林田力 だまし売りをなくしてSDGs

『東急不動産だまし売り裁判』著者

マンションだまし売り被害を消費者契約法で解決した裁判闘争を描くノンフィクション『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者。だまし売りをなくすことでSDGsの持続可能な消費に寄与したいと活動しております。
http://www.hayariki.net/
林田力Amazon
https://www.amazon.co.jp/%E6%9E%97%E7%94%B0-%E5%8A%9B/e/B00493GN28
林田力Twitter
https://twitter.com/hayachikara



書評

なぜ大国は衰退するのか 古代ローマから現代まで

グレン・ハバード、ティム・ケイン著、久保恵美子訳『なぜ大国は衰退するのか 古代ローマから現代まで』(日本経済新聞出版社、2014年)は大国が衰退する理由を経済学の見地から説明する書籍である。古代ローマ、中国明朝、スペイン、オスマン帝国、日本、大英帝国、ユーロ圏、カリフォルニア州、米国を分析する。

本書は衰退の原因を経済的不均衡とする。この経済的不均衡は説明が必要である。多くの日本人は経済的不均衡と言えば貧富の差を思い浮かべるかもしれない。貧富の差の拡大が体制を動揺させ、文明を衰退に導くとの主張は新味がない。むしろ、本書が念頭に置いているものは財政の不均衡である。つまり、財政赤字が大きくなると衰退するという。現代貨幣理論Modern Monetary Theory; MMTとは真逆の主張である。

しかし、これは実は大変な問題がある。発展する大国は、発展の負の面として貧富差が生じる。この発展の負の面に手当てしようとすることは、むしろ真面目な為政者が取り組むことである。ところが、そのための福祉国家の拡大は財政赤字を拡大させる。それでも対策を進めるために中央集権化した統治や軍事独裁に進みがちである。これが経済の不均衡を解決できない国家の政治的停滞であり、衰退の原因になる。

目の前の問題を解決するためにコストを度外視してはならず、財政均衡を常に考えなければならない。大きな政府の官僚による経済統制が滅亡の主因になる。アメリカン・スタンダードが表れている。

田岡りき『吾輩の部屋である』

田岡りき『吾輩の部屋である』(小学館)は哲学系部屋コメディ漫画。独り暮らしの大学院生の鍵山哲郎の自宅生活を描く漫画。鍵山は生活感のあるアパートに住んでいる。投資用ワンルームマンションのような無駄な高級感はなく、貧困ビジネスのゼロゼロ物件ほど堕ちていない。値段と品質が比例するという愚かな発想に支配されていない。健全な消費者感覚がある。

物語は終始、鍵山の部屋で展開される。鍵山の独白に家具などが突っ込みを入れる。家具などが話しているような描写であるが、自己を客観視した主人公の心の声とも言える。そのような自己を客観視できる立場の人間として大学院生は向いているだろう。大学の学問は高校までとは異なり、唯一の正解のないものだからである。

鍵山以外の人物は出てこない。メールや電話でやり取りするだけである。飲み会の誘いに面倒臭くて出ないなど、あるあると言える話がある。漫画の舞台が部屋になっているだけで、鍵山は引きこもりではない。外出もするが、そこは描かれない。それでも家が寝るために変えるだけではない。生活の拠点になっている。

鍵山は指導教授とも距離感がある。悪い意味での日本のアカデミズムはコネの世界であった。自己の研究室の教授に気に入られればいい。別に博士号とるのに「こうしなければいけない」というきまりがあるわけでもない。「論文出せば博士号あげるよ、でも気に入らない奴には出してもやらんよ」という世界である。

名門大学になると学閥等、色々あるから「どこどこの研究室の○○教授か、あの人なら私は知り合いだからいいところの仕事先に推薦してやろう」という感じである。そのようにしてパイプを作らないと伝統のある大学では教授にはなれない。そのようなしがらみが重視されない大学の方が健全とも言える。

