林田力 何者のだましの堤防も崩す

『東急不動産だまし売り裁判』著者

ノンフィクション著者。『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』マンションだまし売り被害を消費者契約法で解決。何者もだまし売りのない世界へ。だまし売りNoでSDGs。消費者の堤防/Amazon Kindle出版/林田医療裁判/中野相続裁判/二子玉川再開発問題/書評/マンガ/YouTube
http://www.hayariki.net/
林田力Amazon
https://www.amazon.co.jp/%E6%9E%97%E7%94%B0-%E5%8A%9B/e/B00493GN28
林田力Twitter
https://twitter.com/hayachikara



ラーメン

バリ黒味噌ラーメン、唐揚げ、チャーハン

さいたま市桜区の風風ラーメン浦和道場店でバリ黒味噌ラーメン、唐揚げ、チャーハンです。
バリ黒ラーメンは風風ラーメンの特徴的なメニューです。焦がしニンニク黒マー油が加わります。黒マー油は赤マー油に比べると辛さがなくマイルドです。最初はバリ黒をバンコクと勘違いし、どこがタイ風なのかと思っていました。風風ラーメンではバリ黒豚骨ラーメンがレギュラーメニューです。2020年1月にバリ黒味噌ラーメンも販売していました。過去にはバリ黒祭と称してバリ黒醤油ラーメンも販売していました。

らーめん才遊記

久部緑郎作、河合単画『らーめん才遊記』(小学館)はラーメンの料理グルメ漫画。『ラーメン発見伝』の続編であるが、主人公は異なる。こちらの主人公・汐見ゆとりは『ラーメン発見伝』以上にぶっ飛んでいる。料理の才能はあるが、印象を擬音で表現するために読者にはすぐ分からない。それが物語になる。
『ラーメン発見伝』からの主要登場人物は「らあめん清流房」オーナーの芹沢達也である。芹沢はフード・コンサルティング会社「清流企画」を設立し、ラーメン店へのコンサルティングを行う。これは色々なラーメン店で話を進めやすい設定である。設定としては便利であるが、現実味はどうだろうか。他人のコンサルティングをする能力と時間があるならば自己のラーメン店の拡張を目指すのではないか。芹沢は実験的ラーメン発表の場として「麺屋せりざわ」まで運営している。経営リスクを負いたくないということでコンサルティングになるならば虚業になってしまう。
芹沢は悪役顔であるが、新しい考えの持ち主である。新米社員に雑巾がけをやってもらうという発想を否定する。新米もベテランも社員に求めることは稼げる仕事である。雑巾がけのうまい奴など必要ないとする。

らーめん才遊記 3 #ラーメン

久部緑郎作、河合単画『らーめん才遊記 3』(小学館、2020年)は食事満足度という概念を提示する。腹いっぱい食べたという満腹感が得られる食事である。女性を意識した、お洒落を意識したラーメンは満腹感が足らない。実は当の女性からも不満に思われている。

これはグルメの本質を突いている。お高く止まった高級グルメは値段が高いものを食べたという世間的な見栄は満足させられるかもしれないが、心からの満足は得られない。食事満足度は、それを説明できる概念になる。

この問題は「奥様は食いしん坊」でも描かれた(久部緑郎作、河合単画『らーめん才遊記 2』小学館、2010年)。主婦層が客層のエリアでカフェ風のお洒落なラーメンを出したが、流行らなかった。主婦層はボリュームを求めており、カフェ風のお洒落なラーメンでは物足りなかったためである。ここには健全な消費者感覚がある。

私もカフェよりもハンバーガーチェーンにコスパを感じる。むしろ食べる時はガッチリ食べたい。「いきなり!ステーキ」や、からあげ専門店「からやま」のようなステーキや唐揚げばかりを食べられる店舗が人気な理由もここにある。しかも、ご飯(炭水化物)を食べずに肉だけを食べるから糖の摂取が少ないという言い訳も可能である。

それにしても芹沢はクライアントの案件を社外の評論家に喋っており、コンサルタント失格である。警察の捜査を受けても黙秘することがプロフェッショナルだろう。
麺類が好き
林田力
hayariki
2019-05-17

ラーメン発見伝 3 札幌ラーメン・夏の陣

久部緑郎作、河合単画『ラーメン発見伝 3 札幌ラーメン・夏の陣』は札幌ラーメンの味噌ラーメンを取り上げる。味噌ラーメンは味噌という美味の調味料を利用していることが魅力である。味噌はジャパニーズ・スーパーフードである(Lily「日本発スーパーフード「味噌」を加熱しないメリットとは?」MY LOHAS 2020/01/07)。

それが味噌ラーメンの弱点にもなる。味噌ラーメンは不味いものでも、そこそこ食べられる。逆に美味しく作っても圧倒的なものになりにくい。私は袋ラーメンで味噌ラーメンを購入することが多いが、成程と感じた。

