林田力 何者のだましの堤防も崩す

『東急不動産だまし売り裁判』著者

ノンフィクション著者。『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』マンションだまし売り被害を消費者契約法で解決。何者もだまし売りのない世界へ。だまし売りNoでSDGs。消費者の堤防/Amazon Kindle出版/林田医療裁判/中野相続裁判/二子玉川再開発問題/書評/マンガ/YouTube
http://www.hayariki.net/
林田力Amazon
https://www.amazon.co.jp/%E6%9E%97%E7%94%B0-%E5%8A%9B/e/B00493GN28
林田力Twitter
https://twitter.com/hayachikara



漫画

らーめん才遊記

久部緑郎作、河合単画『らーめん才遊記』(小学館)はラーメンの料理グルメ漫画。『ラーメン発見伝』の続編であるが、主人公は異なる。こちらの主人公・汐見ゆとりは『ラーメン発見伝』以上にぶっ飛んでいる。料理の才能はあるが、印象を擬音で表現するために読者にはすぐ分からない。それが物語になる。
『ラーメン発見伝』からの主要登場人物は「らあめん清流房」オーナーの芹沢達也である。芹沢はフード・コンサルティング会社「清流企画」を設立し、ラーメン店へのコンサルティングを行う。これは色々なラーメン店で話を進めやすい設定である。設定としては便利であるが、現実味はどうだろうか。他人のコンサルティングをする能力と時間があるならば自己のラーメン店の拡張を目指すのではないか。芹沢は実験的ラーメン発表の場として「麺屋せりざわ」まで運営している。経営リスクを負いたくないということでコンサルティングになるならば虚業になってしまう。
芹沢は悪役顔であるが、新しい考えの持ち主である。新米社員に雑巾がけをやってもらうという発想を否定する。新米もベテランも社員に求めることは稼げる仕事である。雑巾がけのうまい奴など必要ないとする。

らーめん才遊記 2

主婦層が客層のエリアでカフェ風のお洒落なラーメンを出したが、流行らなかった(久部緑郎作、河合単画『らーめん才遊記 2』小学館、2010年)。主婦層はボリュームを求めており、カフェ風のお洒落なラーメンでは物足りなかったためである。ここには健全な消費者感覚がある。
私もカフェよりもハンバーガーチェーンにコスパを感じる。むしろ食べる時はガッチリ食べたい。「いきなり!ステーキ」や、からあげ専門店「からやま」のようなステーキや唐揚げばかりを食べられる店舗が人気な理由もここにある。しかも、ご飯(炭水化物)を食べずに肉だけを食べるから糖の摂取が少ないという言い訳も可能である。

王様の仕立て屋 下町テーラー

大河原遁『王様の仕立て屋 下町テーラー』は仕立て職人・織部悠の東京の活動を描く。悠は紳士服の本場イタリアのナポリで修行を積み、開業する凄腕職人。その悠が若き日に世話になった日本の下町・谷中の老舗テーラー店主が危篤になった。悠は急遽イタリアから帰国し、店番を始める。

第3巻は寿司屋の話から始まる。銀座で腕を磨き、故郷の房総の港町で開業したが、地域の魚市場では疎外され、良い魚を競り落とせない。仕立て屋が仕立てた衣装で魚市場関係者から一目置かれようとする。

高級スーツで一目置かれようとするという話ではない。価格と品質が比例するという愚かな価格信仰ではない。むしろ、その逆の印象を与えるために仕立て屋の手の込んだ働きがある。本作品は衣装で問題を解決する話であり、これで良いが、そもそも市場に見えない参入障壁がある閉鎖性が問題である。伝統的な市場がこのようなものならば消費者としてはAmazonマーケットプレイスのようなものの方が公正さを感じる。

この話では回らない寿司屋の蘊蓄が語られる。マグロは目玉であり、利幅を抑えた価格設定にしているため、マグロばかり食べる客は嫌われる。成程と思うが、それならば消費者が好きなものを気兼ねなく選択できる回転寿司の素晴らしさを逆に感じてしまう。

西条真二『鉄鍋のジャン!!2nd』

西条真二『鉄鍋のジャン!!2nd』は料理漫画。『鉄鍋のジャン!』『鉄鍋のジャン!R頂上作戦』の続編。『月刊ドラゴンエイジ』連載作品。秋山醤(ジャン)と五番町キリコの息子が主人公。息子の名前も醤(ジャン)で、父親とそっくりである。キリコのように料理は心と言うが、父親と同じく勝負好きである。料理は心の意味が分かっているのだろうか。

最初の話はスープ餃子の対決である。上等な小麦粉を使ったことが逆に失策となった。食材の価格と味が比例するという情報弱者の発想の失敗である。「値段が高いモノはいいモノ」は情報の非対称性による情報弱者の発想である。知識がないために高い値段が評価の判断基準になってしまう(崔真淑「「値段が高い=いい物」と判断する人の大誤解」東洋経済オンライン2019年9月2日)。

