林田力 何者のだましの堤防も崩す

『東急不動産だまし売り裁判』著者

ノンフィクション著者。『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』マンションだまし売り被害を消費者契約法で解決。何者もだまし売りのない世界へ。だまし売りNoでSDGs。消費者の堤防/Amazon Kindle出版/林田医療裁判/中野相続裁判/二子玉川再開発問題/書評/マンガ/YouTube
http://www.hayariki.net/
林田力Amazon
https://www.amazon.co.jp/%E6%9E%97%E7%94%B0-%E5%8A%9B/e/B00493GN28
林田力Twitter
https://twitter.com/hayachikara



経済

Amazon EC2

Elastic Compute Cloud; EC2は仮想サーバ。ハードウェアの購入や OS のインストールは不要でコンピュータを利用できる。短時間で必要なリソースを確保できる。ハードウェアに事前投資する必要がなくなり、アプリケーションをより速く開発およびデプロイできる。最新サービスを利用してシステムを効率化できる。
不要になったリソースも容易に開放できる。サーバースペックやストレージ容量を柔軟に拡張・縮小できるため、将来を考慮して見積もらずに済む。
EC2によって構築した仮想マシンをEC2 Instance、省略してInstanceと呼ぶ。EC2には様々なInstance Typeが用意されている。Instance Typeは様々なCPU、メモリ、ストレージ、ネットワークキャパシティーの組み合わせで構成されている。
たとえばT3 Instanceは汎用Instance Typeであり、ベースラインレベルの CPU パフォーマンスを実現する。必要な時間だけ CPU 使用率をバーストできるが、CPUクレジットの制約がある。
CPUクレジットは1単位で1vCPUを1分間使用率100%にする単位である。与えられるCPUクレジットを使い尽くした場合、Standard modeでは性能に影響がある。Unlimited modeは性能を確保できるが、課金される。T3 InstanceのデフォルトはUnlimited modeである。

Azure仮想マシン月額料金例

リージョン:東日本
OS: Windows
付属ソフト:なし
D2 V3 2コア, 8GB RAM, 50GBストレージ
稼働時間:140時間
料金:$30.94

リージョン:東日本
OS: Windows
付属ソフト:SQL Server Standard Edition
D2 V3 2コア, 8GB RAM, 50GBストレージ
稼働時間:140時間
料金:$86.94

リージョン:東日本
OS: Windows
付属ソフト:なし
インスタンス:D4 V3 4コア, 16GB RAM, 100GBストレージ
稼働時間:140時間
料金:$61.88

リージョン:東日本
OS: Linux
付属ソフト:なし
インスタンス:D4 V3 4コア, 16GB RAM, 100GBストレージ
稼働時間:140時間
料金:$36.12

Azure料金計算ツール
https://azure.microsoft.com/ja-jp/pricing/calculator/

AWS Direct Connect

AWS Direct Connectはオンプレミス環境とAWSの間を専用線でつなぐサービスである。DXと略される。AWSへの接続方法はインターネットとIPsec VPNとAWS Direct Connectの3種類に大別される。東京リージョンの接続ポイントは東京都品川区にあるEquinix TY2 IBXデータセンターに設置されている。
Direct ConnectでVPCやS3などのPublic Cloud Serviceと接続する際はVirtual Interface; VIFを設定する。これはVLAN IDによって識別される仮想的な回線である。

AWSとAzureのサービス名対照

データベース
RDS
Azure Database

バックアップ
AWS Backup, S3
Azure Backup, Blob Storage

DR
CloudEndure Disaster Recovery
Azure Site Recovery

ロードバランサー
Elastic Load Balancing
Azure Load Balancer

Amazon S3 Transfer Acceleration

Amazon S3 Transfer Acceleration はClientとS3 Bucketの間で長距離に渡るファイル転送を高速、簡単、安全に実施する。Transfer Accelerationは、Amazon CloudFront の世界中に分散したEdge Locationを利用する。Edge Locationに到着したデータは最適化されたネットワークパスで Amazon S3 にルーティングされる。Transfer Accelerationは、バケット単位で有効にすることができる。

AWS DMS; Database Migration Service

AWS DMS; Database Migration ServiceはDBデータの移行サービス。Source Data StoreからTarget Data Storeへデータを移行する。この2つのData StoreはEndpointと呼ばれる。

移行中もSource DBは完全に利用可能な状態に保たれ、DBを利用するアプリケーションのダウンタイムを最小限に抑えられる。TargetにはEC2やRDS、オンプレミスのDBを使用できる。

