林田力 何者のだましの堤防も崩す

『東急不動産だまし売り裁判』著者

ノンフィクション著者。『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』マンションだまし売り被害を消費者契約法で解決。何者もだまし売りのない世界へ。だまし売りNoでSDGs。消費者の堤防/Amazon Kindle出版/林田医療裁判/中野相続裁判/二子玉川再開発問題/書評/マンガ/YouTube
http://www.hayariki.net/
林田力Amazon
https://www.amazon.co.jp/%E6%9E%97%E7%94%B0-%E5%8A%9B/e/B00493GN28
林田力Twitter
https://twitter.com/hayachikara



Cloud

NICE DCV; Desktop Cloud Visualization

NICE DCV; Desktop Cloud Visualizationはリモート可視化ソフトウェア。クラウド上の2D/3Dアプリケーションに標準ネットワーク経由で、高速・安全・最適なリモートアクセスを実現するソフトウェア。グラフィックスを多用するアプリケーションを Amazon EC2 Instance上でリモートで実行できる。DCV Session Managerは、DCV Serverのフリート全体でセッションのライフサイクルを作成および管理するための REST API を提供する。
NICE DCV Server Softwareはアプリケーションのビジュアル出力を圧縮し、暗号化されたピクセルストリームでクライアントアプリケーションにストリームを返す。クライアントアプリケーションは圧縮されたピクセルストリームを受信し、復号してローカルディスプレイに出力する。

AzureはMicrosoftのPublic Cloud Service

AzureはMicrosoftのPublic Cloud Serviceである。Azureは多種多様なサービスを提供する。その進化のスピードが速く、新機能の追加が頻繁に発表されている。AzureのサービスはPrivate Preview, Public Preview, GA; General Availabilityを経る。プレビューにはPrivate PreviewとPublic Previewがある。Private Previewは特定の顧客のみ利用できる。Public PreviewはPortal上に「プレビュー」と表示される。Azure Portalにもプレビューがある。原則としてPreviewは無償であるが、GAは有償になる。
Azureの技術サポートは有償である。Basicは技術サポートなし。
有償サポートのレベルにはDeveloper, Standard, Professional Direct, Premierがある。
有償サポートプランは無料Basicサポートを拡張する。
Developerは営業時間のメール問い合わせのみ。
Standardは24時間365日で電話のサポートも受けられる。
Azureの契約はAzureの使用権が含まれる。課金はSubscriptionに対してなされる。部署毎に課金を分ける場合はSubscriptionを分ける。SubscriptionとAzure Active Directory; AADの関係は一対一ではない。一つのAADに複数のSubscriptionを紐づけることができる。一つのSubscriptionが複数のAADに紐づくことはない。
前払いする場合はAzure予約で価格の割引を受けることができる。Cloud Solution Provider; CSP経由でAzureを利用する場合は、請求もCSP経由になる。
Azureは管理グループ、Subscription、Resource Group、Resourceの階層構造になっている。管理グループは複数のAzureサブスクリプションを管理できる。管理グループだけが階層構造にすることができる。
ResourceはResource Groupに所属する。Resource Groupはライフサイクルが同じResourceを所属させることがベストプラクティス。一つのResourceが複数のGroupに所属することはできない。Resource Groupは1階層のみ。Resource GroupはSubscriptionに所属する。Subscriptionは管理グループに所属する。

Cloud Computing

Cloud Computingは、システム利用者がシステム構成を意識することなく、ネットワーク上に存在するサービスとして利用できる仕組みである。Cloudには弾力性、俊敏性のメリットがある。
弾力性は柔軟に拡張や縮小できることである。オンプレミスの世界では拡張性と呼ばれる方が多かった。弾力性はダウンサイジングも対象になる。さらにクラウドでは俊敏性も注目される。素早く拡張や縮小できることである。
CloudにはPublic Cloud, Private Cloud, Hybrid Cloudに分類される。Public Cloudは多種多様なサービスを提供する。その進化のスピードが速く、新機能の追加が頻繁に発表されている。
Public Cloudのトップ3はAmazon Web Services; AWS, Microsoft Azure, Google Cloud Platform; GCP。トップ4にはAlibaba Cloudが加わる。他にはIBM CloudやOracle Cloudがある。AWSとAlibaba Cloudは自社のECサイトで運用したインフラを利用している点が強み。
Public Cloudには予測可能なコストやグローバルリーチ、規模の経済のメリットがある。Public Cloudは運営支出OPEX; Operating Expenditureの支払いが中心である。消費ベースモデルである。先行投資が不要である。オンプレミスのIT投資は資本的支出CAPEX; Capital Expenditureが中心である。前者は物理的なインフラへの支出を事前に行う。前払費用が高額になる。
Private Cloudは組織がリソースやセキュリティをコントロールできる。Hybrid CloudはPublic CloudとPrivate Cloudの両方を利用する。もっとも柔軟なシナリオになる。ハイブリッドクラウドは、一部に特殊なメインフレームのハードウェアが必要なアプリケーションがある場合などに使われる。

Virtual Private Cloud; VPC

AWSは仮想プライベートクラウドとしてVirtual Private Cloud; VPCを提供する。
VPC EndpointはVPCリソースとAWSサービス間をプライベート接続するサービス。S3やDynamoDBへアクセスする際にインターネットを経由せず、AWS内のプライベート接続を実現する。PrivateLinkを使用する AWS ServiceにVPCからプライベートに接続できる。VPCと他のサービス間のトラフィックはAmazonネットワークを離れない。指定されたルートへのターゲットをルートテーブルに設定して利用する。
VPC peeringは異なるVPC間をプライベート接続するサービス。異なるアカウント間でも接続可能。Private IPv4 Addressまたは IPv6 Addressを使用して二つの VPC 間でトラフィックをルーティングする。
VPC peering接続はPrivate IP Addressでやり取りする。トラフィックはAWSのバックボーンにとどまり、パブリックインターネットを通過することはない。VPC peering接続を行うためには、接続する両方のVPCで設定を行う必要がある。
Virtual Private Gatewayは、VPN接続をする際にVPCで設定するゲートウェイ。
Internet GatewayはVPC内のリソースからインターネットへアクセスするためのゲートウェイ。
お問い合わせ
記事検索
ノンフィクション。東急リバブル東急不動産から日照・通風・眺望喪失という不利益事実を隠して新築マンションを騙し売りされた消費者が、消費者契約法(不利益事実の不告知)に基づき売買契約を取り消し、裁判で売買代金を取り戻す闘いの記録。 動画 https://t.co/6weS1SQuEF
  • ライブドアブログ