息子のジャンも料理のスパルタ教育を受けて育った。刀削麺は母親らしい女性がスパルタ教育をしている。キリコがスパルタ教育をするのだろうか。キリコのキャラクターらしくない。ここには謎がありそうである。

栄光のナポレオン エロイカ

池田理代子『栄光のナポレオン エロイカ』はナポレオン・ボナパルトを描いた歴史漫画。物語はテルミドール反動後から始まる。為政者は利権の維持追求が第一であり、腐敗していた。王党派が実力で政権奪取を計画していた。作者は『ベルサイユのバラ』と同じ。『ベルサイユのバラ』のオリジナルキャラクターも登場する。後日談的な要素がある。

ナポレオンを主人公とした作品となると英雄物語を連想する。しかし、本作品はバスティーユ監獄襲撃に参加した生き残りが狂言回しになっている。皇帝になったナポレオンを肯定一色では描かないだろう。皇帝就任はフランス革命の精神からすれば裏切りである。

また、本作品ではフーシェやタレイランというナポレオン没後も生き延びた陰謀家を存在感のあるキャラクターとして描いている。ナポレオンの足りなかった点も描きそうである。

第1巻のメインはナポレオンとジョセフィーヌの関係である。後の離婚を知る立場からすればジョセフィーヌに感情移入したくなるが、この時点では立場は逆であった。二人の関係がどのようになるか興味深い。

フランス革命を描いた人が、その後でナポレオンを描く。これは小説家の佐藤賢一も同じである。ナポレオンは皇帝になり、フランス革命の息の根を止めた。このため、フランス革命を肯定的に捉えるならば否定的に考えたくなる。同時代人ではベートーベンの評価が有名である。一方でナポレオンの対外戦争は革命精神の輸出の側面もある。フランス革命の延長線上に考えることもできる。

イタリア遠征ではナポレオンのアルプス越えは画期的な出来事とされるが、本作品では特に苦労なく終わる。コロンブスの卵のようなものなのだろうか。あまり戦術的なことは描かれない。ここは女性向け漫画らしい。アラン・ド・ソワソンだけは超人的に活躍する。これはオリキャラ補正だろうか。
ナポレオンはジョセフィーヌのことばかりである。兵士と同じ食事を摂っていても、これで士気が保てるだろうか。これに対してジョセフィーヌは浮気しており、華やかなパリを離れたがらない。ジョセフィーヌが離れたがらない理由には住み慣れたという点があろうが、パリが文化の先進地域という感覚もあるだろう。ルネサンス期まではイタリアが文化の先進地域であった。時代が変わっている。
ナポレオンは兵士の略奪を厳禁する。違反者は死罪とする。これは織田信長と共通する。占領地の急拡大の背景には住民の支持が不可欠である。我慢や負担を強いてばかりの日本の公務員感覚とは異なるところである。

小川悦司『中華一番!』

小川悦司『中華一番!』(講談社)は19世紀の中国を舞台に少年料理人が活躍する歴史グルメ漫画。料理漫画の古典である。『真・中華一番!』は続編である。主人公マオは料理人の頂点である特級厨師に史上最年少で昇り詰めた。中国各地で料理の修行をしてきて、広州の店に帰るところから物語は始まる。

第1巻は鶏料理と焼売の話。料理の特徴は調味料の存在感が希薄なことである。素材で勝負している。味のハーモニーも素材と調味料ではなく、素材と素材である。焼売の話は料理対決である。料理対決と言えば悪の料理人が出てきそうであるが、この話は清々しい対決になった。

当時の中国は清朝であり、人々は弁髪をしていたが、この漫画ではしていない。当時の人がビッグバンという言葉を使うなど時代考証を無視している。19世紀はイギリスから阿片が密輸され、清朝の社会を蝕んだ時期である。中国にとって苦難と屈辱の歴史である。この点は第1巻には描かれていない。薬物依存では料理の微妙な美味しさが分からなくなる。日本でも危険ドラッグ売人が激辛好きと発言した。グルメと薬物依存は両立しない。

田岡りき『吾輩の部屋である 2』

田岡りき『吾輩の部屋である 2』は、オムニバス形式ながら花火デートなどストーリー性が出てきた。「宅配物受け取りに関する考察」では宅配便の不在票のタイミングの悪さにイライラする。これは「あるある」である。宅配便の再配達問題は運送業者の負担が取り上げられるが、消費者にも心理的圧迫感がある。

本作品は主人公の独白に対して、家具などが突っ込みを入れることが特徴である。これは自己を客観視した主人公の心の声ではないかと考えている。第2巻では「早まるな」「止めろ」などがある。主人公が危ない行動をしようとしている時の声で、そこで話が終わっている(「コゲと絵の具の因果関係」など)。より自己を客観視した心の声らしくなっている。