AWS DMS タスクではSource Data Storeへの継続的な変更をキャプチャすることができる。サポートされているターゲットデータストアへの初回(全ロード)の移行が完了した後で、継続的な変更をキャプチャするタスクを作成することもできる。このプロセスは継続的なレプリケーションまたは Change Data Capture; CDC と呼ばれる。AWS DMS では、このプロセスを使用してSource Data Storeの継続的な変更をレプリケートする。

Amazon WorkSpaces

Amazon WorkSpacesは、Desktop as a Service; DaaSソリューション。OSはWindowsまたはLinux。
AWS Marketplace for Desktop Applications; AMDAはAmazon WorkSpacesで利用するDesktop Application用のMarketplaceである。ここで購入したDesktop Applicationは Amazon WorkSpaces Consoleで使用でき、Amazon WorkSpaces Application Manager; Amazon WAMを使用して WorkSpaces にデプロイできる。
Desktop Application向け AWS Marketplace では、月単位かつユーザー単位でサブスクリプションを購入し、製品を起動した時間分の支払いで済む。全てのソフトウェアの料金はAWS の請求書に記載される。
出品者はソフトウェアインストーラ、インストール手順、製品メタデータを提供する。仮想化とパッケージ化は AWS Marketplace マネージドカタログ業務(MCO)チームによって処理される。そのパッケージが保存されるAmazon S3 Backetへのアクセス権限を持つMCO管理アカウントを使用してパッケージ化される。
米国外のRegionへの提供は米国からの輸出扱いになる。出品者はExport Control Classification Number; ECCNなどが必要になる。

AWS, Azure備忘録

デスクトップアプリケーション向け AWS Marketplace
https://aws.amazon.com/jp/workspaces/applicationmanager/awsmarketplace/
AWS Marketplace Management Portal
https://aws.amazon.com/marketplace/management/tour
AWS Marketplace for Desktop Applications Catalog
https://aws.amazon.com/marketplace/desktop/search?ref_=footer_nav_desktop_view_products

VPC のセキュリティグループ
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/vpc/latest/userguide/VPC_SecurityGroups.html

AWSもAzureも政府機関の情報セキュリティ対策のための統一基準に対してリファレンスを提供している。
AWS
https://aws.amazon.com/jp/compliance/nisc-security-guideline/
Azure
https://cloudblogs.microsoft.com/industry-blog/ja-jp/government/2019/06/03/microsoft-cloud-services-correspondence-reference-to-the-ministry-cyber-security-center/

FISC安全対策基準
金融機関においてマイクロソフトのパブリッククラウドサービスを安全に活用いただくため、「FISC 安全対策基準 第 9 版」への対応を確認
https://news.microsoft.com/ja-jp/2018/05/15/blog-fisc-azure-o365/
AWS
https://aws.amazon.com/jp/compliance/fisc/
「政府機関等の情報セキュリティ対策のための統一基準群(平成30年度版)」について
https://www.nisc.go.jp/active/general/kijun30.html

ISO/IEC 27001:2013
https://d1.awsstatic.com/certifications/iso_27001_global_certification.pdf

オラクルとマイクロソフト 東京でクラウド接続を開始
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO58927120R10C20A5000000/

介護

さいたま市は人口が増えていますが、裏を返せば将来は急速に高齢化が急速に進むことを意味します。介護は重要な課題です。
介護では人材不足が大きな問題と思います。埼玉県内の離職率は10.9%ですが、介護職に限ると離職率は16.8%に上昇します。世の中に職が有り余るほど存在するために介護が人手不足になっている訳ではなく、需要と供給のミスマッチを感じます。たとえば、その課題を解決できるプレゼンができれば素晴らしいと思います。
佼成病院裁判と介護
林田力
江東住まい研究所
2017-12-01

MMT

誰でも自分の家計が赤字では苦しい。これに対して政府の家計を他人事と考えれば、政府の家計がどれほど赤字でも苦にならない。それ故に財政赤字を正当化するMMTは依存性薬物のような心地よさがある。
国民個々人の家計と政府の家計を比較考量して、たとえば新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言下では政府の家計を赤字にしても個々人の家計を補填するという政策は一つの考えである。それは政府の家計を犠牲にして個人の家計を潤すという健全なゼロサムの計算がある。ところが、MMTはゼロサムを無視して打ち出の小槌があるような説明になっていることが欺瞞である。