藤本は醤油ラーメンで芹沢と対決する。塩ラーメン対決に続いて芹沢が先攻である。芹沢が先に料理を出すことで藤本は助かっている。ここでは食材のコストと安定供給という観点が勝負を決めた。コスト度外視で値段と品質が比例するという経営感覚を無視したグルメ対決ではない。

値段と味や品質は比例しない。値段は高ければいいというものではない。それは拝金主義、情報弱者の発想である。堅実な消費者感覚から値段と味や品質が比例しないコスパの高い飲食店を応援する。

高校生活 Kindle版
https://www.amazon.co.jp/dp/B083GJ4X2P/
High School Life (Japanese Edition) Kindle Edition
https://www.amazon.com/dp/B083GJ4X2P/

らーめん才遊記 2

主婦層が客層のエリアでカフェ風のお洒落なラーメンを出したが、流行らなかった(久部緑郎作、河合単画『らーめん才遊記 2』小学館、2010年)。主婦層はボリュームを求めており、カフェ風のお洒落なラーメンでは物足りなかったためである。ここには健全な消費者感覚がある。
私もカフェよりもハンバーガーチェーンにコスパを感じる。むしろ食べる時はガッチリ食べたい。「いきなり!ステーキ」や、からあげ専門店「からやま」のようなステーキや唐揚げばかりを食べられる店舗が人気な理由もここにある。しかも、ご飯(炭水化物)を食べずに肉だけを食べるから糖の摂取が少ないという言い訳も可能である。

豚骨もやしラーメン

風風ラーメン浦和道場店で豚骨もやしラーメンを食べました。豚骨ラーメンに、もやしをオプションのトッピングとして追加しました。もやしは安価で、賢い消費者の味方になる野菜です。ドラマ『anone』第2話で林田亜乃音(田中裕子)は、どっさりもやしラーメンを食べます。

ラーメン発見伝

久部緑郎作、河合単画『ラーメン発見伝』(小学館)はラーメンに特化したグルメ漫画。主人公は愛社精神ゼロのグータラな社員で、主人公を応援する女性社員がいる。この設定はグルメ漫画の草分け作品『美味しんぼ』を彷彿させるが、趣は大分異なる。

ラーメンという庶民的食べ物のため、生活感がある。高級食材を持て囃す拝金主義の浅ましさはない。拝金主義者は愚かにも食べ物の質と値段が比例すると考え、高級料理店の料理が美味しいものとありがたがって食べている。しかし、それは値段でしか価値を量れない愚か者の思考である。

主人公は単なるグータラではなく、目的志向がある。定時にピタッと帰り、残業をしない点は働き方改革の先取りである。『美味しんぼ』のグータラ社員には昭和的な組織だから許される無能公務員的なところがあるが、こちらは分野が合えば本業でも活躍できる。より市場主義が普及した時代を反映している。

濃口と淡口の話は消費者に反省を迫るものである(久部緑郎作、河合単画『ラーメン発見伝 1 繁盛店のしくみ』小学館、2000年)。素材の味を活かすためには淡口である。味を楽しまず、刺激で食べたつもりになることは虚しい。

しおバターコーンラーメン

風風ラーメン浦和道場店しおバターコーンラーメンです。
風風ラーメンは塩ラーメンを「しおラーメン」と平仮名で表記します。塩ラーメンの特徴は透明なスープですが、風風ラーメンはそれほどでもありません。九州発のラーメンチェーンであり、豚骨の影響が強いのでしょうか。
バターコーンラーメンはバターとコーンをトッピングしたラーメンです。コーンが多く入っています。コーンは一つ一つつかむことが容易ではないため、時間をかけて味わえます。バターは塊が入っていますが、次第にスープに溶けていきます。
バターコーンラーメンは味噌ラーメンや塩ラーメンでで使われることが多いです。味噌ラーメンは札幌、塩ラーメンは函館発のラーメンです。バターやコーンは北海道の食材です。味噌バターコーンラーメンや塩バターコーンラーメンは北海道ラーメンの組み合わせです。
実際、風風ラーメンでは味噌バターコーンラーメンと、しおバターコーンラーメンが標準メニューです。バターコーンラーメンと言えば濃厚なスープを好む向きもありますが、こちらはさっぱりしています。そのために食後は胃もたれしません。
風風ラーメンでは他のラーメンにコーンのトッピングを追加することもできます。私は豚骨コーンラーメンを食べたことがあります。風風ラーメンと言えば豚骨なので、あえて豚骨ラーメンで食べてみました。
I ate salt butter corn ramen in Sakura Ward, Saitama City, Saitama Prefecture, Japan. It is a variant of salt ramen. It puts butter and corn on salt ramen. Corn and milk butter are specialty foods of Hokkaido, so we often see Hokkaido ramen with butter and corn. It is ramen from Hokkaido, but we can eat it all over Japan.

