ラーメンをスープとの関係で3分類すると、狭義のラーメン、つけ麺、「油そば」「まぜそば」になります。狭義のラーメンは丼一杯のスープの中に麺が入っています。これが最も馴染みの形態です。つけ麺は麺を汁につけて食べる形態です。「油そば」「まぜそば」はスープのないラーメンです。
つけ麺は麺を別容器の汁につけて食べる形態のラーメンです。狭義のラーメンに比べ、つゆが濃縮されています。濃厚なつゆと麺との相性がクセになります。汁の入った容器は通常のラーメンの丼よりは小さいです。汁の量が少ない代わりに濃厚です。このため、濃厚な味が好みの人がやみつきになります。
つけ麺や「油そば」「まぜそば」は最近の流行です。つけ麺は少し前からブームになり、「油そば」「まぜそば」は人気が高まっています。つけ麺や「油そば」「まぜそば」は消費者が麺を汁につけたり、混ぜたりという能動的な動作が求められる点が良いのでしょう。選択の自由が重視される現代的です。麺そのものを味わいたい人もいれば、たっぷり浸み込ませたい人もいます。各人の好みに合わせて食べられます。
つけ麺や「油そば」「まぜそば」にはスープの廃棄が減るという経営上のメリットもあります。ラーメン屋にとって残されたスープは廃棄物になります。つけ麺はスープの量が少なくなるため、残されるスープが減ります。「油そば」「まぜそば」はスープがないため、スープが残されることはありません。つけ麺や「油そば」「まぜそば」を推すことはラーメン屋にとってメリットがあります。これは食品ロス(フードロス)の減少という社会的なメリットもあります。SDGs; Sustainable Development Goalsにも寄与します。
さいたま市桜区の風風ラーメン浦和道場店で、つけ麺熱盛りを食べました。風風ラーメンの「つけ麺」は温かい麺と冷たい麺を選択できます。麺を食べ終わった後に汁が残りました。残った汁を飲み干しました。
風風ラーメンでは黒ごま担々つけ麺もの期間限定メニューで販売されました。これは坦々麺(タンタンメン)のつけ麺です。ゴマが濃厚で、それほど辛さを感じずに食べやすかったです。激辛だけをセールスポイントにするような坦々麺もありますが、きちんと味で勝負しています。明るいラーメン屋を目指しているだけのことはあります。
Ramen is Japanese dish which originated in China. There are many different flavors of ramen in Japan. Three common and popular flavors are salt, soy sauce and fermented bean paste. Salt ramen has a soup which is a light, clear and yellow broth seasoned with salt. Soy soup ramen has a soup which is a clear and brown broth flavored with soy sauce. Soy sauce is an essential part of Japanese cuisine.