コーポレートファイナンス 戦略と実践

田中慎一、保田隆明『コーポレートファイナンス 戦略と実践』(ダイヤモンド社、2019年)はコーポレート・ファイナンスの実践的な解説書である。会計からM&A、株主還元政策、IRなどファイナンスの話題を幅広く取り上げる。現実と乖離した勉強になりがちな会計書とは異なる実践的な書籍である。
本書にはコーポレートファイナンスが企業の成長にとって重要という問題意識がある。「はじめに」で以下のように述べる。「いいものを作れば売れる時代は終わりました。絶妙なタイミングで最適な資金調達を行い、大胆かつ緻密に練られた投資戦略を実行する、そうして初めて企業は移り気な顧客に長く愛される存在となります」
これは昭和の日本的経営から転換すべき点である。日本的経営の擁護者は、財務や株主重視の経営を目先の利益を追求する強欲資本主義と批判しがちである。しかし、財務や株主を重視した経営の方が市場という第三者の視線を重視している。「いいものを作れば売れる」という昭和的なモノづくりの発想の方が傲慢な押し付けである。
面白かった内容は「会計をファイナンスに生かすためのキャラクター分析」である。企業の性格を財務指標から分析する。最初に見る指標は総資産利益率(ROA; Return On Assets)である。これは企業が投下した全ての資産を使って、どれだけのリターン(利益)を得たかを示す。「営業利益/総資産」で求められる。
2016年度の外食チェーン3社のROAは吉野家1.6%、日高屋17.5%、ペッパーフードサービス12.0%。吉野家は苦戦しており、日高屋やペッパーフードサービスは優良である。その要因として日高屋は営業利益率、ペッパーフードサービスは総資産回転率が高い。
日高屋の営業利益率の高さは原価率の低さ(粗利率の高さ)に由来する。「ちょい飲み」という、「飲み」のメニューに力を入れている。アルコール類はフード類に比べると利幅が厚く、粗利率を押し上げている。
これに対してペッパーフードサービスの食材費は55.3%と外食業界の標準30%よりも高い。肉の量と質を重視し、それ以外の要素を削ぎ落し、代わりに回転率を上げることで固定費率を下げて利益を生み出している。これは肉を食べたい消費者にとってもコスパが高い。企業は様々な戦略で利益を出しており、単純に品質と価格が比例するとはならない。

角田光代『紙の月』

角田光代『紙の月』(ハルキ文庫、2014年)は男に会いたくて一億円を横領した女性銀行員の心理に迫る小説である。あらすじは、ありきたりな事件物語風であり、あまり魅力を感じなかった。私は拝金主義や人間関係の泥沼に興味はない。しかし、小説は全てを捨ててタイで潜伏しているところから始まり、読ませる。拝金主義や人間関係だけの話ではない期待が膨らむ。

主人公は健全な経済観念を有していた。「高級店の常連になることよりも、安くておいしいものを見つけて笑いたかった」(80頁)。味が価格に比例すると考えるような浅ましい拝金主義ではない。

そのような主人公であったが、買い物をしまくるようになって、おかしくなる。浪費は害悪である。SDGs(Sustainable Development Goals)はゴール12で「持続可能な生産消費形態を確保する」を定める。ここでは生産側の責任が大きい。環境負荷のあるプラスチックストローを使わないことが典型である。しかし、持続可能な消費という点も重要と感じた。

主人公の夫は悪い。もう少し関心や思いやりを持てないものかと思う。しかし、主人公には個人として消費社会を生きていく上で問題がある。自分が楽しみたいものを楽しむという「お一人様消費」ができていない。誰かに見せるための買い物でしかない。やはり個の確立が日本社会の課題になる。

インド・シフト

武鑓行雄 『インド・シフト 世界のトップ企業はなぜ、「バンガロール」に拠点を置くのか?』(PHP研究所、2018年)はバンガロールを中心にインドの強みを紹介した書籍である。バンガロールはインド南部の都市であり、IT企業が集積し、インドのシリコンバレーと呼ばれる。

かつてインドは社会主義的な経済政策の国であった。それが経済自由化に転換し、Software Technology Parks of IndiaのようなIT振興策に取り組むことが今日のIT大国をもたらした。官僚主導の計画経済は成功しない。これは戦後日本の経済発展も今や成功モデルにはならないということである。

一方でインドはインフラが未整備で貧困などの社会問題が山積している。インドで生活していればトラブルは日常茶飯事である。だからこそ適応力やマネジメント能力が自然と鍛えられる本書は好意的に評価する。本書の側面があることは否定しないが、弊害もあるだろう。高性能な精密機械が壊れやすいように、才能が環境に潰されることもある。それは社会的な損失である。また、納期遅れも日常茶飯事ならば取引先として避けたい。

