林田力 何者のだましの堤防も崩す

『東急不動産だまし売り裁判』著者

ノンフィクション著者。『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』マンションだまし売り被害を消費者契約法で解決。何者もだまし売りのない世界へ。だまし売りNoでSDGs。消費者の堤防/Amazon Kindle出版/林田医療裁判/中野相続裁判/二子玉川再開発問題/書評/マンガ/YouTube
http://www.hayariki.net/
林田力Amazon
https://www.amazon.co.jp/%E6%9E%97%E7%94%B0-%E5%8A%9B/e/B00493GN28
林田力Twitter
https://twitter.com/hayachikara



Backup

AWS Backup

AWS Backupはバックアップのサービス。AWS Backupは、Amazon DynamoDB table, Amazon EBS volume, Amazon EFS, Amazon EC2 Instance, Amazon FSx, Amazon RDS, Aurora Cluster, AWS Storage Gateway volumeなどの AWS resourceのバックアップポリシーを一元的に設定し、バックアップアクティビティをモニタリングできる。AWS BackupはAWS Storage Gatewayと統合されており、AWS Storage Gatewayに保存されたオンプレミスデータも同じポリシーでバックアップできる。
AWS Backupはクロスリージョンバックアップやクロスアカウントバックアップが可能。クロスアカウントバックアップはAWS Organizations内の別のAccountにバックアップをコピーできる。AWS Organizationsを活用してソースアカウントと送信先アカウントを定義する。クロスアカウントバックアップとクロスリージョンバックアップの同時適用も可能。これによってバックアップを別のRegionの別のAccountにコピーできる。

Azure Backup

Azure BackupはAzureが提供するPaaSのバックアップ・リストアのサービス。基本はIaaS VMをVM単位でバックアップする。Agentレスでバックアップ可能。複数ディスクがあっても全て取得する。Agentを導入することでフォルダやファイル単位にバックアップできる。
バックアップスケジュールを設定することで、定期的な取得が可能。バックアップ方式は増分バックアップ。初回は完全バックアップを行うために時間を要する。バックアップはAzure Storageに格納される。Azure Strageはローカル冗長ストレージLRSか地理(geo)冗長ストレージGRSかを選択する。
リストアは別仮想マシンとして復元する。バックアップ及びリストアは同一リージョンで行う。費用はVM数×ディスクサイズとAzure Strage費用になる。
お問い合わせ
記事検索
ノンフィクション。東急リバブル東急不動産から日照・通風・眺望喪失という不利益事実を隠して新築マンションを騙し売りされた消費者が、消費者契約法(不利益事実の不告知)に基づき売買契約を取り消し、裁判で売買代金を取り戻す闘いの記録。 動画 https://t.co/6weS1SQuEF
  • ライブドアブログ