Yakitori is a Japanese dish of bite-sized pieces of chicken that are skewered and roasted over a grill. It translates to grill chicken. It is seasoned with thickened soy sauce or salt. It is a quintessential Japanese soul food. It is a very popular appetizer at bars and restaurants in Japan.
I ate the food all up. I cannot help but love it. I enjoy eating this one again and again. It is so tasty and easy to eat that I don't realize how many skewers I eat.
焼き鳥は一口大に切った鶏肉を串刺しにして、直火で焼いた料理です。焼き方一つで美味しさが変わる料理です。焼き鳥は、おかずにもおやつにもなります。複数人で食べる時は串から外してシェアして食べますが、むしろ一人で一本丸ごと食べたいものです。
焼き鳥の味付けには塩とたれがあります。私は塩かタレかで言えば塩派です。素材を味わうことが好きなためです。塩の方が部位の味が分かります。食材の持つ本来の美味しさに心が打たれます。逆に下手な店はタレで味付けをごまかすところもあります。素材を味わうことが好きなため、七味唐辛子や山椒をかけることも少ないです。べとつかない点も塩を好みます。
塩の方がヘルシーとの指摘があります。「実は塩分量はタレの方が上で、しかもカロリーも多い。その差は20キロカロリー以上にもなります」(柴田真希「焼き鳥屋で食べるなら「塩」か「タレ」か」2016年12月12日)
焼き鳥は鶏の様々な部位が使われます。鶏肉の全身の部位が食べらえる料理です。代表格は、もも肉です。もも肉は足のつけ根から先の部位です。鶏がよく運動する部位です。もも肉には鉄分が多く含まれています。もも肉は安価で美味しい定番の人気食材です。価格と味が比例するという情報弱者の拝金主義を否定します。
もも肉は鶏皮に比べると肉を食べるという食べ応えがあります。肉をしっかりと味わいます。江戸川区船堀の天然温泉まねきの湯の大山どりの焼き鳥もも塩は、もも肉ながら皮のような脂っぽさがありました。
大山どりは株式会社大山どりの銘柄鶏です。大山は「だいせん」と読みます。大山鶏と漢字で書くと鳥取県の大山地方の鶏です。大山の裾野の綺麗な空気の中で育てられました。大山は出雲国風土記に「大いなる神の在ます山」と記されました。