インドの強みは理解できるが、中々大変であることも理解できる。インドを見習って、日本も焼け野原から経済大国にするような昭和のバイタリティをもう一度とはならないだろう。インドにはインドの良さがあるとして、日本はもっと生きやすい、楽に生きられる社会を志向したい。

データで読み解く中国の未来

川島博之『データで読み解く中国の未来 中国脅威論は本当か』(東洋経済新報社、2015年)は中国の未来をデータに基づいて分析・予想した書籍である。今や中国は世界第二位のGDPであり、世界の工場であり、アメリカと並ぶ強国である。

中国の問題点として格差が指摘される。これを本書は中国の伝統に基づくものという。宋代から科挙制が徹底され、官僚は全国を移動し均一的に統治を行い、民衆も地域社会に束縛されずに自由に行動し、自由な競争社会が作られたとする。1000年もの競争社会の伝統があるため、競争と格差を容認する風土がある。これを読むと社会主義革命とは何だったのだろうかと感じてしまう。

本書は農民が豊かにならないと持続的な経済成長は望めず、先進国になれないと主張する。そのための政策として最低賃金を引き上げる、富裕層や中産階級への課税を強化して低所得者向け福祉に充てることを主張する。これらは先進国でも貧困解消を求める側が主張しているものである。興味深いものは都市戸籍と農民戸籍に分ける戸籍制度を廃止して移動の自由を保障することを主張していることである。やはり自由で公正な市場が必要である。

大国になった中国がアメリカに国際秩序の覇権争いを挑むのではないかと指摘する声がある。それを本書は否定する。中国脅威論は中国の軍事費増大を煽るが、実はGDPに占める軍事費の割合はここ10年ほど横ばいが続いている。

また、中国人は商人気質であり、国家のために死ぬのは馬鹿らしいと考えているとする。一回二回の戦いで勝ってもいずれは負け、命はたった一回の負けで失われる。これは過去に米英の覇権に挑んだドイツ人や日本人、ロシア人と異なるところである。ドイツや日本、ロシアと異なり、権威主義や集団主義の要素が小さい。

勿論、中国人が体質的には覇権獲得的でないとしても、状況によってそのようになることはある。現実に中華人民共和国はソ連やインド、ベトナムと歴代王朝以上に戦争を繰り返していた。中国との経済的依存関係を高め、社会主義的要素をなくしていくことが中国脅威論を現実化させないための周辺国の平和共存戦略になるだろう。

医療健康書評集

林田力『医療健康書評集』(Amazon Kindle 2015/1/9)は医療や健康をテーマとした書籍の書評集である。終末医療・尊厳死からダイエット、メンタルヘルスまで扱う。体の健康と心の健康は密接な関りがある。「やる気を見せろ」や「目の前の問題の解決に全力投球」というような昭和の精神論根性論は有害である。昭和の精神論根性論を遠ざけ、お体をご自愛ください。

リラックスするためには、口を閉じている時も、寝ている時も上下の歯は付けないようにしする。通常は、口を閉じた時でも上の歯と下の歯の間は2ミリ程度離れている。歯と歯がくっつく時は食べ物を噛んでいる時や、会話の時で一日平均20分ほどである。普段は歯と歯は付けない。

奥歯をくっつけていると無意識の裡に圧力がかかってしまい、噛をぐっとかみしめてしまう。不必要に接触させると顎の筋肉が緊張して顎関節に余計な負担がかかり痛みにつながる。歯を食いしばるという昭和の根性論精神論は健康にも悪い。

歯を虫歯菌から守るためには、食事と食事の間を空けることが有益である。食事の時の口の中は酸性になる。食事後から歯の再生・修復作業が始まる。しかし、ダラダラ食いをしていると歯の修復作業ができなくなり虫歯になってしまう。水とお茶は何時飲んでもいいが、たとえば牛乳には乳糖が入っているため、食事の時に飲むようにする。

眼をいたわってあげよう。
1、眼をつぶったり、開いたりして、休憩させる時間を取る。
2、指先で眼球をやさしく揉んであげる。
3、眼球運動を1日に朝、昼、晩、の3回行う。
眼球を上下、左上右下、右上左下、左右、と各20回づつ回す。その後、右回り、左回りと、併せて10回回す。これを実行する。良い結果が出て来るだろう。

お問い合わせ