餃子は美味しさがギュッと詰め込まれています。異なったものを一つにまとめて食べられる美点があります。ハンバーガーや寿司が好物な私に向いています。
餃子には焼き餃子と水餃子があります。日本では焼き餃子、中国では水餃子が主流です。焼き餃子は固さと柔らかさのアクセントを楽しみますが、ゆで餃子は全てが柔らかく、とろけます。焼き餃子も良く焼けてパリパリした皮を楽しむものと、ふにゃりとした皮を楽しむものがあります。
餃子と言えば林田球の魔法ダークファンタジー漫画『ドロヘドロ』を想起します。主人公カイマンの好物は大葉ギョーザです。殺伐とした世紀末的な世界でありながら、料理の細部にこっており、美味しそうです。
屋台風居酒屋・昭和食堂・津駅前店で鉄板焼き餃子(530円)を食べました。鉄板で焼かれたパリパリの餃子です。円形の鉄板に放射線状に餃子が並べられています。鉄板に餃子が敷き詰められており、ボリュームを感じます。
鉄板で提供する形は焼いた料理を皿に盛り付ける手間が省けるメリットがあります。消費者は熱々な感覚を楽しめます。双方にメリットがあります。ペッパーフードサービスの「ペッパーランチ」や「いきなり!ステーキ」は鉄板でステーキを提供する形態で躍進しました。食彩厨房いちげん武蔵浦和店のウインナーやチヂミも鉄板に焼かれた状態で提供されます。