林田力 だまし売りをなくしてSDGs

『東急不動産だまし売り裁判』著者

マンションだまし売り被害を消費者契約法で解決した裁判闘争を描くノンフィクション『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者。だまし売りをなくすことでSDGsの持続可能な消費に寄与したいと活動しております。
http://www.hayariki.net/
林田力Amazon
https://www.amazon.co.jp/%E6%9E%97%E7%94%B0-%E5%8A%9B/e/B00493GN28
林田力Twitter
https://twitter.com/hayachikara



Kindle

イギリス

イギリスを舞台とした作品のレビュー集
林田力『イギリス』Amazon Kindle 2019/7/30
https://www.amazon.co.jp/dp/B07VVDF7T3/
Britain
https://www.amazon.com/dp/B07VVDF7T3/
#林田力 #Amazon #Kindle #book #アマゾン #キンドル #電子書籍 #review #書評 #歴史 #history
林田力『直江兼続』Amazon Kindle 2019/7/26
直江兼続を扱った作品のレビュー。兼続は「愛」の前立てが有名な戦国武将である。
https://www.amazon.co.jp/dp/B07VS84VZ9/
Amazon, Kindle, アマゾン, キンドル, 本, 電子書籍, 林田力
林田力『東急不動産だまし売り裁判19ダンダリン』
林田力『選挙・政治記事集』Amazon Kindle 2014/11/2
https://www.amazon.co.jp/dp/B00P6L27O0
Articles about Election and Politics
https://www.amazon.com/dp/B00P6L27O0
Britain

『明治大正時代』Amazon Kindle

日本の明治時代と大正時代を描いた作品のレビュー集。
林田力『明治大正時代』Amazon Kindle 2019/7/8
https://www.amazon.co.jp/dp/B07V2ZHBWQ/
#林田力 #Amazon #Kindle #book #アマゾン #キンドル #電子書籍 #review #書評 #歴史 #history
Meiji and Taisho Era
https://www.amazon.com/dp/B07V2ZHBWQ/
#金融 をテーマにした書籍の書評集。
林田力『金融』Amazon Kindle 2019/7/6
https://www.amazon.co.jp/dp/B07TX3MGSF/
Finance
https://www.amazon.com/dp/B07TX3MGSF/
私はゼロ年代にオーマイニュースやPJニュース、ツカサネット新聞、JANJANという市民メディアで市民記者として記事を書いていた。そこで感じたことを中心にまとめた。
林田力『市民メディア』Amazon Kindle 2019/6/29
https://www.amazon.co.jp/dp/B07TPD2PYN/
Citizen Media
https://www.amazon.com/dp/B07TPD2PYN/
刑事事件になった警察不祥事をまとめた。近時の警察不祥事としては埼玉県警巡査が警察官の立場を悪用して遺族から金をだまし取る詐欺パターンが深刻である。
林田力『警察犯罪』Amazon Kindle 2019/6/28
https://www.amazon.co.jp/dp/B07TSXKTNJ/
meiji

ハンバーガー

林田力『ハンバーガー』(Amazon Kindle 2019年6月14日)はハンバーガーのグルメレポート。ハンバーガーはパンに肉や野菜を挟んだ料理である。ふわっとしたバンズにジューシーなお肉が挟まれている。パンの代わりに米で挟むライスバーガーという亜種もある。

ハンバーガーは通常、一個食べれば良いところが魅力である。実は一個だけでは物足りなさが残るが、それが良い。飽食は虚しいだけである。夏目漱石『草枕』には「うまいものも食わねば惜しい、少し食えばあきたらぬ。存分食えばあとが不愉快だ」とある。本当に腹いっぱい限界まで食べると後が不愉快になる。古代ローマでは美食を続けるために嘔吐したとされるが、愚の骨頂である。

私の好きな食べ物は寿司とハンバーガーである。寿司とハンバーガーは和食と洋食、高級料理とジャンクフードの対極的な取り合わせに見えるが、実はファーストフードという共通点がある。寿司は江戸時代のファーストフードであった。私は形式的権威的な食事は好まない。

寿司やハンバーガーがファーストフードであることは、ファーストフードの店舗で販売されるということ以上の実質的な意味がある。どちらも炭水化物とタンパク質を同時に食べるものである。主食を食べて、おかずを食べるという処理が一回で済む。それ故に寿司やハンバーガーは本質的にファーストフードになる。

私は一つ一つ片付けるシングルタスクの傾向がある。食事もご飯を食べ終えたら、おかずとなりがちです。寿司やハンバーガーは、これを避けられる。

私はマクドナルドなどハンバーガーチェーンのハンバーガーを食べることが多い。ハンバーガーチェーンに居心地の良さを感じる。コミュニティ重視の発想の対極ですが、顔見知りの常連に特別な気配りをすることは、別の誰かにマイナスのサービスをして成り立っている可能性がある。一見客に敷居があるよりは、誰に対しても同じサービスという機械的平等に心地良さを感じる。

私はコスパの観点からもハンバーガーチェーンを歓迎する。同じ時間を過ごすならば、喫茶店と比べると食事もできる分、ハンバーガーチェーンのコスパが高い。値段と味や品質が比例するという拝金主義の浅ましさを軽蔑する。高かろうが安かろうが、自分が気に入ったものを選択する。戦前戦中の集団主義的な価値観を嫌悪するが、唯一「贅沢は敵だ」は評価する。消費が美徳の昭和の時代は終わっている。

林田力『ハンバーガー』Amazon Kindle 2019/6/14
https://www.amazon.co.jp/dp/B07T2PPMQH/
#Hamburger #グルメ #ハンバーガー
https://www.amazon.com/dp/B07T2PPMQH/
care
お問い合わせ