林田力 何者のだましの堤防も崩す

『東急不動産だまし売り裁判』著者

ノンフィクション著者。『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』マンションだまし売り被害を消費者契約法で解決。何者もだまし売りのない世界へ。だまし売りNoでSDGs。消費者の堤防/Amazon Kindle出版/林田医療裁判/中野相続裁判/二子玉川再開発問題/書評/マンガ/YouTube
http://www.hayariki.net/
林田力Amazon
https://www.amazon.co.jp/%E6%9E%97%E7%94%B0-%E5%8A%9B/e/B00493GN28
林田力Twitter
https://twitter.com/hayachikara



Storage

AWS Storage Gateway

AWS Storage Gatewayは既存のオンプレミス環境とAWS Cloudを接続するハイブリッドクラウドストレージサービス。オンプレミスのソフトウェアアプライアンスをクラウドベースのストレージと接続し、オンプレミスのIT環境とAWSのストレージインフラストラクチャをシームレスに統合する。オンプレミスアプリケーションをS3, EBS, Glacierのようなストレージサービスに接続する。オンプレミス環境とクラウド環境との隙間を埋める。
AWS Storage Gatewayはローカルキャッシュを有している。ローカルキャッシュを利用することで、データをオンプレミスに保持し、データアクセスと復元時間を最小限に抑えることができる。GatewayからAWSにデータをアップロードするために利用できるネットワーク帯域幅が限られている場合、アップロードのためにローカルキャッシュに多くのデータをバッファできる。
AWS Storage Gateway にはFile, Volume, Tapeの3種類がある。File Gateway はデータをS3に直接objectとして格納する。S3 object storageへのFile protocol accessを必要とするオンプレミスや EC2 ベースのアプリケーションで使用できる。NFS; Network File SystemやSMB; Server Message Blockなどの業界標準のFile protocolを使用して、S3でobjectの保存や取得を行う。
File Gatewayにはアクセスベースの列挙機能がある。アクセス許可に基づいて開くことができないSMBファイル共有やフォルダ、ファイルがユーザーに表示されないようにすることができる。各ユーザーには自身がアクセスできるフォルダとファイルのみを表示することで、フォルダ構造の簡略化されたビューを提供する。
Volume GatewayはInterfaceにiSCSIを使用。Volume Gatewayにはキャッシュ型と保管型がある。キャッシュ型はプライマリデータを S3に格納する。アクセス頻度の高いデータはローカルにキャッシュすることでデータへの高速アクセスが可能になる。保管型はプライマリデータをローカルに保存し、非同期にS3にバックアップを格納する。
Volume Gateway ではLocal Volumeのスナップショットを取得し、そのスナップショットを Amazon EBSに保存することもできる。このようなスナップショットから新たに Amazon EBS Volumeを作成し、それを Amazon EC2 Instanceにアタッチできる。
Tape Gatewayは物理テープ装置の代替としてデータをS3に格納する。InterfaceにiSCSIを使用。Tape GatewayとVolume Gatewayではスケジュールベースでネットワーク帯域幅を調整できる。Gatewayで設定したスケジュールに基づいて、Gatewayがオンプレミスデータを AWS と同期するために使用するネットワーク帯域幅を調整できる。これにより、ピーク時の帯域幅の使用を調整してネットワークの混雑を最小限に抑え、ピーク時以外の時に使用可能な全ての帯域幅を使用できる。

Azure Storage

Azure StorageにはAzure BLOB Storage, Azure Files, Azure Queue Storage, Azure Table Storageがある。Azure Storageとは別に仮想マシンにマウントするディスクはIaaSとして提供している。
Azure Storageの利用にはStorage Accountが必要。
Azure StorageはHTTPSでアクセスすることが基本。アプリケーションがアクセスする使い方が典型。Azure FilesはSMBもサポートしている。
Azure Table StorageはNoSQL の構造化データを格納する。RDBの代わりに利用することはできない。

AzureはCompute, Network, Storage

AzureはCompute, Network, Storageのコアサービスから構成される。
Azure Computing Serviceはディスク、プロセッサ、メモリなどの組み合わせである。Azure VMが典型。VM Scale Setsは同一のVMの自動スケーリング用の設定。
App ServiceはWebアプリをデプロイできるPaaS。
Azure Functionsはサーバレスコンピューティング。コードを書くだけで良い。
Azure Container InstancesはコンテナをアップロードできるPaaS。コンテナはゲストOSに比べて軽量で持ち運びが容易。
Azure Kubernetes Service; AKSは多数のコンテナを管理するサービス。

AzureのVMの可用性SLAは以下の通り。
単体:99.9%
可用性セット:99.95%
可用性ゾーン:99.99%
可用性セットはデータセンターの中で可用性が維持される。データセンター内のハードウェア分散である。可用性セットでは各VMに更新ドメインと障害ドメインが割り当てられる。
可用性ゾーンは複数のデータセンターで稼働させる。Azure東日本Regionは3つのZoneから構成される。
可用性を向上させるとソリューションのコストと複雑さも増大する。

AWS Storage Gateway

AWS Storage Gatewayは既存のオンプレミス環境とAWS Cloudを接続するハイブリッドクラウドストレージサービス。オンプレミスのソフトウェアアプライアンスをクラウドベースのストレージと接続し、オンプレミスのIT環境とAWSのストレージインフラストラクチャをシームレスに統合する。オンプレミスアプリケーションをS3, EBS, Glacierのようなストレージサービスに接続する。
お問い合わせ
記事検索
ノンフィクション。東急リバブル東急不動産から日照・通風・眺望喪失という不利益事実を隠して新築マンションを騙し売りされた消費者が、消費者契約法(不利益事実の不告知)に基づき売買契約を取り消し、裁判で売買代金を取り戻す闘いの記録。 動画 https://t.co/6weS1SQuEF
  • ライブドアブログ