新型コロナウイルスとデジタルシフト

新型コロナウイルスは世界史の転機になる。大きく世界は変わる。消費や働き方の構造改革になる。家計も企業会計も交際費がコストカットされ、働き方改革やデジタルシフトが進むだろう。
新型コロナウイルスの感染拡大がもたらした環境変化は、昔ながらの営業スタイルに変革を迫っている。社員の健康を守り、組織内の感染拡大を防ぐことはビジネスを継続する上で重要な課題である。
多くの企業は社員や顧客らステークホルダーへの感染を防ぐため、情報通信技術ICTを活用したテレワークを進めている。場所にとらわれない柔軟な働き方が魅力である。通勤から解放され、時間の使い方の自由度が増す。多くの社員が在宅勤務を経験し、オンライン会議などのデジタルツールに触れている。
「これまでITベンダーやコンサルティング会社は、「働き方改革」ブームに乗じてテレワークのための製品やサービスを売り込もうとしていたが、掛け声だけでなかなか浸透しなかった。それが今ではWeb会議を積極的に使おうとする企業が、爆発的な勢いで増えている」(飯室淳史「Web会議を始める前にすることがある! 技術的問題と適応課題・番外編」日経XTECH Active 2020年4月15日)
テレワークが当たり前になれば、社内業務のデジタル化も進める必要がある。捺印のために出社することは馬鹿らしい。「人が動けない」ことを前提にした業務体制の強化が必要である。電話や紙申請からの脱却が必要である。ITをフル活用し、労働集約型の人海戦術から知識集約型のデジタル経営に脱却する。これは以前から求められていたことである。新型コロナウイルス感染拡大による景気後退でコスト削減が求められていても、システムへの投資は止めてはならない。緊急事態だからこそシステム投資は推進すべきである。
企業の問い合わせ窓口は電話での受付を廃止や縮小して、Webやメールからの問い合わせ中心にシフトしている。コールセンターは三密職場になりやすい。Webやメールの方がテレワークに移行しやすい。
新型コロナウイルスの感染拡大では遠隔診療やAI診療のニーズも高まる。病気や怪我の治療にスマホアプリやネットによるコミュニケーションを活用する。医師が一人の患者に対して十分な時間を取って指導できないという伝統的な課題も解決する。
消費者のマインドシフトが起こり、アフターコロナでもSocial Distanceが好まれるだろう。人の密集が賑わいというプラスイメージからマイナスイメージに変わっていく。McKinseyの中国の消費者行動のレポートでは新型コロナウイルスが落ち着いた後も家からあまり出ず、自炊の消費が増えると分析する(Johnny Ho, Daniel Hui, Aimee Kim, and Yuanyuan Zhang, Cautiously optimistic: Chinese consumer behavior post-COVID-19, March 2020)。
Social Distanceは日本的村社会の人間関係の見直しになる。日本の生き辛さも軽減させることができる。ところが、日本だけは後ろ向きである。政府の専門家会議は新しい生活様式を提示したが、反発が強い。自粛警察や他県ナンバー狩り、砂場のカッターの刃など昭和の閉鎖的な村社会に退行しそうである。日本では自宅にいるストレスでコロナ抜け毛が問題になっている。家にいるストレスで抜け毛が増える人がいる。むしろ通勤しなくて良くなった、テレワークでインターラプトなしに仕事が進められることでストレスが軽減しないものだろうか。

AWS EC2とAzure仮想マシンの稼働率

AWS EC2とAzure仮想マシンの稼働率のSLAは各々以下の通り。
***
SLA では、リージョン内の Amazon EC2 および Amazon EBS の月間稼動率が 99.99% 以上になるよう保証されます。
https://aws.amazon.com/jp/ec2/faqs/#Service_level_agreement_.28SLA.29
Our SLA guarantees a Monthly Uptime Percentage of at least 99.99% for Amazon EC2 and Amazon EBS within a Region.
https://aws.amazon.com/ec2/faqs/?nc1=h_ls#Service_level_agreement_.28SLA.29

すべての仮想マシンに、同じ Azureリージョン内の 2 つ以上の可用性ゾーンにまたがりデプロイした 2 つ以上のインスタンスがある場合、マイクロソフトは、99.99% 以上の時間において少なくとも 1 つのインスタンスに対する仮想マシン接続が確保されることを保証します。
https://azure.microsoft.com/ja-jp/support/legal/sla/virtual-machines/v1_9/
For all Virtual Machines that have two or more instances deployed across two or more Availability Zones in the same Azure region, we guarantee you will have Virtual Machine Connectivity to at least one instance at least 99.99% of the time.
https://azure.microsoft.com/en-us/support/legal/sla/virtual-machines/v1_9/
お問い合わせ
記事検索
マンションだまし売り被害を消費者契約法で解決。何者のだましの堤防も崩す/Amazon Kindle出版/SDGs/No Drug/林田医療裁判/中野相続裁判/二子玉川再開発問題/書評/相互フォロー Amazon著者サイト https://t.co/UYgLxuxqEN… Web https://t.co/LPB5TY3j0t
  • ライブドアブログ