a new one!

I've been watching you for a few months now.
But the fact is that you were infected with malware through an adult site that
you visited.

If you are not familiar with this, I will explain.
Trojan Virus gives me full access and control over a computer or other device.
This means that I can see everything on your screen, turn on the camera and mi
crophone, but you do not know about it.

I also have access to all your contacts and all your correspondence from e-mai
l and messangers.

Why your antivirus did not detect my malware?
Answer: My malware uses the driver, I update its signatures every 4 hours so t
hat your antivirus is silent.

I made a video showing how you satisfy yourself in the left half of the screen
, and in the right half you see the video that you watched.
With one click of the mouse, I can send this video to all your emails and cont
acts on social networks. I can also post access to all your e-mail corresponde
nce and messengers that you use.

If you want to prevent this, transfer the amount of $720 to my bitcoin address
(if you do not know how to do this, write to Google: "Buy Bitcoin").

My bitcoin address (BTC Wallet) is: xxxx

After receiving the payment, I will delete the video and you will never hear m
e again.
I give you 48 hours to pay.
I have a notice reading this letter, and the timer will work when you see this
letter.

Filing a complaint somewhere does not make sense because this email cannot be
tracked like my bitcoin address.
And please do not try to answer me (the sender's address is automatically gene
rated).
I do not make any mistakes!

If I find that you have shared this message with someone else, the video will
be immediately distributed.
Bye!

民泊は、さいたま市議選争点

民泊は、さいたま市議会議員選挙の争点の一つになります。良くも悪くも民泊は注目されています。民泊は旅館不足の解消、空き部屋の有効活用、草の根の国際交流という肯定的な効果があります。民泊批判の中にホテルや旅館業界の既得権益保持の要素があることも事実です。
一方で脱法ハウス的な民泊は住環境を破壊し、風俗を乱します。ワンルームマンションを違法民泊にする動きもあります。
新宿区は2016年11月18日の定例会見で民泊規制条例案を提案する方針を明らかにしました。民泊営業を行っていることを周知する標識の設置や管理者の配置を義務付けます。吉住健一区長は「人口密度が高い都市部ではテロや犯罪に利用されるリスクなどを考える必要がある」と説明します(「民泊条例案来年めどに」都政新報2016年11月22日)。
オウチーノが2015年に、首都圏在住の20歳~59歳男女498名を対象に、「『外国人トラブル』に関するアンケート調査」を行なったところ、「外国人が多いマンション」は7割の人がためらうと答えました。また、民泊は一般のホテルや旅館より外部の目が届きにくく、盗撮の危険性が高まります(「<民泊>盗撮対策を…「ホテル・旅館より危険」専門家ら指摘」2017年2月7日)。
民泊の議論が複雑になる理由は「ホームステイ型」と「ホスト不在型」の異なるものを一緒に議論しているためです。ホームステイ型は個人の空き部屋利用であり、規制緩和を推進します。ホスト不在型は旅館業と機能が同じであり、それが旅館業の規制よりもハードルが低くなるならば、厳しい条件を満たしている旅館業者にとってアンフェアな市場競争になります。旅館業並みの規制が公平です。

だまし売り対策は、さいたま市議選争点

マンションだまし売り対策は、さいたま市議会議員選挙の争点の一つになります。マンションだまし売りは消費者の損害の上に不動産業者が儲けます。マンションだまし売りは消費者の悲劇です。マンションだまし売り被害者が、とても好意的で悪徳不動産業者を許す気持ちになっているとは、とても期待できません。マンションだまし売りはモラルの中核が喪失しています。
問題業者の情報を広く公開して消費者の判断材料にします。不動産市場は規範力を持っておらず、公正や正義が欠けています。不動産業界の常識は消費者感覚とギャップがあります。時代遅れの悪徳不動産業者は真っ赤な恥をかかなければなりません。
東急リバブル東急不動産は江東区東陽の新築分譲マンションを隣地建て替えにより日照が阻害されることなどを隠して、だまし売りしました(林田力『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』ロゴス社)。東急リバブル東急不動産は傲慢と軽蔑の心を持って消費者を踏みつけました。東急不動産だまし売りには言葉に尽くせぬほど恥ずべきものがあります。東急不動産だまし売りは、どす黒いものがあります。消費者に東急不動産だまし売り裁判には関心を持つなと言っても無理な話です。
自治体行政は東急不動産だまし売り裁判のような消費者紛争で役割を果たせます。東急不動産だまし売り裁判において東京都は一定の役割を果たしました。提訴前は東急不動産に話し合いに応じさせました。東京都の介入がなければ東急不動産は消費者との話し合いさえしませんでした。裁判後は東急不動産の売買代金支払い拒否を改めさせました。
東急リバブル東急不動産だまし売りは東京都消費生活条例第25条第1項第1号及び東京都消費生活条例施行規則第6条第1号で規定する不適正な取引行為に該当します。このため「東京都消費生活条例第8条の規定に基づく申出」を行いましたが、東京都は受理しようとせず、受理させるだけでも何度も電話することになりました。消費者にとって使い勝手の良い運用に改めることが必要です。