鍵山哲郎はゴキブリに恐怖する。それほど怖がるものだろうか。赤坂アカ『かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦』でもゴキブリを怖がる男性が登場する。ここで女性キャラは平気であった。男性の方が女性よりも、虫の耐性は弱いのだろうか。

田岡りき『吾輩の部屋である』

田岡りき『吾輩の部屋である』(小学館)は哲学系部屋コメディ漫画。独り暮らしの大学院生の鍵山哲郎の自宅生活を描く漫画。鍵山は生活感のあるアパートに住んでいる。投資用ワンルームマンションのような無駄な高級感はなく、貧困ビジネスのゼロゼロ物件ほど堕ちていない。値段と品質が比例するという愚かな発想に支配されていない。健全な消費者感覚がある。

物語は終始、鍵山の部屋で展開される。鍵山の独白に家具などが突っ込みを入れる。家具などが話しているような描写であるが、自己を客観視した主人公の心の声とも言える。そのような自己を客観視できる立場の人間として大学院生は向いているだろう。大学の学問は高校までとは異なり、唯一の正解のないものだからである。

鍵山以外の人物は出てこない。メールや電話でやり取りするだけである。飲み会の誘いに面倒臭くて出ないなど、あるあると言える話がある。漫画の舞台が部屋になっているだけで、鍵山は引きこもりではない。外出もするが、そこは描かれない。それでも家が寝るために変えるだけではない。生活の拠点になっている。

鍵山は指導教授とも距離感がある。悪い意味での日本のアカデミズムはコネの世界であった。自己の研究室の教授に気に入られればいい。別に博士号とるのに「こうしなければいけない」というきまりがあるわけでもない。「論文出せば博士号あげるよ、でも気に入らない奴には出してもやらんよ」という世界である。

名門大学になると学閥等、色々あるから「どこどこの研究室の○○教授か、あの人なら私は知り合いだからいいところの仕事先に推薦してやろう」という感じである。そのようにしてパイプを作らないと伝統のある大学では教授にはなれない。そのようなしがらみが重視されない大学の方が健全とも言える。

鉄鍋のジャン

『鉄鍋のジャン』は銀座にある最高峰の中華料理店・五番町飯店を舞台としたグルメ漫画。料理を勝負とする秋山醤(ジャン)と、料理を心とする五番町霧子が激突する。

ジャンはスパルタ的に育てられた。『巨人の星』的な世界である。これに対して、五番町飯店のオーナーは現代的である。先輩従業員の新人いびりに対して、「今は昔とは異なり、昔の教育法は通用しない」と断言する。戦後昭和の高度経済成長期の「成功体験」を絶対視しない老人世代の方が逆に21世紀的な面がある。

本作品ではXO醤が料理を美味にする魔法のような調味料として登場する。このようなものが登場すると調味料を使えば解決となってしまい、漫画が面白くなくなる危険がある。しかし、本作品では、旨過ぎる調味料を下手に使うと素材の味そのものを壊してしまうとする。素材の味を引き出すことが料理とする立場からは真っ当な方向性である。

その後は料理人対決のコンテストに突入する。ジャンは評価できたり、できなかったりする。幻覚作用のあるキノコを使用し、食べた人を依存症のようにしてしまう料理は邪道である。これは悪役の料理である。一方で安い材料を使いながら、手をかけて旨味を何倍にもする料理が高級食材を使った料理に勝利することは痛快である。これは主人公的である。

三田紀房『インベスターZ 2』

三田紀房『インベスターZ 2』は利食いと損切りを学ぶ。損切りは、あらゆる場面で必要なスキルだろう。シリコンバレーではFail Fast, Fail Cheapが合言葉になっている。昭和的な根性論精神論の頑張ります精神の対極である。

学園創業者に関わる人物がラストで登場し、物語が進みそうである。主人公はブランド物の高級品を身につける相手を嘲笑う。無駄なお金の使い方であると。投資漫画は金が全ての価値となる場合もあるが、そのようにはならない健全さがある。価格が品質に比例するという拝金主義の浅ましさはない。

主人公は投資の知識が乏しい。これは作品の中で説明していく以上、当然の設定になる。主人公が知識を持っていたら説明シーンが不自然になる。一方で主人公は言い返しが上手く、頭の良さを感じさせる。とても中学一年生とは思えない。哲学を解説した書籍『ソフィーの世界』のソフィーも優秀だった。解説作品では生徒役のキャラクターが無知であるが、頭は良いという設定になるのだろうか。良い生徒になることも楽ではない。
お問い合わせ
記事検索
マンションだまし売り被害を消費者契約法で解決。何者のだましの堤防も崩す/Amazon Kindle出版/SDGs/No Drug/林田医療裁判/中野相続裁判/二子玉川再開発問題/書評/相互フォロー Amazon著者サイト https://t.co/UYgLxuxqEN… Web https://t.co/LPB5TY3j0t
  • ライブドアブログ