バリ黒とんこつパーコー麺の太麺

さいたま市桜区の風風ラーメン浦和道場店でバリ黒とんこつパーコー麺の太麺です。
風風ラーメンでは麺の太さを選択できます。今回は太麺を選択しました。太麺は食べ応えがあります。細麺は博多風ストレートです。麺の選択は揚州商人でも行っています。消費者の選択肢を増やすことはよいことです。
#風風ラーメン #パーコー麺 #ラーメン #ramen #japanesefood #japaneseculture

バリ黒とんこつパーコー麺

風風ラーメンのバリ黒とんこつパーコー麺です。
バリ黒豚骨ラーメンは焦がしニンニクの入った豚骨ラーメンです。黄色く濁った豚骨スープに焦がしにんにく黒マー油が加わります。黒マー油は赤マー油に比べると辛さがなくマイルドです。風風ラーメンの定番メニューです。最初はバリ黒豚骨ラーメンをバンコク豚骨ラーメンと勘違いし、どこがタイ風なのかと思っていました。

龍記の担々刀削麺

刀削麺(とうしょうめん)は中国山西省発祥の麺料理です。麺の生地の塊を刀状の包丁で削って麺とします。削った麺をそのまま茹でるため、表面が直接茹でられ、ゆで時間が短く、麺のモチモチ感を味わうことができます。麺が太くて平たいです。
龍記お台場デックス東京ビーチ店の担々刀削麺を食べました。担々刀削麺は刀削麺の担々麺です。担々刀削麺は中国五大麺の二つが含まれています。中国五大麺は二説あります。
第一に刀削麺、担担麺、伊府麺、熱乾麺、炸醤麺です。
第二に刀削麺、担担麺、伊府麺、打鹵麺、魚焙麺です。
共に刀削麺、担担麺、伊府麺が確実です。
伊府麺は卵で生地を練り、油で揚げた麺です。清の乾隆帝時代に、広州の食通家の伊乗紋が考案しました。
熱乾麺は武漢の麺です。茹でた小麦の麺に油や胡椒を食べる直前に混ぜ加えます。
炸醤麺は北京の麺です。肉とキュウリが乗っています。
打鹵麺は東北のあんかけ麺です。
魚焙麺は河南省の麺です。黄河で泳ぐ鯉の姿をあんかけで再現しました。
刀削麺の発展形に中国ラーメン揚州商人の刀切麺があります。刀切麺は生地を伸ばして刀で切ります。揚州商人は麺の太さを選択できます。細い順に柳麺、揚州麺、刀切麺です。刀切麺は揚州商人の麺で最も太いものです。中華麺は細麺が多いですが、食べ応えがあります。麺自体の味を楽しむ上では太麺が向いています。

バリ黒豚骨ラーメン

風風ラーメン浦和道場店でバリ黒豚骨ラーメンを食べました。
バリ黒豚骨ラーメンは焦がしニンニクの入った豚骨ラーメンです。黄色く濁った豚骨スープに焦がしにんにく黒マー油が加わります。黒マー油は赤マー油に比べると辛さがなくマイルドです。
バリ黒豚骨ラーメンは風風ラーメンの定番メニューです。最初はバリ黒豚骨ラーメンをバンコク豚骨ラーメンと勘違いし、どこがタイ風なのかと思っていました。
麺は三種類から選択できます。今回は縮れ太麺を選択しました。細麺は博多風ストレートです。麺の選択は揚州商人でも行っています。消費者の選択肢を増やすことはよいことです。
チャーシューや海苔、ゆで卵をトッピングしています。チャーシューはスープとマッチし、口の中でとろけます。ニンニクが程よく効いています。豚骨のまろやかさ、香ばしさをしっかりと味わえます。しかし、腹にドスンとたまるようなものではなく、飲みやすいスープです。
風風ラーメン浦和道場店は埼玉県さいたま市桜区道場の六間道路沿いにあります。店内にはカウンター席とテーブル席があります。漫画本が多数置いてあり、Free WIFIも利用できます。風風ラーメンはリズム食品のラーメンフランチャイズです。店内は明るく、家族や女性客も入りやすい店舗です。こだわりラーメン店のような入りにくさはありません。駐車場には大宮ナンバーだけでなく、所沢ナンバーの車も良く止まっています。
お問い合わせ
記事検索
マンションだまし売り被害を消費者契約法で解決。何者のだましの堤防も崩す/Amazon Kindle出版/SDGs/No Drug/林田医療裁判/中野相続裁判/二子玉川再開発問題/書評/相互フォロー Amazon著者サイト https://t.co/UYgLxuxqEN… Web https://t.co/LPB5TY3j0t
  • ライブドアブログ