おもちゃのハローマック商標出願

チヨダは過去に運営していた玩具チェーン「おもちゃのハローマック」のキャラクター「マックライオン」のロゴを2018年12月13日に商標出願しました。「おもちゃのハローマック」復活かと話題になりました。実際は東京おもちゃショーの子ども向けの靴を紹介するブースで使用を検討していると言います(谷本陵「「おもちゃのハローマック」復活? 商標出願でSNS騒然→チヨダに聞くと...」J-CASTニュース2019年1月11日)。
「おもちゃのハローマック」は懐かしいです。さいたま市桜区(当時は浦和市)にも店舗がありました。機動戦士ガンダムBB戦士のプラモデルなどを買いました。「ハローマック」の「ロ」の字が小さいために「パーマック」と読んでいました。
同時期に桜区に「テイク・ワン」という靴屋がありました。これは「イ」が他の文字よりも少し低く見え、「ワ」が「ク」に見えたので、「ティック君」と読んでいました。「テイク・ワン」の看板にはピーナッツみたいな体をしたキャラクターが靴を履いている絵が描かれており、それが「ティック君」というキャラクターだと思っていました。

不動産投資の融資改ざんは、さいたま市議選争点

不動産投資の融資改ざん問題は、さいたま市議会議員選挙の争点の一つです。不動産投資では不動産会社が資料を改ざんして多額の資金を引き出す不正が続いています。内部文書や従業員の証言によると、不動産業者が顧客のネットバンキングの預金残高を水増しする不正を繰り返しています。チェックが甘い金融機関には残高を水増ししたコピーを提出しています。
最近は行員の目の前でログインを求められるようになりました。この場合は偽造したホームページにログインし、水増しした残高を見せているとされます(「不動産業者、他行でも融資資料改ざん スルガ銀問題後も」朝日新聞2018年10月2日)。偽造ホームページまで作る点で不動産業者が悪質過ぎます。
不動産業者は傍若無人です。根底にある問題は不動産業者が「不労所得」や「投資熱」で不動産投資を勧誘することです。勧誘電話営業の説明は、正確さとは大きな距離感があります。今も不動産業者は誰かを踏みにじって泣かしているでしょう。

さいたま市桜区の事業者のカレンダー

さいたま市桜区の事業者のカレンダーには、ゴールデンウィーク十連休に間に合わなかったものがあります。2019年5月1日と5月2日が平日扱いになっています。「天皇の即位の日及び即位礼正殿の儀の行われる日を休日とする法律」は2018年12月14日に公布されました。前々から印刷準備していたならば間に合わなくて当然です。今回の改元に伴う各種カレンダー変更はカレンダー業界泣かせです。暦に公務員の恣意が入らないようにする必要があります。
49373613_2258215200890537_8144697090728001536_n

「いきなり!ステーキ」の急成長に急ブレーキ

「いきなり!ステーキ」の急成長に急ブレーキがかかっています。急激な店舗拡大は自社競合を引き起こしたと指摘されます(「いきなり!ステーキ、急成長の陰に潜む誤算」東洋経済オンライン2018年12月28日)。さいたま市でも2018年5月30日に浦和店、2018年10月31日にイオンモール与野店を開店しています。

私は深刻な問題としてビーフステーキそのものの魅力が立ち塞がると考えます。「いきなり!ステーキ」は高級料理に位置づけられるビーフステーキを手頃に食べられるようにしたという功績があります。しかし、高級料理ということで有り難がっていた向きには、手頃に食べられることが当たり前になったら魅力が減ります。ビーフステーキそのものを食べたいかが問題になります。

「美味しいから食べる」「好きだから食べる」に勝るものはないでしょう。ハンバーガーや唐揚げなどはB級グルメと軽んじられますが、意外と毎日食べても飽きません。ビーフステーキにそこまでの魅力があるかが問われます。ビーフステーキから高級感を奪ったら、どれくらい魅力が残るでしょうか。市場を拡大するならばビーフステーキそのものの愛好家を増やす必要があります。

一方で「いきなり!ステーキ」にはステーキだけが食べたい消費者に余計なものを出さずステーキだけを提供するという消費者本位の美点があります。店舗拡大に利益を追いつけるために客層を広げるよりも、そのような消費者に期待に応え続けて欲しいと感じます。

さいたま市の利用者数上位の駅

さいたま市の2016年度の1日平均の利用者の多い駅です。
大宮駅(JR東日本)505,538
大宮駅(東武鉄道)135,445
大宮駅(埼玉新都市交通) 46,183
大宮駅(合計)687,166

浦和駅 179,926
南浦和駅 118,062
北浦和駅 104,660
武蔵浦和駅 103,698
さいたま新都心駅 100,138

名古屋駅(JR東海) 208,911
名古屋駅(名古屋臨海高速鉄道) 15,323
名古屋駅(名古屋市交通局) 189,606
名古屋駅(合計)413,840
町田駅 291,802
お問い合わせ