林田力 何者のだましの堤防も崩す

『東急不動産だまし売り裁判』著者

ノンフィクション著者。『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』マンションだまし売り被害を消費者契約法で解決。何者もだまし売りのない世界へ。だまし売りNoでSDGs。消費者の堤防/Amazon Kindle出版/林田医療裁判/中野相続裁判/二子玉川再開発問題/書評/マンガ/YouTube
http://www.hayariki.net/
林田力Amazon
https://www.amazon.co.jp/%E6%9E%97%E7%94%B0-%E5%8A%9B/e/B00493GN28
林田力Twitter
https://twitter.com/hayachikara



大垣市

たこん家で味噌ラーメンとタコ焼き

たこん家で味噌ラーメンとタコ焼きを食べました。味噌スープは辛いです。麺は細いです。たこん家は岐阜県大垣市のラーメン屋・タコ焼き屋です。大垣駅南口のアーケード商店街を南に進みます。交差点の角の店です。ラーメンとタコ焼きというユニークな組み合わせです。サイドメニューにはチキンナゲットもあり、ファーストフード感覚があります。明るい店内で一元客も入りやすいです。

涼しさを我宿にしてねまる也

『おくのほそ道』は松尾芭蕉の紀行文。元禄2年に江戸の深川の芭蕉庵から出発し、大垣が終着地になった。出発地の東京都江東区と終着地の岐阜県大垣市は、どちらも芭蕉を観光コンテンツにしている。大垣市の大垣駅周辺にはミニ奥の細道がある。松尾芭蕉の俳句が刻まれた石碑がある。
「涼しさを我宿にしてねまる也」は尾花沢で詠んだ俳句。尾花沢は羽州街道の宿駅である。ドナルド・キーンDonald Keeneさんは「Making the coolness / My own dwelling' I lie / Completely at ease」と翻訳している。
芭蕉は5月17日に尾花沢で知人の豪商の鈴木清風を訪れた。清風は紅花の商いをしていた。清風に丁重にもてなされて寛いでいる気持ちを俳句にしたとされる。丁重にもてなされたことは嬉しかっただろうが、あくまで「涼しさを私の宿にして」と自分の快適さを喜びとしている。熱烈な歓迎は逆に疲れてしまう。気を使わせないもてなしの有難さが分かる。
この句には木陰で涼んだ喜びを詠んだという解釈もある。ここには豪華な設備に喜ぶ拝金主義ではなく、自分の快適さを価値とする意識がある。ディオゲネスのエピソードにも通じる。日向ぼっこをしていたディオゲネスは、アレクサンドロス大王に「何か欲しいものがないか」と尋ねられると「日向ぼっこの邪魔になるからどいてください」と言ったという。

名水大手いこ井の泉

大垣市は全国でも有数の自噴帯に位置し、豊富な地下水の恵みにより水の都と呼ばれてきた。大垣では各所に自噴井が整備されている。名水大手いこ井の泉(大垣市郭町)も、その一つである。大垣駅南口のアーケード商店街を南に進むとある。大垣城の大手門跡が近くにあったことと「憩い」から命名された。深さ150メートルの井戸から水温14度ほどの地下水が湧き出ている。自己責任で飲むものであるが、多くの人がペットボトルなどに詰めている。

関ヶ原の合戦420周年

2020年は関ヶ原の合戦420周年である。関ヶ原の合戦は西暦1600年のために覚えやすい。岐阜県大垣市の大垣駅南街区広場「水都の泉」には2019年11月に関ヶ原の合戦420周年の電光掲示板が設置されていた。「水都の泉」は親水広場である。
大垣市は全国でも有数の自噴帯に位置し、豊富な地下水の恵みにより水の都と呼ばれてきた。大垣では各所に自噴井が整備されている。名水大手いこ井の泉(大垣市郭町)も、その一つである。大垣駅南口のアーケード商店街を南に進むとある。大垣城の大手門跡が近くにあったことと「憩い」から命名された。深さ150メートルの井戸から水温14度ほどの地下水が湧き出ている。自己責任で飲むものであるが、多くの人がペットボトルなどに詰めている。
大垣城は関ヶ原の合戦では西軍の拠点になった。大垣城に籠る石田三成らを野戦の名手の徳川家康が引きずり出したのが関ヶ原の合戦である。関ヶ原の合戦は日本人には有力な観光資源である。しかし、現在の日本の観光ビジネスはインバウンド需要が重要になっている。関ヶ原の合戦だけでは外国人観光客への訴求は弱い。この点、美濃路大垣宿本陣跡(岐阜県大垣市竹島町)では朝鮮通信使が宿泊したことを案内しており、インバウンド需要にも訴求する工夫をしている。本陣は、永禄年間(1558~1569)に創建されたとされる。
関ヶ原の合戦は狭義には慶長5年9月15日(西暦1600年10月21日)に関ヶ原で行われた戦いを指すが、その前後に日本全国各地で戦いが展開された。関ヶ原の合戦直前の安濃津城の戦いには林田藩初代藩主・建部政長の父親の建部光重が参戦している。
お問い合わせ
記事検索
マンションだまし売り被害を消費者契約法で解決。何者のだましの堤防も崩す/Amazon Kindle出版/SDGs/No Drug/林田医療裁判/中野相続裁判/二子玉川再開発問題/書評/相互フォロー Amazon著者サイト https://t.co/UYgLxuxqEN… Web https://t.co/LPB5TY3j0t
  • ライブドアブログ